はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

日本一はやっぱり富士山!

こんばんゎ

本日、標高を無料で簡単に測れるサイト、見つけました


かなちゅう邸

標高 「4.7332m」

酸素は充分です。


今週末は笠置山クライミングエリアでのフェスでも行こうかと思います。
ここでかなちゅうが笠置山に行くって宣言して、駐車場がいっぱいになっちゃったらごめんね

ちなみに笠置山クライミングエリアの標高は1128m


さて、かなちゅうは9月1日に日本の最高峰「富士山」へいってきました

富士山の標高は3776m、高山病と寒さの戦いです
午前2:30出発

閉山日なのに、駐車場がいっぱいで五合目の駐車場から2キロ(徒歩では約40分)離れたところに駐車しました
本日は、絶好の登山日和。
なんでかって月明かりが素敵でしょ

DSCF3992

五合目にて記念撮影をして、歩きます。
ご来光がどこからでも見れる「吉田口ルート」からの登山
見てやろうじゃないの、どこからでも
DSCF3996
真っ暗の中をヘッテンだけで上っていく
富士山に来たら、どこまでも続く赤いテールランプがキレイなくらい(虎舞竜)
ヘッテン列を見ると聞いたが、吉田口やったからか閉山日やったでか人はそこまでいなかった
DSCF3998
富士山の「吉田口ルート」は、6時間を予定に歩いた
あっとゆう間に6合目だったけど、そこから7合目まではまだ3分の1も歩いていないから驚き
空が明るくなってきました

※写真に写ってる人、知りません
DSCF4000
7合目から8合目にかけての長い道のりを歩いていると空がだんだん明るくなりみんなが立ち止まった
いよいよご来光のおでまし
DSCF4002
ある人はこぉ言った

「地球は青かった」

ガガーリンの名言ですね



ある一般人はこぉ言った

「おなかがいっぱいで力がでねぇ・・・」

かなちゅうしかいませんね

DSCF4007
富士山からのご来光は他の山とは少し違う感じがした
まだ山頂の3776m地点からのご来光ではないが、何かがちがう。

標高と気圧かしら。

それでもやっぱり感じるコトがたくさんあって、とても考えさせられた。


今夜の晩ごはんを。。。



朝日を浴びた富士山に今立っていて、皆目指すところは同じ
これから山頂をめざしましょ
DSCF4008
いつもどんなに低い山でも高山病になっちゃうかなちゅうですが、この日は睡眠も不十分なのにすこぶる調子が良い

ここで、かなちゅう先生が教える
高山病になりにくくするために講座~

・よく寝る  (睡眠大事ヨ
・移動は行動食  (消化の良いものを!おなかにたまると吐き気の原因に
・テンションあげすぎない  (心拍数をあげすぎない)

ま、それでもなるもんはなるけどネ
でも、気をつけるだけでだいぶ変わるわよ

空がだんだんと明るくなりまして気温もだいぶすごしやすくなってまいりました
鳥居が見えますのでもぉすぐです
DSCF4013
脇ではたぁーーーーくさんの人が高山病により寝てたり、伏せてたりと大変そぉ
それでも山頂を目指そうと思う気持ちが素敵です
DSCF4016
ここにも鳥居にもたれてぐったりの方が・・・
ジャージや、くるぶしが見えるパンツで登ってる子やバッシュみたいなので上っている子が結構いたけど
山へ行くなら装備はしっかりしよぉね
大切なコトだぞ

あたくしは防風と防寒対策で上下レインを装備
普段使わないストックも下山のときには必要となるので今回は装備
それから春・夏用の帽子ではなく防寒対策でニット

パーフェクトなり
DSCF4026
いよいよ最後のふんばり

神様だけでなく、お天気までも味方してくれました
DSCF4029

これからさらにお鉢巡りをしよぉとしましたが、同行者がヒドイ高山病のタメ断念
来年の課題となった

見える向こう側が本当の山頂だね
でもじゅうぶんです
DSCF4034
富士山のお天気はとても変わりやすいで有名ですが、本当にキレイな空です
DSCF4032

高山病になったら、スグに下界へおろしてあげましょう

本人が落ち着くまで山頂で寝かせてあげたら下山です
(死なないように見張る!)

下山は須走ルートと途中まで一緒だけど、とにかく砂っ
すべるっ
はしる
とまれない
DSCF4040
ひたすら砂のルートを下る、ちょっと膝や腰にはキツイです
それでもそのルートしかないから文句言いながら下る
DSCF4049
山頂を10時30頃下り始めたけど、これから登る人もたくさんいたよ
富士山って本当に人気な山なんだね


富士山には馬がいるんだな
DSCF4048
この馬車で7合目まで連れてってくれるの
でも1区間確か13000円くらいだった気がする
ちょっとでも歩きたくない人や、ケガしちゃった人は使ってね
馬車も喜ぶゎい

五合目には昼の2時前には到着
下山は3時間くらいだったよ
五合目のショップで大好きなモンベルと富士山がコラボしたカワイイTシャツをゲットしてムフフな帰路


足が棒になるとはこのことであろう。
アクセルが上手に踏めなかったのを覚えている。

そのまま疲れをとるために温泉へ
DSCF4050
富士山周辺にはたくさん温泉あるけど、ここは山梨あたりだったかなぁ・・・
名前も忘れちゃったけど、とにかく温泉でしたわ
ここで、疲れをとりました

よく富士山に登った人達は言うね

「人生が変わった」

かなちゅうは普段、たくさんの山を登ってもちろん考えさせられたり思い返したりとても気づくことが多かったりするのね
だから、それと同じ感覚だと思ってたけど、富士山ってちょっと違うや

具体的には、それぞれ違うから一言では言えないけど

自分を変えてくれる山だね

今までたくさんの自然と山に行ったけど、富士山は偉大だ

来年もぜひアタックしよう

来年一緒に行ってくれる人、計画たてよぉね

中央アルプス代表、木曽駒ケ岳

こんばんわ~

今日で10月が終わり
あと2ヶ月で今年が終わる

やりのこしたことは・・・



減量

毎年繰越の目標、そろそろとどめなければ


9月末は(また話飛んだ)木曽駒ケ岳に行ってきました
とにかく混むと聴いていたが、駒ヶ根ICを降りて3分、駐車場に着いたがひっきりなしに車が入ってくる
前入りしたけど、寒くて眠れず3時頃起床
トイレに行ったついでにバス停を確認すると、もはや並んでいるではないかっ

5:12発の始発も、急遽5時から運行しロープウェイも5:45には動きました
もちろん、かなちゅうは始発に乗ってルンルン

始発のロープウェイからは、なんとタイミングが良い!ご来光が~
DSCF4074
ロープウェイを降りたら強風
急いでレインを着て暴風対策
そして目の前には鮮やかな千畳敷カール
DSCF4077
さっそく道を間違えて遊歩道へ行ってしまったわい
でも、景色がとにかくスゴイ

DSCF4085
朝日を浴びた木々とかなちゅうが、本当に良い味だしてるね
DSCF4089
9月30日の服装は

かなちゅう + 半袖 +ライトシェル + フリース ですな
寒いぞ

急登で景色がどんどん高くなり、前岳方面へ向かう
DSCF4097
今日は駒ケ岳と宝剣岳を目指す予定でした
宝剣山荘からは、楽しい鎖場があり子供も登っていました
DSCF4103
なんと、なんとあっという間に駒ケ岳山頂だぁぁぁぁぁーーーーーっ
DSCF4104
と、嬉しそうに記念撮影を

手に持ってる看板をみて

「ここ、駒ケ岳じゃねーーーーーーーーーーーーっ

そこには「宝剣岳」と、書いてあったそぉな

あれっ
駒ケ岳どこやっ

なんと、前岳から宝剣山荘へ行ったときそのまま三ノ沢方面(左)へ行ったが、中岳方面(右)へのルートが正解だったらしい。
そして、その駒ケ岳のピークへ行くには、今通ってきたルート(よぉするに長い鎖場)をまた戻るしか方法がないのだ
DSCF4120

ふふふ・・・
かなちゅう・・・

おちゃめ

もちろん、戻りましたがね
戻ったら神様が「かわいそうね」と、太陽の光をくれました
DSCF4117
かなちゅうは、地元でも有名な晴れ女(なんじゃそりゃ)
どんな曇り空でも、かなちゅうとお出かけすると晴れる

でもたまに外れるっ

あと20分くらいで駒ケ岳山頂
と思って着いたところからの景色だぞっ
DSCF4129

看板には、こぉ書いてあった

「中岳山頂」

ばっきゃろーーーーーーーーーーーっ
いつになったら駒ケ岳山頂に着くんだよぉぉぉぉぉっ

気を取り直して、歩くこと10分
DSCF4123
無事、駒ケ岳山頂に到着しましたとさ

お昼ご飯を山頂で食べたのだが、寒過ぎて全然うまく感じられなく即退散
DSCF4126
同じ道を通り再び宝剣岳へ行くための鎖場を通り、千畳敷へ戻る稜線へ向かう

鎖場は下りもかなり急で、これを登りのルートにするか下りのルートにするかはキミ次第だっ
気をつけてね~
DSCF4132

岩場ばかりで歩きやすいし、楽しいよ
DSCF4133

お天気にとても恵まれたので、景色も最高
DSCF4136
秋ですねぇ~・・・
DSCF4143
このまま、空木岳へ縦走してしまいたいくらいの天気だったが絶対帰ってこれない自信があったのでやめましたゎ
DSCF4146
最高に素敵なお空と、紅葉に感動したかなちゅう
とっても幸せそぉな顔してるゎね
DSCF4153
9月末なのに既に紅葉が見ごろを迎える中央アルプス
DSCF4156
久しぶりに4時間で写真100枚も撮ってしまったゎい
DSCF4158
DSCF4161
かなちゅう、おかえりなさい
6時登山開始、10時には戻ってきちゃいました
DSCF4164
ロープウェイもすぐ乗れたし、駐車場へ向かうバスには10時30分のに乗れました
そのまま駐車場周辺のお店を散策し、時間がまだまだあるかなちゅうはそのまま南アルプス方面の
0磁場で有名な「分杭峠」へ向かいました
一時、パワースポットで人気になった分杭峠で充電しよぉと思い急遽行くコトに

マイカー規制があるため、駐車場からバスに乗って20分くらいで到着
DSCF4167
なにがなんだかわかんないけど、ここでパワーをもらえるらしい
もはや木曽駒ケ岳でパワーチャージしてきたかなちゅうには、ちょっと物足りない感じもしたけど、
それでもやはり自然はいいなぁと感じるコトができた場所だったね

なんでもポジティブにね

さて、そのまま戻り南アルプスにある

「南アルプス村」へ遊びに

地の物を見たり食べたりするのが大好きなかなちゅうは、いつものよぉに野菜を物色・・・
すると隣からとってもいいニオイが

なんとパン屋が併設されてて、おいしそ
しかも、試食にクロワッサンがまるまる1コでてきちゃった
とっても癒される空間、ぜひ行ってみてね
DSCF4170
お土産も買って、クロワッサンももちろん買って帰路へ

と、そのまま帰るかなちゅうじゃないコトはもぉご察しの通り

奥蓼科にある「明治温泉」へ
もちろん100%源泉かけ流し温泉です
DSCF4174
そして貸切状態なので記念に

左はうたせ湯で源泉トロトロ温泉
他は源泉を加温してあるお湯で、どれもきもちがよいです
DSCF4175
1時間ゆっくり貸切風呂に浸かって、大満足のかなちゅうを寂しそうに見送るニホンカモシカ
DSCF4177
これ、なかなか珍しい
かわいくてずっと見てたけど、ご飯中だったみたいだから邪魔しないよ

こんなに遊んだのにゆっくり長野を周れてとても楽しかったよ
明治温泉はちょっと古い景観と、奥にあるのでなかなか足を運ぶのは大変かもやけどオススメやから一度いってみてね

またの更新をお楽しみに

名物は鵜飼です

こんばんゎぁ

ビール



あたくし


最高の秋の夜長でございます


突然ですが、かなちゅうは髪を20cm程バッサリやってきましたゎ

美容室はハロウィンというコトで、仮装中
イベント好きのかなちゅう、出遅れた。。。
TS3R1432

普通に写真に写ってしまったというコトで少々後悔気味ですがそれはさておき


岐阜といえば、鵜飼(話飛びすぎやろ)

10月15日は長良川鵜飼が最終日やったので、行ってきました
常連のかなちゅうは今年で4回目
毎年行ってるけど、飽きない岐阜の名物

今回はfacebookでメンバーを募って行きたい子計5人で鵜飼であいのり
DSCF4183
まだ髪の長いかなちゅうがそこに居る・・・

前の職場の子、小学校の同級生、陸上の後輩などみなさま初めまして~な感じでの鵜飼船
それはそれでまた楽しい

時期外れや、終了間近なときは、こんなに近くで鵜飼が見れるのだ
DSCF4186

目の前で、可愛い鵜たちがあゆをとる採る

最終日なのでたくさんのイベントが行われてて花火も5分くらいあがってて秋の花火

それはそれは風情のあること・・・
DSCF4194

1時間30分はあっという間

みんなもとっても感動して、また来年もきたいと言ってた
DSCF4197
かなちゅうとのお出かけは、アウトドアばっかだけど楽しいコトいっぱい
また来年もいっしょにいこ

そしてこれからも楽しいことたくさんしよぉ

ぎふサイコー

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ