はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

2014年01月

里山を歩こう!瑞浪市屏風山!

こんばんゎ


仕事始めで2日目、なんだか頭が働かない・・・
いや、もともと戦力にはなってないことだしのんびり戻していこう。

「覚えたら早いタイプやもんね」

さすが上司。

どんも、遊びもそんな感じでいきたいかなちゅうです


さてさて、元旦は本屋に集まりましたが、翌日は朝急遽決めまして岐阜県瑞浪市にある「屏風山」にいってきましたぁ

屏風を立てたような形に由来するこの山は、標高794m
雪が心配で軽アイゼンを持って遅めの出発

駐車場がわかりにくくたくさんのブログを読みましたがわからずどんどん時間が押して行く・・・
IMG_3283
ここでいいはず・・・
IMG_3284
「座禅の岩」と書いてある看板方面に入っていけば大丈夫ですよ

丁度登山から下りてきたおじさんに駐車場や登山口を聞いたところ、
「ここは登り2hの下り1hで3hは見た方がいい」とのことで、現在13:00の10分前だったかなちゅうは急いで登ることに

大草登山口の南道のピストンで今回は暗くなる前に帰ってこよう作戦
IMG_3285
とにかく急いで登った。
IMG_3287
北道より南道がなだらかだと事前調べしていたので南に来たのだが、結構きついww
IMG_3289
写真ではなだらかにみえるけど、実際は結構登ってたり・・・

いや、今回はかなちゅうがとにかくハイペースで歩いたからだろうか。
年末に行った開聞岳よりもキツく感じたわ
IMG_3290
そして心配していた雪がちっともでてこない。
あれ
IMG_3291
まずは鉄塔を目指すと誰かのブログに書いてあったので目指していくと見えてくる一旦開ける場所。
IMG_3292

IMG_3293
1月2日は風がとっても強かったです。
樹林帯を歩いていると、雨や雪もわからんけど、風はテキメンに分かるよねぇ。

再び樹林帯の中を歩き始めます。
IMG_3295
なだらかに見えるよね。
何度も言うけど、結構登ってるからねww

そしてグネグネと短いトラバースを繰り返すと希望の看板が
IMG_3296
20分なら頑張れるタイムだよねぇ~
この辺りから樹林帯の中でもだんだん風がわかってきます。
IMG_3297
木が寂しくなってくるので隙間が増えますw
IMG_3298
案内看板がたくさんあるので迷う心配はありませんが、駐車場は迷うと思いますww

ここは少し急登になりまして、登り切るとすぐに八百山(標高800m)に到着します。
IMG_3299
景色もない。
山頂感ゼロ。

おかしぃなぁ、屏風山に来たはずなのに・・・

と、少し先を歩いてみる。
IMG_3300
出たっ
「もう少し」看板っ

あっちから見た「もう少し」か、こっちから見た「もう少し」かわからんまんま進む・・・
IMG_3301
少し下ります。

風がかなり強く冷たかったのでかき氷症候群に悩まされながら到着。
IMG_3303

IMG_3305
雪、ねぇーーーーやんっ
IMG_3302

IMG_3306
展望は抜群で、誰かが正月飾りを持ってきててくれたみたい
ほんで、登山タイムが50min
早すぎたっ
下山を夕方に間に合わせたかったんやけど、むしろおやつの時間に間に合ってまうがねっ

でも心配性のかなちゅうは、この後も山頂からの景色を堪能しすぐに下山し下山タイムも40min
ほぼ、走っておりたわ

そんな日もあるさ

熊本の地獄温泉年末記念

こんばんゎ

改めまして、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申しあげます。

どんも、遊び過ぎた正月、かなちゅうです


「今しかできないことがある」

この言葉を武器に過ごした10連休という短いお休み。
体も立派に大きくなり、明日からの仕事、役立たずで御出勤してしまいそうな予感・・・


そんなことは、明日考えよう。


12月31日は、前日の開聞岳の疲れと宮崎までの運転でお疲れで9:30には車で寝てまして翌朝5時頃起床です。
IMG_3231

IMG_3232
夜到着したからわからんかったけど、なかなか景色がいい道の駅で寝てたんやなぁと
体を少し動かしたかったので公園まで散歩
IMG_3233
青雲橋公園から見える東洋1のアーチ橋はとーっても橋脚が長くて感動しました
IMG_3235
幸せの鐘なんてのもあって、朝も早かったのでしぃ~ずかに鳴らして幸せこいこいっ
IMG_3322
今日で2013年が終わる・・・


そんな気持ちで温泉に向かいます・・・
IMG_3259
行き先は決めてませんでした。


ただ、火山帯なのでどこかにあるであろう「源泉かけ流し」が・・・
IMG_3266

IMG_3265
かなちゅうがいつも注目する「日本秘湯の会」か「日本温泉協会」の文字。
ありました。

熊本県にある「地獄温泉 清風荘」
IMG_3261
600円で、たくさんの湯めぐりが楽しめます

しかし受付とは全く別のところにお風呂がたくさんあるので、歩きますよ~
IMG_3262

IMG_3263
そんなにたくさんのお風呂に行く程元気と、気持ちがついていかなかったので「元湯」へ行くことに
IMG_3264
200年以上にわたって湯治の湯として愛されてる温泉だそうで、色も乳白色の硫黄臭でした
お湯も熱からずぬるからずの丁度いい湯加減が良かったです

元湯は昔ながらの石を使った浴槽で雰囲気もとっても風情がありましたよ
IMG_3267

IMG_3268
お風呂を上がったらホーム、岐阜へ帰るために運転でしょ
IMG_3269
2013年、最後の日の入りです。
目覚めたら新しい年の始まりです。


長時間の運転、初めてやけどかなちゅうは景色に感動しなかなか寝付けずほとんどの運転をした。
全然辛くなかった。
途中SAで買った「長崎カステラアイス」
IMG_3270
どこのSAか忘れちゃったんだけど、ここのSA限定みたいです。
カステラの間にバニラアイスを挟んであるんだけど、カステラの甘さにさっぱりとしたバニラアイスがとーってもマッチしてめちゃくちゃおいしかったです
ただし、バニラアイスが固すぎるため、ある程度溶かすことをお勧め

更にSAで太麺のかたやきそばを
IMG_3271
そぉです、今回の九州の旅で食べれるだけのご当地グルメを食した

尾道ラーメン(九州ちゃうw)、名塩コロッケ、黒豚しゅうまい、かきの串焼き、つくね串、ホルモンみそ焼きうどん、馬串、三元豚のかつ丼、長崎カステラアイス、ちゃんぽん。

このくらいだったかなぁ
とにかく食べました
そしてここは現在中国道のSA。
IMG_3272
南アルプスの天然水は、「奥大山の天然水」に
去年、大山登ったけど「奥大山」ってどこのことかとっても気になったかなちゅうです。

そして、かなちゅう運転の中時刻は12:00の15分前。
いよいよカウントダウンです。
IMG_3273
福山なので、広島ですね。

2014年は広島で年を越す見たいです

新年のご挨拶をし、再び走り始めます
そして朝8時頃、伊吹SAに着きました

無事、九州より帰宅しました。

かなちゅうはこのあと、本屋に集まりました。 そんな九州の旅、九州がとっても好きになりました
また行きたいと思える九州でした

「薩摩富士」開聞岳登山!

こんにちゎ~

もぉ何も怖いものはない。
どんも、15時間運転から帰ってきました「あけましておめでたい」かなちゅうです

本年もどぉぞ、よろしくお願いいたします

28日に大好きな山仲間との里山登山の翌日、29日のお昼にかなちゅう邸を出発して九州は指宿にある「開聞岳」を登りに行ってきました

年末年始、バンザイッ
行きは米原までは下道で行き、高速の渋滞にあまり巻き込まれることなく運転をしていきますがなんせ道中長っ
なので、休みながら運転していきました。
ちょこちょことご当地BQグルメをつまみながら、最後にドカッと尾道ラーメンでしめる。
IMG_3036
行きはこれで完璧でした。
そして、「南アルプスの天然水」で全国で販売されていると思っていた商品
IMG_3038
驚きながらなんとか目的地、「かいもん山麓ふれあい公園」に到着
かなちゅう邸をp.m13:00出発、a.m4:30到着で死んだように仮眠

しかし一向に太陽が開けずやっと太陽が登った時刻は7:20
IMG_3039

IMG_3040
準備をして出発します。
登山道へ行く道が2つあります。
のんびり歩きたい方は、登山道①新入山ルートを、そして勾配やや急だけど距離が短い登山道②既存入山ルート。
IMG_3042
登山道②既存入山ルートから行きましたが、あとからわかったことだけど全然勾配はキツくないので少しでも早目に到着したい方は登山道②既存入山ルートへ
IMG_3045

IMG_3050
霧島火山帯に属する火山で、昔は激しく噴煙と溶岩を噴出していたみたい。
今は、活動を停止してるみたいだけど、名残として周囲には温泉もあるし指宿温泉の砂むし風呂もあるみたい
少し歩くと登山口にきます
IMG_3051

IMG_3052
目安が書いてあるからわかりやすいね
しかも日帰りでいけちゃうお手軽な登山
IMG_3054

IMG_3055

IMG_3058
どぉしてこぉなったのか、全然わからんけど、地形の変化がやけに面白い。
そして、根がむきだしなのにシッカリと立ってる木が独特の雰囲気を作り出す。
IMG_3061
景色を楽しむといっても、樹林帯をひたすら歩きます。
2.5合目という謎の地点。
IMG_3063
アルプスや過去に行った山とはまた違って九州らしさ(どんなんや?)があって、あっとゆう間に3合目に到着する
IMG_3067

IMG_3071

IMG_3072
決して平坦ではないけど、かといってものすごい急登でもないため心地よく登山が出来ます
ただ、足元にゴロゴロと丸い石がいっぱい落ちてるのでグネり覚悟
IMG_3074

IMG_3076

IMG_3078

IMG_3079
この石段を上がり、少し歩くと第4救助ポイントであり絶好の見晴らし場でもある5合目に到着する
IMG_3085

IMG_3093

IMG_3081
少し上がるだけでこの景色。
ここで引き返してもいいくらいの超絶景に感動っ

でもそんなもったいないこと言わないで更に上をめざしましょう
IMG_3099
土が赤ぽくなる。
IMG_3101

IMG_3102

IMG_3104

IMG_3107
7合目を過ぎたあたりから徐々に景色が見えるようになってくる。
IMG_3108

IMG_3113
そして救助第3ポイント。
IMG_3115

IMG_3118
大きな岩があるところは、どこまで落ちてまうんやろうと心配してまうほどの穴があったり、ロープがしっかりついてるところもあったりと動きはとっても面白い
IMG_3119

IMG_3120
8合目からは少し間隔が長く感じた。
平坦ではないけど、さすがに樹林帯に飽きてきたのだろうか
IMG_3124

IMG_3129
9合目辺りからはこんな景色が見える。
海がない県育ちのかなちゅうにはこの大きな水たまりが、湖に見えてしまうけど、海岸沿いはちゃんと波が立っていて異境地感が不思議な感じにさせる
そして9合目辺りからは、ゆっくりぐるぐると円を描くように登っていく感じがわかる
IMG_3131
有名な長ーい梯子。
ロープが過去に登ったどの山よりもしっかりしていて安心するが、変わりに梯子が木でもろく揺れる
IMG_3140
そして「山頂まで52m」という細かい案内が少し笑える
1キロと書かれていてもピンとこないけど、52mは全然わかりません
IMG_3141
そしてここを上がり切ると・・・
IMG_3146

IMG_3147

IMG_3151

IMG_3152

IMG_3170

IMG_3202

IMG_3211
独立峰なので遮るものはなにもありません。
2時間30分、山頂に到着です

標高924mは百名山の中ではつくば山の次に標高が低い山。
でも標高差は750m以上あるので登り甲斐もある
小春日和かと思うくらいの気温が丁度よく、気持ち良く山頂を目指し登頂することができました
IMG_3173
そしてとりあえず何ご飯かわかりませんが、いただきましょう
IMG_3176
池田湖とカップヌードル。
誰よりもガケ付近に行きました

お空がだんだんと暗くなり、細かくポツポツきましたので急いで下山です。
樹林帯はほとんど雨を感じないので、レインやザックカバーも度合いを見て装着しようとそのまま退散しましたぁ
IMG_3204
下山はまた眺望が良いので、見とれて歩くと危険なので気をつけてねっ

6合目辺りではもぉすっかりこの天気
IMG_3180
一時的なものでよかったなぁと思う気持ちと、空を見上げたときのこの新緑感っ
これから夏でも迎えるのかしらと、体感温度的にも錯覚を起こしてしまう程の穏やかさです

そして2h10min、下山完了です
ほぼ予定通り
IMG_3181
帰りもキレイな「薩摩富士」を見ながら
IMG_3183
そしてち富士山の世界遺産登録にあやかっちゃてる、ちゃっかり薩摩富士

暑いので薄着になり、登山バッチだけ購入しここを後にする。
温泉は、「ヘルシーランド露天風呂」を目指す
IMG_3185


IMG_3187

IMG_3186
なんたる常夏感
見ての通り、穏やかな空気でしたよ
IMG_3188

IMG_3189
源泉かけ流しでした。
そして目の前が海との水平感がたまらない大パノラマ露天風呂です
日替わりで男女入れ替えだそぉですが、かなちゅうの入った風呂は竹山と海が絶景の洋風露天風呂という方にはいりました。 泉質は塩化物泉で、くちについたのをなめると塩の味がします
500円です、よかったら行ってみてね(遠いww)

帰りは桜島を見ながら、友達のお土産に鹿児島限定の「薩摩維新」を購入しスッピンでイメージガールww
IMG_3192
限定物に弱いかなちゅう
IMG_3222
コンビニからこんな景色が見えちゃうのって素敵よねぇ~・・・
IMG_3226

IMG_3227
SAによって晩御飯を食べる。

九州らしい三軒豚のかつ丼。
IMG_3228
2切れで胸やけなのに食べたい欲求に駆られたばっかりに辛かった・・・
翌日は日之影(宮崎県)へ行くので、鹿児島から7時間の運転です
夜寝る予定の道の駅「青雲橋」手前の道の駅「高千穂」の夜の光景にちょっと・・・
IMG_3229

IMG_3230
ここでは絶対に寝れん・・・

道の駅「青雲橋」で車泊

9:30にはすっかり眠っていました。
素敵な登山が出来たので本当に良かった
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ