はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

2015年12月

究極のフレンチフライ

こんばんわ

かなちゅうのおしゃべりクッキングのお時間です。

今夜のメニューはフレンチフライ。
フライドポテトです。

ずぼらなかなちゅうさんはいつも極端に簡単なレシピでした。
今回もワンツーステップで終わらせましょう。


まず、こんなラフランスみたいなジャガイモを用意。
image

こいつを皮ごとあげたいのでよく洗う。
串切りにして水にさらすこと1h。

※2hくらいはさらしてよし。

そして薄力粉を薄くつける。

写真撮り忘れ失礼します。

そして火にかけてない油の中へイモin。
(イモがひたるまで)
2015-12-02-19-35-10

そこから160°くらいの温度で一度揚げ。

かなちゅうは面倒なのでそのあと強火にして更にこんがり挙げる。
2015-12-02-19-42-56

(空気に触れさせながらあげるとカリっとしますよ)

最後はよく油を切り、薄っすらでいいので塩かける。
2015-12-02-19-54-09

水にさらす事を省いたら20分くらいでできちゃうお手軽なフレンチフライ。

材料のおさらいです。

イモ3個
薄力粉 それなり
油 ひたるほど
塩 おこのみ

こんな適当ですが、世界一うまいフレンチフライが出来上がることは間違いなし!!

ワンツーからスリーフォーステップもありましたが気にならないほど簡単です!

ぜひおためしあれ(・ω・)ノ

アナコンダアゲイン

こんちわぁ(・ω・)ノ 夢はログハウスのようなマイホームに子猫2匹と暖炉! どんも、夢に向かって日々妄想。 金のたまらないかなちゅうです♡ 日曜に豊田へ行った。 朝9:00頃からup。
久しぶりの豊田のご挨拶課題はaのガバ。
2015-11-29-10-14-06
 オサレなニット帽をどぉしてもかぶりたかったのだが、豊田は暖かい。
2015-11-29-10-28-58
 この岩にあるb課題のけんけんに遊ばれ、必死でupを完了させる。
パックマンへ行こうと思ったが、既に5組10名ほどの男女が合コンのように楽しそうに群れていた。

120%超えで邪魔者と判断し立ち去る。
 
今回は豊田のご友人と待ち合わせ。
しかし、豊田はエリアも豊富。
待ち合わせ前に大給で遊んでくるとのことで、先に目的のアナコンダへと向かう。

アプローチがつぶれていたが、先日、豊田のご友人様方がみなさまで整備してくださったとのこと。
本当にありがとうございます。
2015-11-29-11-48-55
 何年ぶりのアナコンダさま。
目標はヘビ年に締め上げる予定だったのだが、てこずっている。
なんとか来年の猿年には、山猿Tシャツを着てサルのように登り切りたいものだ。

待ち合わせした師匠の到着です。
 
おつかれっす。
image
 師匠もアナコンダ宿題とのことで、セッション!
他にもセッション4名+完登者でトライ!

2撃で落とすヤツ現る!
かなちゅうもお久しぶりトライす!
2015-11-29-12-30-05
 スタートの右トゥが気持ちよく決まるのですが、1発目からいきなりふくらはぎツるという事故。

しばらく休んでトライ。
2015-11-29-13-00-58
 良いとこまでいくんすよ。
2015-11-29-13-35-02
 これに至っては右ピンチできてちょっと余裕かまして、左へ降りようと思ったら下見えちゃって自ら降りたというもったいないトライ。
そして雑草魂。
左足でガジガジで這い上がるムーブにいたっては…
2015-11-29-13-38-44
 かわめくれ、打撲、ヌコぱん。

途中から新たに友人参戦するも、仲良く敗退。

みんなで力尽きたので、ご近所さんのはたた神へ移動。
身の丈にあった課題を打てない集団です。 

はたた神も1人2撃したものの、残り4名はまたしてもおいてけぼり。
ただ、浮いてニーバーかますとこまでいけた。
 2015-11-30-08-49-26
もっとかなちゅうが軽かったら・・・
もっと真剣にクライミングに取り組んでたら・・・
もっと腕が長かったら・・・

とは特に思わず、みんなと楽しいクライミングができてよかった(*・ω・)ノ
なんせ夕方16:00.
岩しけしけですもん!

のんびり楽しくクライミング♪ 

鎌ヶ岳登山

こんばんわぁ(・ω・)ノ

最近知った右中間。

ちゃんと地球上にボールはあった。

どんも、それはデットボールのかなちゅうです。
宇宙感。

また一つ知識人。


さて、引き続き鈴鹿を楽しむシリーズ。
今回は鎌ヶ岳。
6:30にPに着いて歩き始めます。
2015-11-22-06-29-05

既にこの地点でPは7割うまる。
久しぶりにyoshiさんとの登山です。
2015-11-22-06-29-22

武平峠からピストンです。
2015-11-22-06-32-42

いきなり入り口付近で尋ね人。
「すみません、雨乞岳はどこですか?」

まいったな。
もはや鎌ヶ岳のコース内でそんな事言う人が居るとは…
しかもレディ1人…
登山口は、行った事ないかなちゅうでもわかる鎌ヶ岳登山口の道反対だ。
大丈夫なのだろうか…
とりあえず戻ってかれたので先へ進む。
一つ目の分岐。
2015-11-22-06-41-36

やはり雨乞岳は来た駐車場方面を指している。
かなちゅう達は鎌ヶ岳を目指す。
2015-11-22-06-42-07

天気がどぉも悪いのだ。

簡単なことだ。
yoshiさんがいるということだ。
2015-11-22-06-46-38

御池岳とまた違って御在所に似ている。さすが繋がってるだけあるなぁ(・ω・)
2015-11-22-06-51-07

雰囲気がすごい。
威圧的なルートだ!
2015-11-22-06-52-28

そして挑発的な傾斜。
さすが噂の鎌ヶ岳。
2015-11-22-06-55-00

ただ面白いです。
コースはそんなにきつくないし、歩きやすいです。
2015-11-22-07-00-36
2015-11-22-07-12-36

yoshiさんとの登山は会話が止まらないので、心肺機能向上に大変いいです。
2015-11-22-07-16-48

そして鎌ヶ岳はカッコいい。
雰囲気最高じゃないか!!
2015-11-22-07-25-59

巻き道もあるので直登しなくてもいい。
2015-11-22-07-37-04

そして最後の分岐だけ、巻道がどっちかわからず、ガスで先も見えなかったので確実に見える道を選んだ結果そこは直登コースだった(°_°)

どんも、二択問題は必ず間違えるかなちゅうです。
2015-11-22-07-52-09

山頂です(笑)
そぉなのです。山頂直下はあまりにも急なのと、鎖とロープ(華奢なトラちゃん)で、とても写真を撮る余裕などありませんでした!
1h30minくらいかかりました。
2015-11-22-07-52-46
2015-11-22-07-52-59

本当は景色いいんだろねぇ〜
とか。
のんびりご飯食べたかったねぇ〜

なんて欲だけ吐いて5分足らずで下山。
雨に降られたくないです。
2015-11-22-08-01-54

降りてくるyoshiさんがみえるかしら?
とりあえずこんな道ばっかで撮れませんでした。
2015-11-22-08-01-58
2015-11-22-08-44-53

そしてやっと落ち着きました。
2015-11-22-11-34-03

ここはあと10分程でPに着ける辺り(笑)
2015-11-22-08-47-42
2015-11-22-09-06-18

9:00頃、下山完了しました♪
はやかったわー。
その辺のPで飯。
これはyoshiさんオススメの弁当を早朝からやってる弁当屋さんで買ったのだが、往復2h30minの山にこのボリュームwww
腹パンパンになりました。
2015-11-22-09-25-52

で、お風呂に行くにも早過ぎて入りたかった希望荘の時間までとても潰せやしませんので、お気に入りのグリーンホテルでぬくぬくしてきました。
2015-11-22-10-15-58

開店と同時に行ったから10:00の朝風呂です(・ω・)
かなりのんびり入ってきてあったまり、かなちゅう邸に着いたのは13:30頃。

昼寝して洗濯と掃除しましたわ。

鎌ヶ岳、今度は晴れた日にリベンジを誓い合いました!

鈴鹿を楽しむ御池岳

こんばんわぁ(*・ω・)ノ

ラジオから聞こえるこのフレーズ
「自分のご褒美にいかがですか?」

どんも、自分のご褒美が多すぎるかなちゅうです。
今月はあと、宝くじを買いたいな。

さて、ネコカフェとグラニット記事はスルーてことで、11月7日に鈴鹿セブンマウンテンの御池岳へ行ってきました♪
今回は登山の大ベテランとの登山です。
2015-11-07-08-45-57
コグルミ谷に1台車デポして、鞍掛道から入ります。 2015-11-07-08-58-24
標高1,247m。 この道はあってるのか? と、何度も訪ねてくる今回のリーダーは前職の山の先輩。 2015-11-07-09-13-12
ここへ来るまでに結構急登だったので熱くなり着てるものを脱いで休憩。 お天気は曇り。 2015-11-07-09-27-46
雨に降られなければGO!という感じでした。 2015-11-07-09-56-21
2015-11-07-10-00-06
鈴北岳までのアプローチはのんびり歩き。 2015-11-07-10-03-41
2015-11-07-10-20-13
そして所々にあるドリーネ。 2015-11-07-10-23-16
自然が作り出すものとは本当に考えさせられる。 ミステリーサークルよりも奥深い。 10:24鈴北岳に到着。 2015-11-07-10-24-27
景色がとっても良くて既に満足でしたが、ここから鈴ヶ岳へ向かいます。 道が自然に戻りかけてたので人の入りも少ないのでしょうか。 2015-11-07-10-36-24
11:01鈴ヶ岳に到着。 2015-11-07-11-01-53
もはや全てが自然に戻ろうとしているのではなかろうか。 さて、ここではまだ早すぎる昼食。 まだ少し歩こうと、山と高原地図では迷い道注意と書いてある道。 リーダーの持っているGPSを頼りに、同じ道を2度と歩きたくないというリーダーの願いを叶える
べく、リーダーの後ろをついて歩きます。 
2015-11-07-11-03-55
2015-11-07-11-26-53
2015-11-07-11-38-28
終いには谷筋歩きですが、リーダーのGPSでは本線よりほとんどずれてないとのこと。 確かに所々足跡のよぉなものはあるが、獣ではなかろうかと心配になる…
2015-11-07-11-58-08
そしてよぉやく開けたところへ出て一安心。。
リーダーは大変楽しそうである。
山岳部時代の何かワクワクを思い出したかのように、喜んでいる。
かなちゅうの腰は悲鳴をあげてますがね。
2015-11-07-12-01-24
2015-11-07-12-03-24
2015-11-07-12-04-38
2015-11-07-12-04-51

2015-11-07-12-05-01
大変に美しい苔道を歩いた。
この先に日本庭園と書いてある場所があるのだが、きっとこの風景のことではないかと話した。
大変に雰囲気のある場所。
2015-11-07-12-05-51
そしてやっと御池岳の分岐までたどり着いた。
長かったが、まだまだこれから周回して帰るので先は長い。
ただ、弱音は吐けない。
2015-11-07-12-06-25
2015-11-07-12-17-30
お腹の様子を見て昼食をとろうと言ったリーダーin樹林帯@景色あらへん
2015-11-07-13-31-21
2015-11-07-13-04-49
カップヌードルの写真も忘れ、ただ食べた。
そして推しメンのタンパク質をたくさんくれた。 もぉいいですというくらい、たくさんのタンパク質のとれるバーを食べた。 さて、山頂目指して歩き出します。 2015-11-07-13-42-43
山頂わずか5分たらずのところでご飯してました。 2015-11-07-13-48-04
ご飯はどこで食べても美味しいということがわかった。 2015-11-07-13-48-55
ここからボタンブチを目指す。 また道がわかりにくい。 2015-11-07-13-59-01
2015-11-07-14-04-33
まずは手前の天狗のはな。 2015-11-07-14-06-36
2015-11-07-14-06-43
大変絶景。 そして少しあるいた先にボタンブチ。 2015-11-07-14-07-22
2015-11-07-14-09-27
2015-11-07-14-09-30
2015-11-07-14-10-06
2015-11-07-14-10-10
2015-11-07-14-10-54
吸い込まれそうな景色でのここもまた大変絶景。 どっちかでご飯したかったな(・ω・) さて、やっと周回です。 帰る方向ですよ!! コクイ谷へ下ります。 2015-11-07-14-43-13
2015-11-07-14-44-33
2015-11-07-15-10-17
リス3匹みかけました。 2015-11-07-15-24-22
2015-11-07-15-26-03
長命水で寿命100年くらい伸ばした。 うまくない。 2015-11-07-15-40-09
2015-11-07-15-56-14
無事下山したのは15:56。 予定より2hオーバー。 かなり疲れました… 帰りは阿下喜温泉で放心状態です。 石灰岩で形成されていることで、山頂一帯の平坦面には、カルスト地形が見られる。
雨水による石灰岩の浸食は、ドリーネ、カレンフェルトと呼ばれる、摺鉢状の凹地を造り上げるが、御池岳にはこうした珍しい地形が各所に見られるので楽しい山だと思いました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ