はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

2014年06月

憧れの鳳凰三山3

こんばんわぁ〜(・ω・)ノ

やっと2ピーク目に着いた鳳凰三山ブログ。
とうとう三部目突入。


どんも、ひっぱるかなちゅうです。
いや、むしろ書ききれん。


酸欠と熱中症になったかなちゅうはここから意識朦朧登山が始まる。
2014-06-14-12-50-10

しかしね、観音岳から薬師岳まではそんなに時間かかりません。
しかも、途中で出会ったお兄さんの言ってた通り、アップダウンが非常に少ないため、鳳凰三山では唯一休める歩行かと思う(´・_・`)
2014-06-14-12-50-18
2014-06-14-12-54-01

気持ちのいい稜線歩きとは正にこのこと。
2014-06-14-13-00-22

隣には南アルプスがずーっとついてきてくれる。
2014-06-14-13-01-00

北岳はやはり怖いなぁと思える。
しかし、憧れの山。
今年、行きたいな。
2014-06-14-13-09-54

しっかりここで呼吸と心拍を整えながら歩く。
風も抜けて気持ちがいい。
きっと日帰りでなければもっとノロノロと歩き、止まっては歩きを繰り返すのだろう。


そんなこと、しとれんっ(´・_・`)!!
2014-06-14-13-15-51

気持ち良い稜線歩きはアッという間。
2014-06-14-13-18-11

薬師岳に到着です
2014-06-14-13-19-43
2014-06-14-13-19-46
2014-06-14-13-19-38

スタートから約9h。
本当によく歩いた。

しかし!


降りなかんっ!!!



2014-06-14-13-19-40

下山道はスプレーしてある。
でも基本わかりにくい。

ここで15分程休んだら、13:30下山開始です。
朝4:30登山開始してから、下山に至るまで9時間。
人生初の行動タイム。しかしまだくだらなければならない。
2014-06-14-13-21-11
2014-06-14-13-42-22

下山に使った中道はまだ雪が残ってるが、軽アイゼンは不要です。
雪が腐っててハマったり滑ったり。
でも、さすがに足に力が入らなくなってきた…
2014-06-14-14-16-45

休憩を取るも道のりは長い。
そして、下山も急(笑)
2014-06-14-15-02-53

自然と涙がこぼれてきた。
そして、弱音もポロポロ出る…
辛かった…
2014-06-14-15-38-02

薮になった。
休みたいのは山々なのだが、以前にマダニにやられた関係で薮は恐怖。
一刻も早く抜けたい。
なのに、しばらく続く…
2014-06-14-16-09-25

休憩をとりながら、この薮では歩いてきたオベリスクを眺めることができる。
振り返ると涙が止まらなかった…

「よくあそこまで行ったなぁ…」

目印となる壊れた小屋に到着。
ここからあと35分で着ける…
2014-06-14-16-33-35

靴があわないので、擦れて足の裏がビロビロになってるのを感覚で悟る。
2014-06-14-16-33-36
2014-06-14-16-34-21

と、思ったが、予定外の増水のため、次の青木橋を渡って下さいと書いてあった…2014-06-14-16-35-20
2014-06-14-17-02-06
2014-06-14-17-18-22
2014-06-14-17-18-25

あるけど歩けど着かない青木鉱泉に、また涙が出てくる。
足が棒になるとはこのことだ。
2014-06-14-17-19-26
2014-06-14-17-24-42

巻道約30分程して17:30、青木鉱泉のPに帰ってこれましたぁ(o_o)
13h、本当にお疲れさまでした!
私はもう、ウゴケマセンっ!!

青木鉱泉にまだ入浴出来るか確認しokとのこと1000円払ってバスタイム♡
2014-06-14-17-39-04

貸切最高!
お湯もサラサラしてて、一日の汗や砂をキレイに落とした。
何日ぶりかにお風呂したみたいに、髪はきしんで体はベタベタやった(´・_・`)
2014-06-14-17-40-14

外からも丸見えなすこし解放的なお風呂でした(笑)

日の入りに帰ってこれるか心配したけど、無事ヘッデンを下山に使用することなく帰れました!

ここからゆっくり岐阜に帰りますが、かなちゅうは疲れ過ぎて全く眠くない。
しかし異常な寒気がかなちゅうを襲う

下界順応は八ヶ岳SAの八ヶ岳開花丼!
2014-06-14-19-30-10

食べ切れず…


朝4時、自宅に無事着きました。


■鳳凰三山は、南アルプス入門編と言われ、手軽に楽しめると思われがちだが今回のドンドコ沢ルートはオススメしないかも。
夜叉神峠からドンドコ沢に抜けるルートはよく初心者コースで案内されてるしそちらの方が地蔵岳のキツイ砂場の急登を行かなくても良いので割とましかな。

山小屋泊をオススメします。
雑誌等も山小屋泊をオススメしてます。
日本第二位の高峰北岳の眺めは最高!

もう一度、今度はのんびり来たいなぁと思った素敵な山。

少し早めでしたが、最高のバースデー登山になりました

憧れの鳳凰三山2

こんにちはぁ〜( ´ ▽ ` )ノ

まだ、辿り着かない鳳凰三山日記。
どんも、早く登頂したいかなちゅうです。

鳳凰小屋、スタートしました。
2014-06-14-09-43-39
2014-06-14-09-49-38

いきなりまた急登です。

ここまでに下ったのは、巻道で2回程であとは急登。
しかし、やはりアミノ酸のお陰か疲れてない(笑)
2014-06-14-09-52-23
2014-06-14-09-54-05

2014-06-14-10-09-54

景色が変わった。
ここからが、いよいよ地蔵岳へのアタックとも言える過酷な砂場。

しかも、乾燥してるので足をとられる。
2014-06-14-10-16-36
2014-06-14-10-28-06
2014-06-15-07-48-22

そしてまた急登…
この地点で登り6hくらいですね。
さすがにこの砂場で体力持ってかれました…
2014-06-14-10-36-46

オベリスクが元気をくれる。
風は強かったが対流している。
2014-06-15-07-49-09
2014-06-14-10-43-18
2014-06-14-10-57-08

いよいよ南アルプスの象徴、オベリスクに到着です!
2014-06-14-10-53-00

名の通り、お地蔵さんでいっぱいです。
そしてオベリスクはどぉやら登れるらしいがかなちゅうはお地蔵さんの前でご飯食べる。
2014-06-14-10-58-38
2014-06-14-10-57-32

雲は早く、観音岳ピークが見える。

オベリスクは数人チャレンジしていたが見た全員が敗退してきてた。
ムチャはよそう。
ここで、予定外のタイムロス。
まだ2ピーク行かなくてはという気持ちと、まだ工程の半分にしか来ていないのに時刻は12時前。
焦る気持ちが歩きに出てしまった…
2014-06-14-11-21-21
2014-06-14-11-22-58
2014-06-14-11-24-03
2014-06-15-07-47-58

鳳凰三山に行きたかった理由はオベリスクを間近で見たかったのと、賽の河原を見たかった。
このお地蔵さんの数…

見れて感動した
2014-06-14-11-54-03
2014-06-14-11-48-01
2014-06-14-11-52-28
2014-06-14-11-58-37

道に迷いながら観音岳を目指す。
鳳凰三山は、案内看板が少ないので、大事な分岐に欲しいとこだ。
そして地図を見ても全然わからないような踏み跡があったりなかったり、地蔵岳から観音岳の稜線に上がるのにかなりかかった。
2014-06-14-12-01-22

岩稜歩き。
アップダウンが激しいのと、晴れ女の日差しがジリジリと焼きつき、暑かった。
2014-06-15-07-49-01

良い稜線なんだけど、アップダウン…
いらん…
2014-06-15-07-48-54
2014-06-14-12-43-47

そしてまた始まる砂の急登(´・_・`)
さすがに萎えた…

すると後ろから超早いお兄さんが!!

夜叉神峠から地蔵岳のピストンだそうで、今帰りだという。
「ここが最後の難所で、観音岳から薬師岳はほとんどアップダウンもなく風も抜けて気持ちぃですよー」


神に出会った。
この情報のお陰で胸を撫で下ろした。
2014-06-14-12-23-02
2014-06-14-12-28-47

立山の雄山に行くような岩の登り。
2014-06-14-12-44-59

そこを越えて、鳳凰三山で一番高い観音岳ピークに到着。
2014-06-14-12-46-49

観音岳からオベリスク方面。
2014-06-14-12-49-05

ここで、少し呼吸を整えて、薬師岳へ向かうことにした。

酸欠と熱中症になり、呼吸が乱れ始める。
この続きはまたのブログで( ´ ▽ ` )ノ

憧れの鳳凰三山1

こんばんわぁ(・ω・)ノ

※今回のブログはかなりの長期戦となります。
予めご了承下さいm(_ _)m

6月14日は、あの!あの!
憧れのっ!!
南アルプスは「鳳凰三山」に行ってきましたぁ
この時期と言えば毎年恒例の「かなちゅうバースデー登山」
6月に登る登山はいつ登っても「かなちゅうバースデー登山」
そこにかなちゅうがいなくても「かなちゅうバースデー登山」



さて、前日金曜日は21時頃岐阜を出る。
地元更科の山菜そば食べる。
2014-06-13-19-39-22

数日前からげりちゅうだったので、食べ物には気をつける。
そして、3月末に新しくしたストック。
2014-06-13-20-44-08

今回も汚れるから使わないでおこうと思ったが、憧れの鳳凰三山で汚せるならむしろ本望だと思い持ってく。
そして今回は、しつこい程のアミノ酸のラインナップ。
2014-06-13-20-49-25

先月から狂った様に推すアミノ酸。
期待をするのはやはりcitric。
2包持って行き、登山前と登山中に試す。

今回は青木鉱泉スタートのドンドコ沢〜登り、中道で下山する周回コース。
高速は「須玉IC」が岐阜方面からだと近いですよー(・ω・)ノ
2014-06-14-04-04-01

そして満月だったのと、今、一番日が長いということで、明るい…

Pに4:15着。
準備して、4:37ドンドコ沢登山口スタートです。
2014-06-14-04-37-24

もはや明るい(笑
ヘッデンは不要だか、今回の登山は日帰りの12hを予定している。万が一、帰りが押した場合があると下山用にヘッデンを持っていく。
2014-06-14-04-37-07

2014-06-14-04-50-46

太陽があがってくる。

そして、パッと見ただけなので不確かですが7月7日までドンドコ沢のスタートしてから少し行ったところが工事中のため巻道くらいます。
2014-06-14-05-00-35

迷ったりして30分くらいロスしました…
2014-06-14-05-03-27

ここからいよいよ、スタートですね。
2014-06-14-05-09-31

倒木が多く、小さなそれ道が多い!
2014-06-14-05-36-10
2014-06-14-05-57-35
2014-06-14-05-57-40
2014-06-14-06-04-08

案内看板が貧しく、踏み跡を頼りに歩く。
ドンドコ沢ルートは、滝が楽しめる。
さすが沢ルート。
2014-06-14-06-16-55
2014-06-14-06-20-54
2014-06-14-06-49-55

5つ程の滝を楽しめる。

登山前にcitricのアミノ酸を1つ飲んだからか、いつもは歩き始めがしんどいのにこの日はグングン歩ける。
ちなみにドンドコ沢は急登。
ドンドコ沢どころか、鳳凰三山はどのコースも急登(笑)
2014-06-14-07-17-11
2014-06-14-07-20-42
2014-06-14-07-42-26

水分を小まめに補給する。
滝を堪能しながら富士山も見える。
2014-06-14-07-42-58

すっごく大きい。

最後の五色の滝では登山開始から4h弱。
一旦大休憩をとる。
そして更に急登は続く…
2014-06-14-07-59-36
2014-06-14-08-02-57
2014-06-14-08-42-11

すると景色がかわった。
2014-06-14-08-59-57
2014-06-14-09-01-38
2014-06-14-09-09-43

景色が言い…
もぉすこしで鳳凰小屋らしい。
看板で0.1キロ。
2014-06-14-09-18-14

あれ?
なんと。
鳳凰小屋です。
2014-06-14-09-25-15
2014-06-14-09-25-55
2014-06-14-09-32-20
2014-06-15-07-48-37

手ぬぐい欲しくて購入。
2014-06-14-09-34-29

中に貼ってあったこのカレーライスのPOPがセンス良すぎ!
2014-06-14-09-27-44

そして外にはダバダバと南アルプスの天然水…
2014-06-14-09-30-21

そして小屋にて連れてきたこいつ…
2014-06-14-09-39-54

15分くらい休憩して、地蔵岳へ向かう。
2014-06-14-09-43-39


ここまでの登山時間は5hくらいだったかなぁ。
続きはまたあげます!
次回は最初のピーク「地蔵岳」を目指します

とりあえず…

おはようございます!

土曜日、朝4:30スタート
下山完了17:30
で、憧れの南アルプス「鳳凰三山」に日帰りでいってまいりました!!

全行程13hのロングトレイル。
書きたいことはたっっっくさんあるのですが、身体が疲れてなかなかかけそうもないので、とりあえずご報告までに(笑)
2014-06-14-12-49-05

地蔵岳、観音岳、薬師岳。
三つ揃って鳳凰三山。

全部制覇して来ました
元気になったら記事をあげるので、楽しみにしててくださいね♪

2014-06-14-11-23-51


2014-06-14-10-37-41

全身筋肉痛で、疲れた(´・_・`)

とある日記2

こんにちはぁ


なんでもないことを綴る「とある日記。」

いつでもかけてねという、ヘルプ電話は繋がらない事が多い。

神様は、どこを見てるんだろう。


どんも、魂が抜ける感じがわかったかなちゅうです。

なんでもないことを綴るとだいたいはネガティブ日記。

「らしくない」「意味わかんない」「がんばれ」賛否両論。
当たり前の結果はあまり気にしない。
2014-06-11-08-51-46

コカコーラのネーム入りボトル。
会社の人が買ってきてくれた。
一緒にいなくても、「私」を思い出してくれる人はおるんやなぁって思った。

2014-06-10-20-46-41
2014-06-10-20-30-17

火曜日は山友達と飲んで、水曜日は前職の送別に呼んでもらえので行ってきた。

さすがに二日連続の飲みは歳を感じた…
肌荒れもね(´・_・`)

2014-06-05-20-57-29

友達に教えてもらったアミノ酸がどぉやら調子いい時があるので箱で買ってみた。


一週間って、長いなぁって久しぶりに思った。
2014-06-11-08-45-55

会社に巣を構えたツバメたち。

姿を見せない。

みんな、巣立ってったんやね。

出てったんやない、巣立ってったんや。

これから新しい事がたくさん待ってて、たくさんの経験をしてもっと大人になっていく。

人間も、そーゆーの、あるのかな。
あと2weekで30歳になるけど、もぅ大人なんだし、これで良いってことなんてあるのかな。

もちろん、個人の自由だけど。

「相手は鏡」
嫌な態度をとられたのかもしれない。
でも、先に嫌な態度をとっちゃったのかもしれない。
それが続けば終わりはこない。

だから、自分が笑えば相手は笑うと思ってた。

人を笑顔にすることができない。
初めて思った。

受け取る側の気持ちや態度にもよるけど、これは完全に私を受けいれようとはしていない。

そぉなると、笑い方がわからなくなる。

私は不器用なんです。

そんな私でも、支えたいと思ってくれる人がこの世にいたら良いなぁと思いました。
2014-05-17-05-58-47

ちっぽけなワタシ。

こんな日があっても、許してください。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ