はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

魚に水を、かなちゅうに肉を

ぐんも٩( ᐛ )و

最近、満たされない。

どんも、負のスパイラルに堕ちているかなちゅうです。

友達と知り合いの境界線

趣味とスポーツの境界線

誰も自分に寄り付かないのか、自分から避けてるのか。

アニメは体の一部なのか、たまたま見てるのがアニメなのか。

色々考えたら腹減る。

先日は焼肉へ。

大人3人でトンちゃん10人前、かしわ2人前、ライス大3つ。
女子関係なく、山盛り飯。
かなちゅうは、ナイーブだな。

こんなかなちゅうですが、どうぞ温かく見守ってください。

憧れの薬師岳

こんばんわ٩( 'ω' )و

眠れねー

なのに日中、めっちゃねむー。

どんも、悪循環かなちゅうです。

続きをサクッと。

20:30に多分就寝し、薬もぐっすり効いて朝は目覚ましの30分前に起床。
薬師岳山荘はありがたいことに廊下の電気がずっとついている。
お陰でヘッデンでゴソゴソしなくていい。
身支度、そしてパッキングして朝食はお弁当を頼んであるので貰って山荘を出ます。
雪渓がすぐにあるので、少し空が明るくなってからのスタート。
ありがとうございました!
キレイで素敵な山荘でした!
いってきます。

山頂へご来光を見に行く人もたくさんいた。
そこが例え真っ白な雲の中であろうと…

下山は急な登りの下りなので慎重に歩きます。
目の前に広がる景色は、やっぱり雄大です。
朝日が間も無く上がります。
まずは1番長い雪渓を下ります。
朝でも心配いらないくらいの雪のしまりでした。
凍結なしです。
ただ踏み抜き注意です。
太陽が出てきました。
黒部五郎岳方面を照らしてます。
この日、友人が黒部五郎岳に登っていたそうです。
山の季節ですね。
最初はずっと雪渓歩きなので時間経つのが早く、また足腰にあまり負担なく歩けて稼げた気分♪
お弁当を太郎平小屋で食べる予定ですがそのことで頭がいっぱいだった。
もっと気持ちに余裕が必要だ。
最後の雪渓。
この先に太郎平小屋がある。(その前にテン場通過)
雲海が奥に見えてキレイでした。
最後の雪渓の最後の最後で道が溶けて踏み抜き崩れました。
すれ違いの人がたまたまいて、ここ危ないですよ!と親切に教えて頂いた後の話。
芸人かっ。
少し登って木道へ。
昨日は長い時間歩いた後だったから余裕なかったけど、おだやかな木道だった。
6:19、1h40min程で太郎平小屋に到着。
前日の登りのタイムからは想像できない速さ。
青空見えてきた。
そして待ちに待った女将の弁当。
人が作ってくれるものってうまいなぁ。としみじみ。
しかもボリューム満点で最高の朝ごはんになった。

そしたらすぐに太郎平小屋から人がたくさん出てきた。
ラジオ体操をやるらしい!
全力で参加した。
そんなかなちゅうはラジオ体操の指導者の資格持ってます。
6:46、出発します。 
前日の辛い思い出を振り返りながら歩きます。
えらすぎて気がつかなかったけど、湿原のようなものが所々にもありました。
どんな時でも、冷静でいたいものですね。
改めて美しさ実感。
えらいけど、たくさんの人が虜になる薬師岳。
来てみてよかったと思った。
ここでかなちゅうにアクシデント。
下山中、ゴロゴロの石で滑りやすくとうとう捻挫しました。
激痛に耐え、熱中症対策のために持ってた緊急冷却剤を殴り、即冷やす。

20分程、のんびり休みました。
おかげてのんびりした景色を撮ることが出来ました。

かなちゅうの足首はずっとやっていた陸上で捻挫し過ぎてくしゃくしゃなので、一時的に痛みはあるものの、歩行可能になる。
ゆっくり下山開始です。
たくさんの人が上がって来ました。
かなちゅう達の下山日は土曜。
土日はたくさんの人でにぎわいますね。
1番きつい最初の登りもゆっくりと下り、無事下山完了。
10:00、お疲れさまでした。
2人でダラダラと駐車場に戻り、ダラダラと整頓していたら、1人の男性がかなちゅうの方へ歩いて来た。

かなちゅうのファンかなぁ。
なんて思っていたらやっぱり声かけられた。
「さっき、そこの道路、こぐまが渡ったので気をつけてくださいね」

優しい。
荷物ぶち込んでまずは即座にその場を離れた。
そして有峰林道一気に下りました。

落ち着いて、亀谷温泉へ。
白樺ハイツ。
ここしかない。
でも泉質もよく、温泉に詳しいおばちゃまがずっと私たちに温泉の説明をしてくれました。
おかげで長湯が出来ました。
ありがとうございます。

そしてゆっくり帰路へ。

三年越しの薬師岳。
達成感いっぱいで、どこの山にもいま行けていませんが、9月頃また山へちょこちょこ行って来ます。

素敵な薬師岳。
とてもオススメの山でした。

薬師岳山頂とご褒美

こんにちは

体力がない。
どんも、ヘロヘロかなちゅうです。

のんびりさせてもらってます。

さて薬師岳山頂に向かうのに随分と時間かかってしまいました。

おおらかなお父さんの言葉を信じ、かなちゅうたちは山頂を目指した。
1h弱で山頂に着くとのことだったので最後の踏ん張りですよ。
ただなんと言っても天候が良くない。
雨に降られることだけ避けられたらいいね。
急な登りは最初のみ。
これ、最初の方です。
あとはアップダウンはあるものの、心拍の乱れるほどの急登などはない。

偽山頂と言われるところも通過。
平坦ではないが登りが少ないために距離が長い。
この景色が見えたら、あとは全力で駆け登る。
14:33、薬師岳山頂に到着です。
ガスーーーー
でも、達成感でいっぱい。
景色も見えなくはない。
眺望は最高。
そして少しねばる
実際見るともっと美しかったのですが、写真でも美しさは伝わるはず。
粘ってよかった。
そして霧雨到来。
短い間でしたが、達成感と美しい雄大な景色をありがとう。
戻ります。
15:19下山完了で小屋に到着。
ギリギリセーフ。
雨降ってきました…
焦ったぜ。

バタバタとしたので、とにかく寝るための身支度を済ませ着替えをし友人爆睡。
かなちゅうはストレッチ2h。

「ごはんですよぉーーーー(´・Д・)」」

かなちゅう達は1番組のご飯隊♡
17:30ご飯です。
やくしって書いてある♡
ボリューム満点♡
で、山盛りご飯と味噌汁をつけるw
実は山小屋ご飯のデビューなのです♡
いつも素泊まりにしてるけど、ご飯、美味しいですね♡
箸が止まりません。

食後は外へ出てみたけど雨は止んだが雲が相変わらず。

でも美しい。

お食事の時に、お隣に座った新潟からいらしたおばちゃまたちと仲良くなり、それからご飯後も2h程立ち話をして盛り上がりました。

20:00にはもうみなさん寝ます。
かなちゅう達も支度して寝ます。
翌日は4:30発で下山予定です。

livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ