はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

雄大な立山に憧れて

こんにちは。

神さまっていると思いますか?
どんも、最近のテーマは神さまのかなちゅうです。
いまのところ、かなちゅうは50:50のフワフワな気持ちです。

さて、剣山荘の晩御飯は17:00。
それまで何をするかというと、ストレッチ。
そして、仮眠。
がいつもどおり。
だけどいつものかなちゅうはちょっと違う。

吐き気と嘔吐に狂い耐え凌ぐ。

こんなことは初めて。

それは同室の女性にまでご迷惑をおかけするほどで、でもとても優しく心配してくれた。
うめき声をあげ、のたうちまわり、薬を飲んでも効かない。

なんなんだ。
そんな時間を過ごし、ご飯をたべれば元気が出るだろうと思い17:00に食堂へ。
IMG_6801
しかし、ご飯と味噌汁しか食べれずほとんど残してしまい、おまけに吐く。
FullSizeRender
どぉしていいかわからず、小屋の人へ相談。
すると、色々アドバイスを頂き、まずは酸素吸入をすること20分。

体調も変わらず、次は吐き気どめを飲む。
アクエリアスもの飲む。
しかし、だめだ。

そして震えが酷くなり、小屋の方が危険と判断して夏季にいる救急隊へと連絡してくれた。

そこからは写真など撮る暇も余裕もなく、特別にスタッフのお部屋を個室にしてもらい看病室へとしてもらい…
何から何まで本当にお世話になった。
IMG_6803
次に撮れた写真は、隊の方からいただいた砂糖と羊羹だった。
医師との診断で、極度のストレスと疲れ。
夜は無理だが、朝ならヘリを飛ばせるからと最悪ヘリで下山まで計画がたてられた。
隊がおんぶして下山をしても、5h程かかるからしんどいと思うし、自力で下山出来るまで体力が戻ることが望ましいと。
血中酸素濃度は足りていて、呂律もしっかりしていることから高山病ではないと判断。
しかし、アクエリアス等飲むなど高山病同様の対処をしてくださいと言われた。

ここ最近下界での忙しさは尋常じゃなかった。
土日も休むことなくボランティアに2ヶ月通いつめて、仕事も忙しく、医者に通うなどバタバタしてた。
そんなストレスを発散すべく山へ来たら、そのストレスなどが原因により山でとんでもないことになってしまった。

睡眠導入剤が効いたのは0:30頃。
目覚めたのは4:30。
朝、自力で下山出来るのなら、連絡をくれと言われてたので小屋に電話をお借りして自力で下山することにした。
IMG_6804
5:30、下山開始します。
下山ルートは昨日確認した雪渓の少ないルート。
そちらは夏季診療所のあるところで昨日来てくれた隊の方々もいるから挨拶していくといいと言われ寄ることにした。
IMG_6807
秋頃、また身体を治して元気に来てくださいねと言われた。
最後まで温かく優しい、剣山荘のみなさんには感謝でいっぱい。
必ず、恩返し登山に来ます。
IMG_6815
雪渓が1本と言ってたが、やはりかなちゅうには4〜5本あった。
人によって本数は変わる。
IMG_6820
登りたかった。
同室の女性と仲良くなり翌朝一緒に山頂アタックの予定まで立てたのに申し訳ない。

今回は自分の自己管理ができてないばかりにたくさんの人に迷惑をかけた最低な登山だった。
FullSizeRender
隊の方々にご挨拶をし、そしたらようやく食欲が出てきてこのお弁当を完食するまで元気になった。
そしてめちゃくちゃ美味しかった。
IMG_6946
またきます。
必ず。
いろんな意味で心苦しく辛く、そして情けない登山。
登山はかれこれ15年以上。
百名山に足を踏み入れ始めたのは多分6〜7年。
こんなに辛い思いをしたのは初めて。
FullSizeRender 
そんな帰路はお花の群生地。
IMG_6829
輝く地面。
泣けた。
IMG_6848
雷鳥坂を下山するのも一苦労。急登だからね。
IMG_6856
疲れの湿疹もピーク。
痛くヒリヒリしてる。
IMG_6876 
9:35、無事玉殿の湧水まで帰ってきた。
やっぱり立山は美しい。
IMG_6879
ちょうどいいタイミングのバスに乗れて、駐車場へ向かいます。

まずは無事下山出来たことで恩返し。
IMG_6940
そして次は、元気な顔で、劔岳登頂の報告をして、恩返し。

立山の新たな顔

こんばんは٩( 'ω' )و

先日ご報告いたしました、立山のお話になります。
7/24日。
前日、のろのろと支度をして立山へ向かった。
1:30頃、立山駅に着いたのかな。それから支度して仮眠取りたいけど寝付けず朝を迎える。
7:00頃が始発のはずだが、すでに人がたくさん並んでる。
IMG_6690
平日に夏休みをもらい、劔岳を目指す予定だ。
IMG_6691
慣れたもので、相変わらず高額なチケットを購入し、絶景の立山への期待を膨らませる。
IMG_6692
バス待ちしてる時、お知り合いに遭遇。
記念撮影。
1h程室堂でおしゃべりして高地順応もばっちりでのんびり剣山荘を目指します。
IMG_6699
またまたお知り合いに撮影してもらった「行ってきます」の写真。
ありがとう、行ってきます٩( ᐛ )و
IMG_6706
みくりが池にはまだ雪が残ってる。毎年立山には来るが9.10月に来ることがほとんどで燃えるような立山のイメージ。
爽やかすぎる。
FullSizeRender
高山植物も咲き誇り。
IMG_6726
平日なのにたっっっくさんの人がいる。
IMG_7010
今回は新室堂乗越を経由で剣山荘を目指す。
距離は長いらしいけど、雷鳥坂よりも楽と聞いたので初めてだが行ってみることに。
IMG_6736
新室堂乗越と雷鳥坂は地図で比較しても同じ時間できつさがよくわからなかった。
FullSizeRender
ただ、すぐに身体に異変が。
IMG_6998
九十九折というのか、細かくギザギザと動きそれが登りでザレている。
ザレてる上に強傾斜で歩きにくい。
大きな岩がない。
FullSizeRender
また天気がものすごく良い。
有難いと思えないくらい焼ける暑さと湿度。
IMG_6748
時に曇れば一気に身体が冷やされこれでは体調管理が難しい。
いつもくる頭痛もなんだか違う感じ。
脈を打つ感じ。
ただ、いつも小屋で休めば楽になるし身体がえらいわけではない。
おかしな感じだった。
11:11、剣御前小舎に到着。
IMG_6755
とりあえずなにか食べてエネルギー補給したいが、食欲がない。
夏バテのようだ。
ただお腹は減っている。
食べたくても吐き気のような感じもする。
IMG_6757
食べて飲んでお腹ふくらませ、歩き始める。
IMG_6759
ここからは雪渓歩きの連続だった。
雪渓歩きは大の苦手。
なにがかなちゅうにあったのか、雪渓への恐怖心がデカすぎてとてもビビる。泣く。
IMG_6761
雄大な景色を見て、あちら側に別コースがあったことを確認する。
後に、ここからみたルートが下山コースになることとなる。
IMG_6766
片側が切れ落ちた雪渓は特に苦手。
こちらは情報では3〜4本て言われてたが、実際は8本。
わたしにとっては8本。
情報発信者からしたらノーカウントがいくつもあるみたい。
FullSizeRender
そしてひたすら長い。
ほとんど泣いた。
IMG_6985
恐怖で滑る。
IMG_6987
そしてまた滑る。下手くそ。
7月末はアイゼンなしでもいけるが、なんせこのビビリ。
自分が嫌いだ。
8本にわたる雪渓を越え、12:18このあたりへ。
IMG_6776
すると目の前に雷鳥が…♡
すぐハイマツの中へ隠れてしまったがしばらく見かけなかった雷鳥。
会えて嬉しかったよ。
IMG_6778
小屋も見えてきた。
12:37、無事剣山荘に到着です。
IMG_6779
小屋の方々の温かな対応は一気に安心感をもたらす。
IMG_6780
部屋も綺麗。
布団はミズノのブレスサーモ。
IMG_6784
お昼ご飯はここの軽食をあてにしてきた。
IMG_6792
うどん!
これなら食べられる!
しかも美味しい。
疲れた体に炭水化物と、塩分が最高です。
そしてなんとシャワーも無料で利用出来る。
なのでシャワーも浴びて、のんびり休む。
この後、事件が起こる…

ご報告…

こんばんわ٩( ᐛ )و

絶対に焼かない。
という日焼け止めで、やけてしまったかなちゅうです。

劔岳へ行ってきました。
結果は、撤退…?敗退…?

医師の診断は、極度のストレスと疲れとのこと。
頭痛、吐気、嘔吐、下痢、震え。
過去に無い症状に自分もビックリしました。
また詳しくあげますが、無事、自力で下山出来たことをご報告いたします。

怖いですね、疲れって。
下界のストレスを山で発散するつもりが…
下界のストレスが原因で山で大変な目にあうとは…
皆さんも、コンディション整えて登山しましょうね。
IMG_6919

プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ