はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

2014年05月

里山を歩こう!鳩吹山

こんばんゎ~


かなちゅうは、フネさんのようになりたい。


どんも、まだまだ未熟なかなちゅうです

この週末は、お友達に岐阜県可児市にある「鳩吹山」に案内してもらいました
8:30に湯の華アイランドに集合。
2014-05-10-08-27-18
かなちゅう、初めて来ました
友達と少し早目に合流して、歩きだします
2014-05-10-08-28-36
キレー
2014-05-10-08-29-43

2014-05-10-08-31-09
青々と茂る新緑が、夏の訪れを感じさせてくれる
2014-05-10-08-35-18

2014-05-10-08-45-34
け、毛虫多っ
この日は、最高気温27℃まで上がるそうで、暑くなるなぁと思ってたけど風も強かったので適温でした

色んな話をしながら、休憩所に到着しました。
2014-05-10-08-49-17
ここからは、御嶽山や、中央アルプスが見えるそうですが、この日は春霞がひどかったのか見えませんでした
2014-05-10-08-49-31
御嶽山はうっすらみえます

ここまできたら、もぉひと踏ん張り。

標高313m、金華山とほぼかわらない標高で山質もとっても似ている
2014-05-10-08-52-16
ここからは、20分くらいで山頂に着きます。
最初はちょっと急登って感じたけど、この辺りからなだらかになります
2014-05-10-08-52-33

2014-05-10-08-53-36

2014-05-10-08-58-04

2014-05-10-09-00-26

2014-05-10-09-04-46
40分で山頂に到着しましたぁ
予定より早かったぁ
2014-05-10-09-05-50
テーブルとベンチがあるので、景色もいいしご飯をここで食べてもおいしそう

でも、火気厳禁なのでみなさん注意ですよぉ

結構早くついたので、少し先を歩いてみることに。
2014-05-10-09-06-44
西山まで行くと、時間が結構かかるみたいです。
2014-05-10-09-11-27
道、見えますか
あそこまで行くと厄介なので、もどります
2014-05-10-10-27-20
山頂のテーブルでおしゃべり
っていうより、かなちゅうの話をたくさん聞いてもらっちゃったんですけどね
頼れる、お姉さんだけど優しいかなちゅうの大好きなお友達
いつも、ありがとう

下山はすたこらさっさと早いもんです
2014-05-10-10-45-08
下山したら11時。
2014-05-10-10-57-55
車も満車になってる・・・
すごい人気。
最近増設してリニューアルした湯の華アイランド。
2014-05-10-10-59-24
魚太郎という所が有名だそうで、そこの海鮮丼を食べるため湯の華食堂へ行くのですが・・・
2014-05-10-11-00-05
なんだこの列っ
どぉやら、開店したばかりぽいのですが、食券機が1台しかないのでその行列みたいです
しかしすごい人気・・・

かなちゅうは海鮮大好きなので、鉄火丼を食べる。
2014-05-10-11-18-00
なぜだろう、お腹が膨れなかった・・・
そしてメニューにアサリ入りの料理が多かったのできっとアサリ押しなのだろう

ささっと食べ終わって、初めてはいる湯の華市場へ行ってみることに
そこはスーパーだった。
そしてお魚市場もありましたが、かなちゅうはお魚が触れない・・・
2014-05-10-11-57-21
この日のどんびき写真
もぉちょっと開き方考えてやろぉぜ・・・


かなちゅうは、養老ミートの豚ホルと、おぼろ豆腐を購入。
2014-05-10-13-11-25
安かったです。
食通ではありませんが、美味しいものはたくさんたべたいです
やみつき塩ホルモンは、少し臭みがあるのでクセのあるものが苦手な人はご注意

お昼12時に解散しましたが、かなちゅうは高速使って1時間かけて帰宅。
お手軽な山と、下山後も楽しめる新たなスポットを知ることが出来た

ありがとう

のんびりハイクをされたい方は、ぜひ行ってみてください

金山沢ボルダー4Qのお話

こんにちゎ~


友達から聞いた。
「ヤモリ」は、家を守ると書いて「家守(ヤモリ)」
家の中のクモやゴキブリなどを食べてくれるそうです。
気になって調べた「イモリ」は、井戸を守ると書いて「井守(イモリ)」
田んぼや井戸の中の人間にとってあまり好ましくないものを食べてくれるそうです。


どやっ!!!
うんちく受け売り、かなちゅうです

GW瑞牆山下山後、金山沢ボルダーの記事を上げる予告をしていたのに酒呑み登山記事が先行してしまい申し訳ございません

金山沢ボルダーのコト。
下山完了したかなちゅう達は、瑞牆山荘で購入したカップラーメンをまず金山沢ボルダー入り口で食べることに。
2014-05-04-11-35-33
日差しは強かったけど、前日よりカラっとしていたのが気持ち良く、木陰でのカップヌードルは最高

食べたらすぐにエリアへと向かう。
このエリア、アプローチがちょっとばかし遠いのが難
2014-05-04-11-47-03
しかし、崩壊した橋は直され、さらに渡りやすくなっておりありがたかったです
暑さでとても登山靴で歩く気になれなかったので、KEENのyogiで行くがめっちゃ足に砂、石っ
2014-05-04-11-54-43
そしてこの青空が憎い・・・

15分くらい歩くとエリアに着く。
手前のエリアではなく、奥のエリアです。
2014-05-04-12-14-59
かなちゅうは、前日からの眼精疲労で頭痛が治まらずサングラスが欠かせない。
そして登山の疲れから、日差しも熱く眠くなってくる・・・

かなちゅうも以前からうとうと思ってた4Qの課題(名前、忘れた)
2014-05-04-13-19-30
この隣面にある「銀嶺の人 3Q」は以前来た時に落としてある
かぶり課題は好きだけど、岩質が小川山に似ててなんだか滑りそうってビビって前回はやらんかった

どんも、チキンかなちゅうです
2014-05-05-09-22-27
サングラスしてイカしてんのか、スカしてんのか。
違います、眼精疲労防止ですっ

マッチスタートはガバ
2014-05-05-09-22-25
から、薄いガバだけど指3本入りますねん
2014-05-05-09-22-16
右手のクラックが結構奥にあるので、デッドの際は見えません。
気をつけて
2014-05-05-09-21-48
とはいっても基本はガバでスタンスも良い。
2014-05-05-09-22-01
ジムナスティックな課題ですね
2014-05-05-09-22-10

2014-05-05-09-22-21
上部はチキンハートがでやすいので、かなちゅうのマントルは腹スメアが多く、ヘソピがひっかかる核心がボチボチ・・・
2014-05-05-09-22-05
オンサイトで金山沢ボルダー4Qゲットです
ジムナスティックを狙ってる方はオススメです

あまり余力がないのか暑いのか不調だったため2時間程度でボルダーは終了しました
それでも瑞牆山登山から金山沢ボルダーをやる人もそぉそぉいないでしょう
そして2日連続、増冨の湯
2014-05-03-16-25-56
相変わらずすごい人・・・

帰路はのんびり岐阜へ
帰りに「びっくり市」に野菜を見に行って、きゅうりを購入。
2014-05-04-15-58-47
びっくり市からは、目の前に八ヶ岳がすっごく大きく見える。
眺めの良い、野菜市場です

そして高速に乗りお腹が空いたので八ヶ岳SAで食べるカツカレー
2014-05-04-16-50-16
どぉして山を登った後は、カレーが食べたくなるのだろう。

目の前にはこれまた見応えのある八ヶ岳を眺めながらのんびり夕食です

スムーズにいけば夜のうちに帰れたのですが、なんだこの睡魔・・・

SA→PA→PA・・・
1つづつ入っては寝て、入っては寝て・・・

で、結局トータルで高速で11時間くらい寝てたという

朝7時、無事家に到着しまして
洗濯して、チーズケーキを作った話につながるのですね


頑張り屋さんです
褒めてやってください。


さて、たっくさんブログ書くことあります。
この週末のことをまた書きまーす



いつも読んでくださる皆さんへ、本当にありがとうございます。



GW最終日の金華山

こんにちゎ~


珍しく土曜の昼下がりに家に居るのでブログを更新
どんも、過ごし方がわからないかなちゅうです

朝から美濃加茂にある山に行ってきたのですが、それは別のブログで

GW最終日に、仲良し3人でかなちゅうのホーム、金華山へ行ってきました
2014-05-05-13-12-25
前日は雨だったので、どこへも行けないのでかなちゅうはベイクドチーズケーキを焼いて明日に備える・・・

翌日は、快晴で最高の登山日和。
いつもと景色が違うのですが、今回の登山は交通機関を使って行く。
2014-05-06-08-49-00
 バス停まで歩き、JRのターミナルでみんなと待ち合わせ
2014-05-06-09-11-02
合流したら、岐阜駅からは12番13番ならどっちでも良いそうで「岐阜公園歴史博物館前」へ2014-05-06-09-41-16
横断歩道渡ったら、ロープウェイ乗り場につくのでそこから「瞑想の小径」を歩く。
2014-05-06-09-46-46

2014-05-06-09-49-36

2014-05-06-09-55-46
たくさんの登山客が上がってくる。
金華山の中では一番なだらかな道ではないかなぁと思う
家族やカップルもたくさん登ってる
2014-05-06-10-01-29

2014-05-06-10-08-32

2014-05-06-10-14-42
登山渋滞
東坂ではそんなにおきんけど、さすが人気のコースです
2014-05-06-10-25-47
岐阜市を見渡す。
かなちゅうの、ホーム。


1時間くらいすると、山頂に着きます。
山頂は、混雑
2014-05-06-10-41-11
 
2014-05-06-10-48-28
あかん、座れへんやん 

山頂にはいつもの10:30組がいて、かなちゅうの相手をしてくれた。
お友達も紹介出来た

実は、かなちゅうはこの日ザックにコーヒー10本と、チーズケーキを持っての登山
みんなに配ってスッキリかなちゅう

お礼にと、チャンチンもどきと無患子(むくろじ)のブレスレット。
2014-05-06-10-58-37
 他にもはなまめのキーホルダーにはんかちの実のキーホルダーと逆にたくさんもらってしまった
ありがとう

そして友達には、かなちゅう特製のチーズケーキ
2014-05-06-11-16-27
自分で言うのもなんですが、やっぱり、すっごく美味しかった
自分をほめてやることが一番
晩ご飯もお弁当も自分でほめるっ(涙)
2014-05-06-11-23-25
さて、すごい人になってきました・・・
あまり人ごみが得意でないので、さっさと撤収しましょう
2014-05-06-11-44-37
ところでかなちゅう達、今回はなぜ交通機関を使って金華山へ訪れたというところだ

岐阜は駐車場も広いし確保されとるし、交通機関を使う方が自由利かない。
2014-05-06-11-46-22
ゆっくり1時間かけて登り、ゆっくりと下りバスに乗り向かうは岐阜駅周辺(玉宮周辺)
2014-05-06-13-00-55
昼間から呑めるお店を探し。。。
2014-05-06-13-06-42
みんなで乾杯っ

このタメでした
登山した後のビールっておいしいよねぇ
交通機関使ってるからみんなが呑めるしおとがめなしっ
2014-05-06-13-13-38
いろーんな話に華が咲き、14時頃にはなんだかふんわり・・・

そして向かうはカラオケ


店員は言った

「少し大き目のお部屋となっております」 
 2014-05-06-14-31-35
いやいやいやいや、デカ過ぎやからっ

部屋の使い方わからんわっ
2014-05-06-14-50-01
で、ここでも呑んで歌う事3時間

登山もして、昼から呑んで、カラオケして・・・

最高のGW最終日でしたぁ

みんな、ありがとうっ 

GW2日目:瑞牆山登山

こんばんゎ~


昨夜、焼きそば食べたの忘れて、また焼きそば食べた。

どんも、お疲れかなちゅうです
やっと休みだーーーーーーーーーーっ (って休んだばっかーーーー


さて、前回の瑞牆山ボルダーの翌日は起床4時で瑞牆山登山に行く。

駐車場の混雑が予想されたので、すぐに移動し一番高いところにある駐車場を確保
朝食と準備をさっさと済ませ、5:20いざっ
 2014-05-04-05-16-45
かなちゅうの瑞牆山登山は3年ぶり。
前回は、不動滝ルートからの周回を6h30minかけて行った。
今回は、瑞牆山荘からのピストンを予定している
2014-05-04-05-32-45
すでに空は明るく、ヘッデンは必要なし
2014-05-04-05-38-46
前を見ても後ろを見ても、たくさんの登山者が既に歩き始め富士見平小屋を目指す。
 2014-05-04-05-46-23
前日の夕方、突然厚い雲が来て心配したが、見事な快晴っぷり
2014-05-04-05-46-36
前日よりもカラっとしてて、気温もちょうど良いまさに登山日和なのです
2014-05-04-18-55-07

2014-05-04-05-58-07
ぞろぞろとみなさま富士見平小屋へと吸い込まれる。
1時間弱で着く
長袖フリースを脱ぎ、Tシャツにフリースベストにアームウォーマーで適温

富士山もバッチリ見えました

富士見平小屋の左面を行けば瑞牆山、トイレを越えていけば金峰山へ。
2014-05-04-06-04-19
 かなちゅうは瑞牆山を目指す。
2014-05-04-06-20-11
気温が低いのと、今年はこちらの地方は降雪が多かったために雪もまだ残っているし地面も凍っとる
2014-05-04-06-20-09
小川山と瑞牆山の分岐辺りから一旦下りが待ってるが、その下り辺りからアイスバーンは危険を増しなだらかなところで軽アイゼン装着
この日のかなちゅうの軽アイゼンは、そろそろゆうこと聞いてくれないワガママなヤツになってた。 そこから桃太郎岩手前の、天鳥川までアイゼンを装着して歩く。
5月の山はこんなもんだろう。
2014-05-04-06-35-28
ここから瑞牆山は一気に楽しくなる(と、個人的に思う)
2014-05-04-06-57-00

2014-05-04-07-09-21
荒々しい感じがかっこいい
1つ、伝えたいこと。

かなちゅうはボルダーだから岩がかっこいいと思うのではないので。
2014-05-04-07-13-07
たまに見える富士山が元気をくれる。
そして、関東圏にいることに気付く
2014-05-04-07-17-35
またまた名所の「大ヤスリ岩」
山全体が花崗岩で形成されてる瑞牆山。
とにかく岩
2014-05-04-07-33-31
山頂直下はアイスバーンでまだまだアイゼンが必要ですが、軽アイゼンで構いません。
4本爪の方もいらっしゃいました。
見とるこっちがヒヤヒヤする
2014-05-04-18-54-00

2014-05-04-07-38-58

2014-05-04-07-41-09
山頂直下の案内看板は、まだこんなに埋まってます。
全部氷でした。
2014-05-04-07-41-58

2014-05-04-07-42-01

2014-05-04-07-42-07
最後のロープ場ですが、ロープが埋まってる部分もあるので気をつけてっ
そしてめっちゃ滑るっ
2014-05-04-07-45-08
これが瑞牆山のゴールデンロード
何気に一番怖かった部分かも・・・
傾斜が急で、梯子周りはチュルチュルの氷です。
2014-05-04-07-46-21

2014-05-04-07-47-25
2h30min、山頂に到着しました
2回目の瑞牆山は眺望が最高っ
1回目はガスってて見えんかったから、大パノラマをやっと味わえましたぁ
2014-05-04-07-51-19

2014-05-04-07-51-23
八ヶ岳・・・
2014-05-04-07-52-57
かなちゅうの大好きな南アルプス
2014-05-04-07-53-15
こちらは昨年のバースディ登山で行った金峰山と、右は3年前に行った富士山。
2014-05-04-07-48-57
どっちも行ったことのある山なので、なんだかとっても嬉しかったです


北アルプスも、御嶽山も、ハッキリ見える最高の天気
そんな景色に酔いしれてると、とってもかわいい登山客がっ
2014-05-04-18-54-44
ボストンテリアのニコちゃん
おとうさんとおかあさんに頼んで抱かせてもらいましたぁ
自分の足で、この標高2,230mの水牆山を登ってきたそうです・・・

聞くに、登山歴は2年強。
2014-05-04-08-15-50

2014-05-04-08-15-21
後ろに見える八ヶ岳のうち、権現と蓼科山も登った大ベテラン。
蓼科山はかなちゅうと同じコースを登っていたらしいが、かなちゅうでもキツかったのに本当にすごい
2014-05-04-08-14-47
かわい過ぎて、萌え死にするとこだったので、30分くらいご一緒させてもらって下山しました。
ありがとうございました

ニコちゃん、またどこかの山で
2014-05-04-08-34-14
山頂はたくさんの人でにぎわってきました。
2014-05-04-08-34-39
さようなら、山頂
2014-05-04-08-35-14


下山は早いもんです。
アイスバーンにビビって、絶対にタイム伸びると思ったのに気温が上がりアイゼンが効きやすくなりむしろ早いっ
2014-05-04-18-55-55

2014-05-04-18-55-29
桃太郎岩でアイゼンを外す。

やっぱり、沢はキレイ・・・
2014-05-04-09-35-56

2014-05-04-09-35-36
ここで軽アイゼンを外すけど、最後にピストンだと登りがあるのでもう1度だけアイゼンを装着する。
ゆうこと聞かないアイゼンをね・・・・
2014-05-04-18-55-14
そして富士見平小屋通過し、戻ってきました。
2014-05-04-18-55-50
10:30、下山完了
山頂であんなにのんびり遊んでも、まだこの時間。
なんだかもったいないなぁと思ったボルダーをする事に。 瑞牆山荘で山価格(でも安い)200円のカップヌードルを購入し、登山であったまった体で金山沢ボルダーをうちに行くことに

でもそれはまた次回のお話にします

素敵な山です、ぜひみなさん行ってみてくださいねっ



 

GW初日瑞牆山ボルダー

こんばんゎ~


仕事始まりましたねぇ


どんも、明日は金曜日
休みが待ち遠しいかなちゅうでぇす。


このGWは土日とかぶって、なんだか損した気分
これで3年連続の山梨県は瑞牆山

初日はボルダーです
前日は簡単なものを食べてと思ったけど、なぜか春野菜のグラタン
2014-05-02-20-27-05
新じゃが、新玉、大根、菜の花に豆乳でホワイトソース作る。


なに凝ってんだか


で、金曜の夜に出発し明け方の南アルプスと八ヶ岳を拝む・・・
2014-05-03-04-34-55

2014-05-03-04-34-24
かなちゅうの大好きな南アルプス。
早く登りたいなぁ。


明け方から登ろうと思ったのですが、かなちゅうはエリアに近付くと眠くなる。
そして眠る・・・

気付けば・・・
2014-05-03-12-20-27
すっかり明るい
いつものこと(笑)

さて、10時前まで寝てたかなちゅう、始動っ

今回は珍しくうちたい課題を選んできました。
瑞牆グレードは現在3Q。
欲張りかなちゅうさんは、1Q「祭りの花」に決めてきた
2014-05-03-12-05-30
デッか
予想外のデカさと、大の苦手なフェイス
おまけに細々したホールドで予想外過ぎて、「絶対かなちゅうが苦手なやつや」
とブツブツゆってた。


しかし触ってみると、意外とイケるじゃないのかなちゅう2014-05-05-09-21-52

先日、京都笠置ボルダーで1Qクライマーになってからなんだかふんわり自信がついているこのヒト。

右手首も相変わらず捻挫しっぱなしでテーピングでごまかし
2014-05-05-09-21-36
スタートは右カチと左手でピタっとバランシーに、左チビガバとりに行く。
2014-05-05-09-22-03

2014-05-05-09-21-40

2014-05-05-09-22-08
右手のカチが取れたら躊躇なく飛ぼう!

180センチあるおにいさん、そのご友人、3人でぐるぐるセッション
右足に乗るのが核心だった。
2014-05-05-09-21-38
右足が決まって、左手をリップに
これはどぉやら、右手がしっかり持てていれば足は残るっ
2014-05-05-09-21-57
「落ち着いて!」
と、セッション中のおにいさんからの激励
2014-05-05-09-22-18

2014-05-05-09-21-54
男性陣押しのけ、1抜けで「祭りの花 1Q」ゲット
2014-05-05-09-22-12
これで、瑞牆グレードも1Qになりました
すごーーーーーーーーっ
京都笠置に続き、苦手系でのグレード更新は普段登っていないかなちゅうにはとっても自信につながりました

「右足が絶妙だったねっ!」
と、褒めていただけました

その後、セッションに混ざったおにいさんに
「かなちゅうさんですよね?」
と声を掛けてもらった。

かなちゅうは、なんだか朝1のこの課題で満足してしまいこの日は終了~っワラ
まぁ、右手首の捻挫もあることだし、無理は禁物ということで
2014-05-03-11-02-38
指皮もこんだけしか減ってない(充分減ってます)

2014-05-03-11-02-52
右手首も、負担ない(もともと負担大きいです)

2014-05-03-11-03-03
この快晴の元、なにも触らないのはもったいないけどいっか。


2014-05-03-13-11-08
お昼は、南アルプスの天然水がダバダバ流れる沢でカップヌードル
本当にこっちは川の水がキレイで冷たい

6時頃まで登り、一旦温泉に入るため駐車場を去る
増富の湯へ行った。
2014-05-03-16-25-56
瑞牆の駐車場の売店で50円引きの割引券がおいてあります。

700円→650円で、ありがたい

2014-05-03-18-10-25
キャンパーも多く、お天気が良いのですごくキレイな夕焼けだった。
そして、洗ったばかりの髪の毛はすぐにスミの匂いとなった。。。


晩御飯に。

お昼ラーメン食べたけど、こぉゆう日は荷物を減らしたいもので我慢する。
2014-05-03-18-33-12
COCO壱のカレーうどん

汁、飲むこと忘れとって気持ち悪くなった。 丁度、いつも豊田で仲良くしてもらっているご夫婦に遭遇し、晩御飯をご一緒させてもらうことに

そしてすごいお酒強・・・
あっぱれな呑みっぷりと、仲の良さ。

ありがとうございました。
また、絶対、どこかで会うでしょう、よろしくお願いします

かなちゅうは朝からものすごい紫外線により眼精疲労・・・
吐き気を催す程の辛さから夜ふかしできず先に就寝。 翌日は4時起床で瑞牆山登山です

それはまた次回



livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ