はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

長崎県 雲仙岳登山

おはよございます(・ω・)ノ

なかなか進まないブログですね。
どんも、おさぼりかなちゅうです。
1日24hじゃ足りないと思うけど、24h以上あっても身体がもたないと最近気付く。


さて、矢岳駐車場にて就寝し翌朝は4:30起床だったので目覚めたら雨だったという。

あれ(・ω・)?
予報と違うー
天気図見ても、GPV見ても雨の雲すらないー
なんでやー


で二度寝。
6:30まで待ってみたが雨が止まない。
最後の手段、ロープウェイ。
IMG_0697 
時間が押しているのでロープウェイで途中まで行くことにした。
仁田峠はゲートがあり、朝は8:00からしか開かない。
IMG_0698
朝7:30の地点でゲート待ちは、かなちゅうは3番目。
その後もぞくぞくと車がきて、止められない状態に…
セーフでした。
IMG_0699
7:56、仁田峠駐車場に到着です。
トイレはゲレンデのトイレみたい。
ロープウェイの始発は8:25。急いで支度。
IMG_0700
みんな雨の装い…
IMG_0702
平成新山もはっきり見えるが、雨。なんとかやんでくれ…
IMG_0706
ロープウェイは片道キップ。
周回する方はこれが最短かと思います。最初に妙見神社に向かいます。
IMG_0708
駅に到着して歩くこと5分。
ロープウェイから直接展望台に向かう道があります。
かなちゅうは本能的に山道へ向かう。 
8:37、山頂看板。
IMG_0710
展望台に山頂看板がありますが、ロープウェイから直接の階段の方が早く着きます。
ロープウェイご一緒した私服のご年配夫婦の方が先に着いてた(・ω・)
道を戻り、しばらく行くと妙見神社。
IMG_0714
そこから国見岳へ向かいます。
IMG_0716
分岐まではなだらかです。
IMG_0717
IMG_0718
待ってろよ平成新山。
と、ここで雨も止み、レイン脱!
IMG_0728
ツツジは見頃を迎えてます。
IMG_0730
9:02、国見岳分岐。
ここからが激しい登山と聞いているので気を引き締めて登山に臨む。
IMG_0733 
国見岳山頂まではハイステップが多い。
そして鎖場。
だけどそこから見える景色は最高。
IMG_0737
角度的には冠山くらいの傾斜でした。
IMG_1378
IMG_1375
こんなのの連続。
登りはいいよ。下りとすれ違いに難アリ。
ひと一人分の道幅です!
IMG_0742
9:12、国見岳山頂に到着です。
コースタイムより10分早く着いた。
国見岳の山頂は狭いです。
下山して普賢岳へ向かいます。
国見岳分岐からはとにかく下り。
IMG_1371
かなりの。
逆回りもしかり。
下りきって左に行くと新ルートへ行く。
かなちゅうは最短の紅葉茶屋経由で行く。
IMG_0751
9:36、分岐を上がりますがここからまた急登です。
さっきまで雨だったので湿度も高く汗がもはや雨に濡れたレベル。
IMG_0752
9:53、普賢岳分岐
IMG_0754
二手に分かれる道があるけど、普賢岳方面なら合流するのでどちらでもok(・ω・)b
IMG_0755
9:55、普賢岳山頂に到着しました!
IMG_0766
噴煙も上がってる…
あれに見えるが平成新山。
名の通り、平成に噴火して出来た山。
20年前に始まった普賢岳の噴火で、噴火が終息した1996年に「平成新山」と名付けられた。
標高1483mあり、普賢岳(1359m)を上回って雲仙の最高峰となっている。
IMG_1353
会えて良かった。

山頂で休憩してると聞いたことある言葉にイントネーション。
IMG_0768
「ロバのパンはしまにも来たでさ」

ロバのパン?はしま?
明日軍艦島へ向かう予定のかなちゅう。
軍艦島は端島(はしま)というが、無人島だし入れないはず。
あと知ってるはしまは…

次の会話で確定した
「大垣もやてー」
大垣?
やてー?
羽島!

岐阜弁や(・ω・)

すぐさまかけより、声かけるかなちゅう。
なんて軽い女。

ご年配の男女5名グループでいらしてて、確認したところ、やはり岐阜から来てました。
世間が狭い…
IMG_0770
フェリーで車持ってきたそうです。
こんな所で岐阜弁を聞けるなんてとみなさんでワイワイと話せて楽しかったです。

10:00
かなちゅう、下山します。
IMG_0774
次は金華山で(・ω・)ノ
IMG_0775
と、岐阜メンバーにお別れをつげ、紅葉茶屋方面へ下山。
IMG_0780
結構ガッツリくだらなければならないので濡れてる時と、捻挫してる人は要注意。
IMG_0781
でもなぜか写真はフラットなものばかり(・ω・)

お腹すいたなぁと道脇のベンチで珍しくパン休憩。
食べてこの先も頑張ろうと思って歩き出して2分程たったところで
IMG_0782
11:01、ゴールの普賢神社に到着。

こちらから登山をする人もいるけど、その人たちからしたらスタートしてわずか2分でおもいっきり休憩していると思われただろう。
そして帰る人たちも、どうせ休憩するなら2分先にある広い展望台で食べればいいのに。
とでも思うだろう。
IMG_0786
ありがとう、雲仙岳。
IMG_0790
ありがとう、天気。
IMG_0792
ありがとう、足。

下山してゆっくりお風呂に浸かります。

続く。

長崎県へ突入 雲仙岳への支度

こんにちは(・ω・)


何気に笑ってしまうとき

車道とパソコン入力したら
「シャドウ」と変換された時。

どんも、ツボがどこにあるかわからないかなちゅうです。
そんなもんですね。

嬉野温泉、和多屋別荘から矢岳駐車場までは高速を使って1h30min程。
一気に長崎県の雲仙まで向かいます。
IMG_0643
温泉入浴も早く1h30min程度の道なので17:00頃には矢岳駐車場に到着しました(・∀・)

IMG_0645
本当は妙見駐車場に止める予定でしたが、トイレはあるものの矢岳駐車場のトイレは水洗で評価が高かったのでここで車泊。
IMG_0649
ご飯食べてると来客現る。
車内でよかったが、車の周りをウロウロとしておる。
多分、餌付けてる人もいるだろう。
かなちゅうは、あげない。

お腹も満たされて18:00には就寝…とはいかんので、何しようか悩む。
翌日、雲仙地獄巡りをする予定だったので、だったら今から行けば良いじゃん♪みたいな気持ちになり、向かう。

矢岳駐車場から5min程度で到着する。
IMG_0651
18:30頃だが日没が遅いのかまだ明るい。
IMG_0653
営業は24hなので、いつでも散策出来る。
そして、名物のネコちゃん。
IMG_0660
なんてキレイなんだ。
温泉の熱で温かいのでネコが多いらしい。
にゃんと(・ω・)
IMG_0659
地獄よりネコ。
見とれてしまったよ。
ミヤマキリシマとネコでした。
先へ進みます。
IMG_0666
雲仙地獄のエネルギー源は、海底のマグマ溜りだと考えられてるそうです。
マグマ溜りから発生した高温高圧のガスが高温熱水になって、その熱水の沸騰によって生じたガスが、激しい噴気となって現れるそう。
IMG_0672
IMG_0677
雲仙の地獄で最も噴気の激しい場所でかなちゅうが一番見て見たかった、「大叫喚地獄」。
IMG_0681
この「叫喚」という言葉にものすごく地獄を感じた。
そして、そう考えれば、そう感じる人間の想像力の豊かさと日が沈んだ暗さがより怖く感じた…
IMG_0683
IMG_0690
IMG_0693
前が見えない程の煙。
ごきげんだぜ。

雲仙地獄巡り、終了。
矢岳駐車場へ戻ると、人数は増えておらず、穴場感を感じる。
IMG_0696
月がとってもキレイな夜。

不安を胸に、翌朝の登山に向けて早めに就寝…


続く。

佐賀を楽しむ

こんばんは(・ω・)

何か新しい趣味を探してる最中。
どんも、かなちゅう探検隊です。

まずはヨガをまじめに続けられるように集中すること(・ω・)
んむ…

道の駅で起床。
そして8:30には黒髪の里から15分くらいの所にある「御船山楽園」へ。

ツツジ観賞にいく。
足は固定しまくって。
IMG_0521
御船山楽園は、江戸後期から続く庭園だそうです。
IMG_0522
入場料は600円と少々高めです。
IMG_0523
かっこいい入り口。
8:30からで、今の時期はツツジを推している。
IMG_0528
IMG_0530
おっと藤棚。
FullSizeRender
歩いて少しすると御船山楽園のHPなどにもうつってる一番の撮影スポットに到着。
IMG_0536
もはやツツジ終了…
時期的に遅かったね。
IMG_0549
今年は暑かったり寒かったりで。
花もわけわからず時期を過ぎたぽい。
IMG_0553
IMG_0556
五百羅漢もあるみたいだが、足がもたなさそうなのでショートカットして帰路へ向かう。
IMG_0566
国の登録記念物に指定された庭園。
皆様も是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

そのあと、またまた近くにある井出チャポン本店へ向かう。
ここからだと20分以内に到着します。
IMG_0585
開店15分前に並んだが3番目だった。
IMG_0586
開店と同時にお客さん続々入店。
10分で満席。
更に並ぶ人たち…

ここはマツコの知らない世界で紹介された店。
IMG_0587
奥の方で豚がいるのかな?
豚骨感のあるラーメンのようなちゃんぽん。
井出ちゃんぽん750円でした!

そのあとは40分弱で到着する、鹿島市の、「祐徳稲荷神社」へ。
IMG_0590
IMG_0596
IMG_0597
日本三大稲荷の一つで、最近はタイのドラマの撮影地によく使われててタイ人観光客が多いそうです。
IMG_0600
IMG_0601
IMG_0604
とても美しいです。
奥の院まで歩いてみよう。
IMG_0608
まずは本殿。
IMG_0609
IMG_0610
金運みくじひいたらなかなかの結果に満足。
投資の季節になりそうだ。
IMG_0611
IMG_0612
ここから奥の院目指します。
IMG_0613
京都の伏見稲荷みたいな鳥居の数。
遥かに負けてるけどね…
IMG_0616
IMG_0617
IMG_0618
ただ、自然の中に赤色ってさすがの差し色。
抜群に良いね。
IMG_0621
結構急な階段でたくさん段数があるので途中リタイアされる方も結構います。
IMG_0623
でもヒールで頑張るおねいさんもいたので、頑張ればヒールでも登れるみたいですね。
IMG_0624
暑くて汗ダラダラでした。
IMG_0626
奥の院山頂です。
風を感じたらすぐ下山しますよ。

↓みなさん、ここの辺りでリタイアされる方が多いそうです。
IMG_0627
IMG_0628
上からの景色も美しかったです。
IMG_0630
なかなか遊べるところでした。
芸術に触れることのできる神社です。
ちなみに稲荷なので、五穀豊穣を願ってお参りに来てくださいね♪

隣にある商店街に入るとなにやら美味しそうな「生」丸房露。
IMG_0632
もっちもちでしっとり。
とても美味しい120円でした。
新銘菓と言ってました(*´-`)
IMG_0811
商店街にはかなちゅうのストックに戯れる猫ちゃんもいました。
かわいい〜♡
この近くに地酒も置いてあり、そこの店主さんが山の格好をみたかなちゅうにあるものを教えてくれた。
IMG_0635
陽希さん。
お久しぶりです。
お酒飲まないけど、300名山か何かで寄ったと言ってました。

このあとは嬉野方面へ向かい、嬉野温泉を満喫。
IMG_0636
和多屋別荘
IMG_0637
とにかくおしゃれ
IMG_0638
こんなとこ使う勇気もないという。
IMG_0639
IMG_0641
なんなら風呂上がりの休憩スペースもおしゃれ。
IMG_1395
いつまででもくつろいでられる場所でした。
次の目的地は長崎県にある池ノ原園地の矢岳駐車場。
そこまでのんびり、向かいたいと思います。

続く。
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ