はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

水晶岳への夢旅〜鏡平から三俣山荘〜

こんばんわ٩( 'ω' )و

水晶岳行ってからお肌の調子がいい。

どんも、月1の皮膚科を月1の水晶岳に替えたいかなちゅうです。

体力持ちませんね。

鏡平小屋から出発。
少し登りがきつくなりますがゆっくり行けば問題なしっ♪

この日実はスタートからあちこちが痛んだ。

足、腰、お腹。
逆にいつも通りですけどね!!

そして登山口からかなちゅうは心の歌を、心で歌う

「全然いたくないぃぃぃ〜♪足腰痛くないぃぃぃ〜♪」

あの議員さんより少しポップな感じ。
紅葉、始めました

心で唱え続けると、自己暗示というやつで脳が勘違いして伝達するらしくなんだか痛みが和らいできている気がする(´・ω・)
これからいく道が見えるってなんか…
遠く感じるよねぇ。

一本道やけど、地味な登りがずっと続いてさ。
格闘技でも、ローキックばっかりくらうとじわじわダメージくるみたいな。
ローキック、くらってます。

とにかく登った。
というよりまだ一度も下ってない。
この先でアップダウンあるからね。
体力は取っておかないと。

ゆっくり、だけどコースタイムより早く歩いてます。

9:39、弓折乗越。
目の前には槍ヶ岳がズデデンっ!と見てるそうですが…
かなちゅう、なんだか霞んで見えないよ(´・ω・)
ここから笠ヶ岳へ行ってしまいたいくらいだった。
だが、目的はもっともっと奥地。
いつか笠ヶ岳へリベンジせねば。
弓折乗越を歩き出したら、霧雨が来た。

我慢した。

そしたら爆風と霧雨のコラボで一時的に普通に雨降って来た。

久々レインきました。

そして泣きながら神様に誓いました。

「ちゃんと誰にでも笑顔で接します」
「魚もちゃんと食べます」
「1日一回は笑います」

だからぁぁぁ…泣
晴れてーーーーーーっ!!!!大泣

(´;Д;`)!!!!!!


普段からどーにかせいって話ですんません。
対価交換とはならず、雨は止みません。
ベンチも濡れてる

腰を下ろして休み、前夜に買ったパン屋の明太フランス食べた。

これは武器ですね。
フランスパンは冷えるとカチコチになり、歯が抜けるか袋に入れて振り回し、遠心力の力で鈍器と化す。

持ってくるパンはちゃんと選ぼう。
こんな道歩きます。
花見平から先は道が優しくない。
が、ここが花畑となるらしい。
ぜひお花の季節にきてみたいと思った。
あとはここを越え、思いっきり下り、そして地味に登り返す。
少し風向きが変わり、景色がひらけてきた。
11:15、双六小屋に到着です。
ここが1番風が強くて、そして雨がきつかった。
雨があまりにひどくて、この先の行動をやめようかと悩んだ。

寒くて、辛くて、泣けてきて…
対価交換も実らず…
キャミ様のバカァー(´;Д;`)

って神様のせいにして。

そんな弱い自分が大嫌いになった瞬間やった。
さようなら、わたし、予定通り三俣山荘に行くよ。

予報では午後からの降水確率は下がり、風も止む予定。
gpvでみたのも、午後からは天気が良くなることを確認してきた。

信じて進んだ。

すると一瞬。
雲が晴れた。

間違いなくこの先は晴れる。

一気に足取りは軽くなり、笑顔になれた。
双六小屋から分岐点まで25minくらい細い道を登る。
ここからが三俣山荘への道。
巻道を歩きます。
今から行く道はしばらくなだらかな道を歩きます。
そして向こうに光が見える
だんだんひらけてきました。
やっと、足元の花を見る余裕が出てきました。
ここは夏も花が豊富なんだね。
夏に来たいなぁ。
さっきまでの天気が嘘みたい。
天国に近づいてるみたい。

あれ?
天国か(・ω・)?
巻道です。
急です。
三俣へ向かうに降るのはまぁいいとして帰りに登ると思うとゾッとしますね。

なので別ルートをオススメします。
いったん休憩。
次のパンは…


ミルクフランス。

冷えて硬かった。

なんでフランスパンしか入ってないんや(;ω;)

12:46、巻道の登り返しスタート。
すっかり天気も良くなりましたが風があるので寒い。
どこまでも美しい景色が広がり、心を満たしてくれる。
奥には、やっと槍ヶ岳が見えました。
随分遠くにいっちゃったね。
意外と急です。
後半戦にこの急は足腰にきますね…
かなちゅうのヘルニアが、やめてっていってる。

お願いだ、もう少し頑張ってくれ。

己の腰を、己で励ました。
日陰で休憩。
鷲が姿を現しました。
槍ヶ岳ももっとよく見えるようになりました。
ただ、三俣蓮華岳の分岐が遠…
腰が痛すぎてなんども荷物を下ろしては寝転がり休みました。
そんな時、励ましてくれる景色たち。

ただこの時かなちゅうは感じた。


「疲れが吹っ飛ぶほどの」
という言葉は、意外と軽い言葉なのかもしれない。

かなちゅうはここまで10hくらい歩いているけどこの景色を見ても感動はしたが疲れが吹っ飛ぶことはなかった。
14:08、ようやく三俣峠、分岐に到着です。
ここからはさらなる下りが…
この高さの岩には基本座ります。
座りやすい。

ようやく1組とすれ違い。
双六小屋からは人が一気に減ります。
ずっと降ること…40minくらい?
鷲羽岳正面からの、おもいっきり下って見えてきました!
荷物デカっ。

赤い屋根!
今夜のお宿!
とぉーーーーーーーーっ(´・Д・)」
14:44、スタートから11h13min三俣山荘に到着です。
感動しましたが、涙より先に鼻水ダラダラ…
はよチェックインせねば…ズビっ…
とにもかくにも、無事に山荘に着きました。

この続きはまた次のブログで٩( ᐛ )و

水晶岳への夢旅〜新穂高温泉から鏡平〜

こんにちは٩( 'ω' )و

蚊に食われた。
この表現は方言らしい。
どんも、7ヶ所食われたかなちゅうです。
いやらしいのは、足の指の付け根と、足の裏…

さて、ようやく来ました水晶岳日記。
ここへ至るまで遊び過ぎたぜ。

今回は関東の山友さんの水晶リベンジにご同行させてもらう形で行って来ました。
今回は小屋泊素泊2日で10キロ。
冬装備にしては軽く済んだぞ。水晶岳方面は水が豊富だから助かります。

朝3:28新穂高の登山者ビジターセンターを出発します。
まずは真っ暗の中、わさび平小屋まで歩きます。
小池新道入り口辺りから世が明けて来て写真も撮れるようになりました。
お天気は晴れ予報ですが、なんだか怪しい…
荷物入りきりません。
そして朝晩の寒暖差が激しく、またこの日は寒気が入り込むということで防寒が欠かせません。
小池新道。
人はこれをなだらかという。
人はこれを急登という。

かなちゅうは、しんどいと思う。
この写真は6:00頃。
歩いて2h30minたっている。(既に)
先は長い。
所々にある木道は霜が降りて、大変に滑る。

モルゲン。
 チボ岩。

「チボ」とはこの地方の方言で「スリ」や「泥棒」の意味で、大きい岩の間に物落としたら拾えないことからこの名前が付いたそうです。
学んで行くと面白さ倍増。
ひたすら鏡平までこんな道を歩きます。
イタドリ原で休憩。
羽織ってうごいてちょうどいいくらいの寒さ。
シシウドガ原に7:18到着。
大休憩。といっても冷えてしまうので5min程度。
日差しも出てきて暑くなってきた。
鏡平まではここから少し道が細くなり足場はさらに悪くなります。
くまの踊り場。
とても陽気なイメージをしてしまった。
この先500mでようやく第1目的地に到着。
その手前に素敵な苔むした場所を発見。
ただバツがたくさんついてて、わかりやすいけどちょっと残念。
そしてあと5分らしい
8:13、鏡池に到着です。
ただ…
この日は風が強く、湖面が揺れている。
鏡槍ヶ岳も雲が多く見えず(笑)
少し先の鏡平山荘で休憩。
風が強くてすぐ冷える。
8:20、到着。
ここまで5h歩いたんだと…

まだまだ中間地点ではないのです(´・ω・)
これからの長旅、ゆっくりと楽しみます。

美ヶ原さんぽ

おはようございます(´ω`)

寝具は、豪華にエアウィーヴ使用も、腰痛おさまらず。
どんも、寝ても寝ても疲れが取れないかなちゅうです。

週末、全力で遊んだ証ですね。

9月24日、美ヶ原行ってきました。
朝早くに出たのに、予定出発時刻の6:00はガス。

寝ては起きてを繰り返し8:16ようやくスタートします。
この時間になると、人も多く、気温も高く暖かいスタートとなりました。
ガスが取れたり、またガスが発生したりと安定しない天候でした。
何年ぶりかの美ヶ原散歩。
以前は、私を塩くれ場まで降り、また登り返したのでとても長い行程となりましたが、今回は王ヶ頭、王ヶ鼻で帰ってくる予定です。
なだらかな道を歩くので、観光客も多い。
また、日本百名山の中ではコースタイムも短く1番歩きやすいのではと思います。
王ヶ頭は、帰りに。
1h30minで王ヶ鼻に到着。
南アルプス、中央アルプス(これは位置的に)は、見えませんでしたがそれ以外は全て見ることができました。
目の前は穂高連峰から立山連邦、白馬など。

久々日のんびりラーメン食べながらゆっくり過ごしました。
帰りは王ヶ頭へ。
朝晩の寒暖差が激しくこの日はかなり厚着をしてました…
風が強くて、気候も暖かく、最高のお散歩ができました。
さすがに暑かったので、コケモモソフトを食べてみました。
ちょっと酸味があり、さくらんぼ、いちご、ぶどうの混ざりあったような味がします。(複雑ー(´ω`))

そして、ビーナスラインにはハイセンスな看板があります。
半ば恐ろしく、見ていると笑えてくる独特なうさちゃんに惹かれました。
見かけたら、よろしくね(´・ω・)

さて、長野県と言えば温泉と言うイメージがありますが場所によっては温泉が少ないところもあります。
それが、中央アルプス周辺です。
今回は、下諏訪まで行き温泉を堪能しました。
ぎん月。
受付の対応がドライ。
内湯と露天風呂は別で露天風呂は洗い場がない入るだけ。
ただかなちゅう一人なのでのんびりです。
雰囲気もいいけど民家にある露天風呂なので目の前の柵からよく目を凝らすと、見えます。
風呂に浮かせて占う木札らしいが、よくわからなかった。
とても熱いお湯でした。
加温加水なしの源泉掛け流しだそうです。
きたなかったけど…

山の行程も短くのんびり歩くことが出来ました_(:3」z)_
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ