はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

2016年10月

秋の立山〜大汝山から大走り〜

こんばんわ(・Д・)

携帯バージョンupしたら、せっかく慣れてきたのにまた使えなくなった。
どんも、機械にはウトいかなちゅうです。

雄山から、大汝山へのアクセス。
2016-09-30-10-08-34

なんとそんなに距離はないのです。
10:00に雄山を出発し、大汝山へは、少しのアップダウンでものの15分で到着。
2016-09-30-10-15-56

ここで出会ったおじさまから、この日は大汝山から百名山が20〜30座は見えるとのこと。
2016-09-30-10-16-18

色々説明頂きました。
ありがとうございました。
劔くらいしか理解できずすみません!
2016-09-30-10-21-13
2016-09-30-10-22-30

かなちゅう、富士ノ折立へとむかいます。
2016-09-30-10-24-55
2016-09-30-10-24-58
2016-09-30-10-25-00

稜線にあたるのか、風が強い。
ただ、爆風をしのげる高い岩壁があるので、落だけが心配です。
2016-09-30-10-27-00

何度みても美しい立山。
2016-09-30-10-29-19

見とれていると富士ノ折立へ到着。
2016-09-30-10-33-03

ここから大走りへ向かう。
2016-09-30-10-37-46
2016-09-30-10-43-08

なぜか迷子。
地図持って案内看板みて迷子。
一回来たことあるのに迷子。
2016-09-30-10-33-11

迷子というよりも、前回同様、あまりにも大走りで人がおりなさすぎて迷った感覚に陥った。
別山へ向かう人たちしかおらず、それについて行ってしまった。
少しだけ引き返して自分だけやっぱり大走りで下山。
なぜだろう。
大走りは人気がないのだろうか。
2016-09-30-10-46-45

とりあえずくだりまーす。

続く。

秋の立山〜雄山へ〜

こんにちは(*'ω'*)

フリーサイズの服なのに、自由がききません。
どんも、かなちゅうです。


ダイエットも兼て、出発し雄山へ向かいます。
雄山への道は舗装された道とゴーロを上がっていく道と二段階あります。
2016-09-30-08-40-43

その舗装された道もまた足には負担がかかり、結構キツい傾斜。

立山さんからのお知らせ。
かなちゅうさん、晴れてますよ。
2016-09-30-08-49-52

素晴らしいじゃないですか。
青いじゃないですか。
テンション上がるやないですか。
2016-09-30-09-08-12

ソロの登山はペースはいつもつい早足になってしまう。
のんびり歩くつもりが、ワクワクが足をどんどん前へと進ませる。
2016-09-30-09-23-26

一旦、トイレのところまであがりすこし休憩。
槍ヶ岳がくっきり見える。
8:55、登山再開。
2016-09-30-09-22-21

この道が結構えらいのですが、何度も足を止め、景色を見て癒され、それの繰り返しで前へと進みます。
2016-09-30-09-37-04

9:37、雄山へ到着です。
息切れすごい…
よく寝て体調もとても良いが、久々の登山で体力が…
2016-09-30-09-38-02
2016-09-30-09-38-03
2016-09-30-09-42-36

絶景。
そして雄山神社へ参拝に向かう。
2016-09-30-09-55-54

500円でステッカーまで頂けた。
2016-09-30-09-42-41
2016-09-30-09-42-43
2016-09-30-09-42-44
2016-09-30-09-42-50

今日は閉山日だそうだ。
神主様がお祓いご祈祷して下さった。
2016-09-30-09-42-56

そしてお神酒を一口いただき、登山の安全を願ってくれた。
2016-09-30-09-49-39

これから立山は冬の支度に入るというけじめみたいなもので。
神聖な場に立たせて頂けてると改めて感じた。
2016-09-30-09-50-36

降りたら、すぐに大汝山へ向かいます。
2016-09-30-09-52-38
2016-09-30-09-58-16

アップダウンの少ない大汝山までの道のりですが、強風と寒さと岩場対策のため、グローブ装着で行って来ます。
2016-09-30-10-01-08

つづく。

秋の立山

こんにちは(・ω・)ノ

秋の立山へ行ってきました。
9月30日の事です。

以前も立山へは10月1日と同時期に来ました。
そしてソロというのも同じ。
かなちゅうさんは最後の夏休みで、友人達とお買い物をしたその足で立山へ向かった。
2016-09-29-22-56-34

11:00頃着いたかな?
すでにたくさんの車が止まってます。
立山駅は900台も車が停めれるのだが散らばっているので出来れば前回同様第1Pに止めたかった。
無事、止めることができたので、朝までぐっすり眠りました…
朝は5:00に起きて支度。

寒い。
気温8度。
2016-09-30-05-56-18

5:30にはチケット売り場へ行ったが数年でこんなに変わるのか。
2016-09-30-05-59-09

同じ平日に来たのに並んだ。チケット販売はちなみに6:20からと通常通りです。

ケーブルカーも7:00発。
とにかく並んだぜ。
2016-09-30-06-23-32

ケーブルカーあくまで並んだぜ。
その間に朝食をすませる。

2016-09-30-06-54-17

いよいよ出陣なのです。
2016-09-30-06-54-37

みんなとてもワクワク。
かなちゅうも勝手にお隣りさんの会話に参加。
雲が取れてくれるといいねって。

ケーブルカーは7分。
最終勾配29%とかなりの傾斜を上がってくれました。
そしてバス乗り場へ走る。
2016-09-30-07-08-33

臨時便で運行してくれた。
かなちゅうはソロなので、ソロの人の隣にひょっこり座る。
2016-09-30-07-18-40

なんと先頭で運転席の後ろ。
最高だぜ!!

2016-09-30-07-29-37

称名滝も綺麗に見えます。
立山にきたーって感じです。
2016-09-30-08-13-29

なんだか怪しい雲行きですが、晴れ女のかなちゅうだものきっと大丈夫。
2016-09-30-08-13-41

ほらね。
8:13、色々支度をして出発です!

今回のルートも前回同様

室堂ターミナル→雄山→大汝山→富士ノ折立→大走り→室堂ターミナル

です!
2016-09-30-08-14-22
2016-09-30-08-14-24
2016-09-30-08-14-27

まずは雄山へ向かいます!
紅葉はバッチリです!
2016-09-30-08-21-05
2016-09-30-08-25-09
2016-09-30-08-28-50

うぅぅぅーーーん♡
きてよかった♡

それでは雄山へ、行ってきます♪

かなちゅう旅〜高知クライミング編〜

こんにちは(*'ω'*)

すっかり秋。
どんも、更新ボチボチのかなちゅうです。
相変わらずマイペースでもたもやリアルタイムに大幅な遅れをとってます。

そうだ山温泉「和」に浸かり、よく寝た寝た10h。
家では絶対眠れないのに。

朝早起きして、再びひろめ市場へ向かう。
2016-09-18-07-55-43

予定外。
朝一がやっていた。
Pも止めれず近くのコインPへ停め、少し散策してひろめ市場へ入る。
2016-09-18-08-10-59

朝から飲んでる人もいる。
時刻は8:00前。
朝食は、やっぱりご飯派だ。
2016-09-18-08-15-36

しかももりもり食べる健康体。
鰹のタタキ丼を食べて、かなちゅうの半分はカツオになった。

お腹いっぱい。
目の前には高知城。
2016-09-18-08-30-07

お天気が怪しい。
高知城を走って駆け上がる。
2016-09-18-08-33-35

んが、なかなかたどり着けず、雨も強くなってきて撤退。
敵はこぉして城のすごさを思い知るのである。

高知県のクライミングジムへ行ってみた。
最近腱鞘炎ひどくて、ロクに登っていない。
2016-09-18-10-00-22

ストーン0(ラブ)
2016-09-18-10-07-29
2016-09-18-10-07-30
2016-09-18-10-07-35
2016-09-18-10-07-38

受付済ませ、簡単な説明を受ける。
老舗のようで、ホールドが、マットが…黒い。
そして、常連さんが多く、子供も多い。

そしてそして驚きは、同じ面の壁に3人同時に登ったりしてる。

2人登りもよく見る。

ご家族でもなく、1人が登ってるのに、オレオレクライマーが重なって登る。

見るにみかね、お節介だか店員さんに伝えた。

すると店員さんは

「どこが危険ですか?」

と言う。

郷に入っては郷に従えと言うが、ハッキリ言って登る気が無くなった。

2hも登らず、退店し近くにある鍋焼きラーメンのお店へ。
2016-09-18-13-09-18

やなせたかしさんの出身なのか、アンパンマン風の絵があちらこちらで見かける。
待つこと15分くらい。

店内へ。
そしてすぐ出てきた。
高知県の名物、熱々の鍋焼きラーメン。
2016-09-18-13-19-46

あっさり醤油味。
お鍋の締めを食べてるようなさっぱり感で、スープも飲み干せてしまう。
700円、革命だ。
めっちゃ美味しかった。

この日の成果はこらくらい。

地域性もあるが、危険を伴うスポーツだからこそ、守って欲しいルールというものがあるんじゃないだろうか。

つづく。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ