はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

武雄温泉 元湯

こんにちは(・ω・)ノ

広島はすぐに出まして佐賀の今夜のお宿、道の駅「黒髪の里」へ向かう。

そうです、宿はいつも車です。

その途中に古賀ちゃんぽんを食べる。
IMG_0516
あっさり白湯で美味しかった。

そして武雄温泉 元湯へ。
この外観はとても有名です。
IMG_0517
現在使用されている温泉施設の建物としては、日本最古のもの(明治9年に建築)。
高い天井と広い浴槽で、レトロ感漂う温泉情緒豊かなお風呂です。
IMG_0519
24:00まで営業してるんです。
駐車場は満車だけど上にある第二はまだ余裕ある。
IMG_0520
体を洗うと、ヌルヌルするアルカリ性のお湯かな?
IMG_0518
夕方17:00でも満車でたくさんの人が入浴にくる。
かなちゅうは人気の少ない43.0°〜44.0°の熱湯に1人のんびり入浴してました。

が、5minと入ってられないね。
その後の湯冷めのしにくさもさすがの温泉。

1日を最高のお湯で締めくくり、道の駅黒髪の里にて20:00には就寝しました。

続く。

神の制裁

こんばんはぁ(・ω・)

早速ダイエットで朝と昼野菜食べたら夜は王将の餃子食べてしまいました。

どんも、ご褒美がいつも多すぎるかなちゅうです。

甘やかす日も必要とのことで。

フェリーで10分程で厳島神社へ到着。
IMG_0380
IMG_0383
IMG_0385
シカが多いそうです。
奈良並みにいる。
厳島神社参拝はとりあえず後回しに弥山へ朝の涼しいうちに登ります。
その為に、フェリー降りてから走り続けて登山口まで向かった。
IMG_0389
励まされて登山口到着。
IMG_0392
6:52登山口に到着。
既に走りすぎて乳酸max.
紅葉谷コースを行きます。
IMG_0395
こちらは一般的なルートでポピュラーなコースだけど急登の最短コースです。
IMG_0396
ほとんどが舗装されてありますがガタガタな道です。
IMG_0397
天空のなんとかみたいですよね。
朝はキリがすごい。
IMG_1453
ひたすらこんな感じ。
歩いてるとカサカサと物音。
IMG_0393
みなさん、見えますか?
野生の鹿です。
枯れ葉と同化してかなちゅうはよく見えませんでした。
こんな事がこの先も何度も続きます。

ロープウェイ乗り場との分岐に差し掛かり舗装路を歩くと、ようやく本堂に到着です。
IMG_0402
IMG_0403
IMG_0404
IMG_0405
弘法大師が開基した求聞持堂をはじめ、三鬼堂、大日堂などがある。

恋人の聖地だそうですよ。
7:47にここへ到着なので登山口から約1h。さらに展望台へ向かう。
IMG_0406
とにかく階段。
IMG_0409
IMG_0410
大きな岩が現れる。
IMG_0412
IMG_0414
くぐり岩。
ここを通りたかった。
IMG_0418
IMG_0423
7:55、弥山山頂へ到着。
島内では最も高い535m。
IMG_0425
古くから神体山として信仰されている。頂上付一帯の奇岩を見に来たと言っても過言ではない。
IMG_0456
山頂は広々していた。
展望台もあるがなんと10:00からopen、早すぎるかなちゅうには無縁です。
IMG_0459
下山します。
IMG_0460
とても美しい景色を見る事が出来た。
本堂に戻り、消えずの炎。
IMG_0463
比叡山的な炎かしら?
IMG_0464
そしてまた所どころに鹿。
IMG_0465
本堂より麓を目指します。
IMG_0466
暑くて、虫も多く、カエルもたくさん鳴いてたし、居たよ。
かなちゅうは虫が大嫌い。
怯えている所に鹿。
下山まで2.5km。
心臓がもたない。
IMG_0467
残り0.6km地点。
またもやカサカサと。
だいたい鹿とわかっていたが近くにいないと思ってた。
いろんなものが見えすぎるかなちゅうだが、この時同化して目の前にいた鹿に気がつかなかった。

あまりの近さに驚き悲鳴を上げ後ずさり。
その瞬間、足元の岩と岩に足を挟まれそのまま内反捻挫…
IMG_0468
9:00.下山はなんとかできたものの、尋常じゃない痛み。
息が出来なかった。
捻挫は陸上をしてた頃からの癖で、そんなもんやと思ってたけどヒドイやつやとすぐに判断出来た。
IMG_0469
とりあえず、かなちゅうはあと廻廊を歩き厳島神社参拝したかった。
ハイカットの靴を固く結びなんとか歩く。
登山口には大好きな、世界で二番目に美味しいメロンパンアイスの店を発見。
IMG_0471
頼んだら観光地サイズでありえないほど小さく、でも値段は据え置き。
あ、ありがとう。
IMG_0480
名物の鳥居を見ましたよ。
おススメは回廊出口を海岸方面へ向かうと、一番近くで見れるような気がするよ。
IMG_0483
ここは回廊の出口。
表に回って参拝の支度します。
IMG_0487
300円、参拝料が必要です。
機械的対応の巫女にガッカリ。
IMG_0488
IMG_0490
IMG_0491
IMG_0492
鏡池。
IMG_0493
IMG_0494
IMG_0499
IMG_0503
IMG_0504

回廊は幅が4m、長さ262mにも及ぶ壮大な作りになってます。
この回廊には潮の満ち引きの変化にも耐えられるように、目透しという隙間が床板にあり、台風の時に波のエネルギ-を弱め、建物を守る工夫が行われてるそうです。

目的の回廊を歩いたので、商店街方面へ。
IMG_0510
出来立てのもみじまんじゅうをいただきます。あたたかいので、フィルムはふよふよです。
美味しいかといえば美味しいが、冷めても美味しいものなのでそんな感想です(・ω・)
IMG_0511
宮島といえばしゃもじ。
やけど、デカすぎや。
IMG_0506
焼きガキ。
牡蠣は大好きだがよく焼き。
あたっても困るもんね。身が大きくて2つで500円。
幸せワンコイン。

そして駅に向かう時に見つけた広島風お好み焼き。
IMG_0512
モダン焼きみたいなので、麺が入っており、手で持って食べ歩きできるサイズでいい感じ。
足も痛いし座って食べてた。
IMG_0472
ら、こいつ来た。
こいつらのいない所に座ったつもりがかなちゅうが座った瞬間からどこかからかロックオンされていたらしい。
あやうくらぶらぶカップルのように一つのお好み焼きを一緒にかぶりつくとこくらいまで顔近付けられたわ。

またびっくりして足の痛み悪化。
歩きながら駅へ向かう。
IMG_0513
災難だったよ。
だが目的はなんとか達成。
フェリーに乗り宮島口に到着。
時刻はお昼11:00頃かな。
IMG_0514
なんだあのすごい人たち…
今からフェリー乗る人達の数が凄すぎる。
やはりなんでも早めに限るね。

そのまま駐車場まで頑張って歩き、薬局を探してこのようにする。
IMG_0521
専門学校の授業でテーピングがあった。
ありがとう。
役に立ちました。
このまま一気に佐賀の武雄北方まで4h30min。
武雄温泉へ入浴しに向かいましたとさ。

続く(・ω・)

GW旅の始まり

おはようございます。

久しぶりに会った父はいつもかなちゅうをみて痩せてると心配する。
昨日は、初めてふっくらしたと言われた。

どんも、食べ道楽が過ぎたと反省中のかなちゅうです。
もう落ちない年齢になってきましたなぁ。

さて、27日金曜に仕事が終わったらその夜には出発します。
まずは何も食べずに出てきたので、一発目に養老SAにてネギトロしらす丼。
コメとネギトロとしらすの量が8:2でおススメしない。
21:00に自宅を出て滋賀にて80分渋滞をくらう…
旅の始まりはなんだか不安いっぱい。

早ければ0:00にいつも福山SAだが今回は1:50頃福山SAにていつもの尾道ラーメンを食す。
IMG_0370
この尾道ラーメンは外せない。
さて、かなちゅうは時間がもったいないと思うタイプです。
さっきまで仕事でしたが翌日の6:25の始発フェリーにて厳島神社を目指します。
その為にまずは行ける所まで行くのです。
GW初日とあってどこのSA.PAも満車でかなちゅうも警備員のおじちゃんにお情けでゼブラの中へ入れてもらい駐車し仮眠した。

そして宮島口へ向かう。
今回は色んなブログを調べてこの「中丸観光駐車場」をかなちゅうもおススメする。
IMG_0371
宮島口駅の山側なので海側より安くて埋まりにくい。そして信頼しているガイドさんもここをおススメしてくれた。
なぜなら地下道が目の前。
IMG_0372
上がれば宮島口駅の真ん前。
IMG_0373
そのまま足元の案内を辿ると。
IMG_0374
フェリー乗り場に着きます。
IMG_0375
片道180円。
往復360円。
流石に始発はこまないと予想しての始発ねらいがすでにすごい人でした。
IMG_1472
日の出ですね。
それでは厳島神社へ行ってきます。
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ