こんにちゎ~

春眠暁を覚えず

それでも7時前には起床
どんもぉ~、そわそわかなちゅうでぇ~す



春は曙


自宅を7:30に出まして久しぶりに金華山へ行ってきました

カーテンを開けて、太陽の光が見えるとなぜか焦って飛び出してしまいます

本日の金華山もたくさんの人でにぎわっている様子、車があふれてました

すると駐車場で1人のおとうさんに声を掛けられました

「おはようございます、どこから今日は登るんやね?」

「東坂から登ろうかと先日鼻高登ってきましたよぉ~

「なら、鼻高から今日は登ってみよっか


新手のナンパ

て、コトでそのお父さんとなぜか鼻高コースを登ることにしました
IMG_1071
東坂の階段側から登っての登山。
久しぶりに金華山に来ましたが、今日は天気も気温もよく気持ちがいいです

お名前をお伺いして以下Oさんと表記。

Oさんも近年は遠のいてったが、デカい山にたくさん行かれてたそうです
かなちゅうの登山の話、Oさんの山の経験の話と金華山の仲間の話
会話はとまりません
IMG_1072
そして、歩く速度も速い
べらぼうにって程ではないですが、今日のこの自然を満喫プランのかなちゅうにはちと早目かなぁと

妙見峠を渡ってそのまま達目方面へ降り、ハイキングコースを経ての鼻高は山頂まで片道1h程度です
IMG_1073
きっと、どなたでも話せばわかるのかなぁと思ったこと

Oさん:「あんた遊んでばっかりやなぁ~
かなちゅう:「よく言われます」

金華山で出会う方々含め、かなちゅうが自分の話をするとなぜか遊び人といわれます
でも、男をたぶらかしてるという話ではなくあくまでフットワークの軽さからですわよ
予定では明日は豊田になるかもしれないし、平日も時間があれば金華山を登っている

フフフ・・・
独身を満喫しているだけさ
問題など何もなーーーーーーいっ

そんな話をしながらすたこらと登るOさん
IMG_1074
歩いている間、会話は止まらないw
同時にかなちゅうの息切れも止まらないw
IMG_1075
この金華山、名古屋や地方の友達が来るとよくいわれるのが

「岐阜の都会やでそんな栄えとるわけでもないけど、その町ん中に山があるって良いことやよなぁ」

ミートゥです

しかもちゃんとした山で、コースもたくさんある。
人とすれ違えば誰もがちゃんと挨拶を返してくれる。
景色も空気も最高。

かなちゅうは、とっても自慢のお山だと思ってます

そして山頂に着きました
いつものお昼のメンバーさんもおらず、早朝メンバーも当然おらずの新しいメンバーばかりの時間帯です。
そして山頂では花が咲いてます
IMG_1077
とても素晴らしい眺めでした

温かな日差しの中、さっそく山頂での筋トレを開始しようとしたその時っ

「なら、そろそろ行くぞー」



あ、あぁ
なるほど
今日は1日パートナーね

それでは
山頂滞在時間5分
下山です

下山は唐釜コースからだそうです、人任せ
IMG_1078
楽しそうに歩くでしょ、Oさんww
かなちゅうも楽しかったですよww

帰り道に、これから昼のメンバーで知ってる人達が数名あがってきてたけどみんな口を揃え

「あれ?もぉ下山か?早いなぁ

わたしもそぉ思います。

でも、今日はこんな日なんです
これでいいのだ

下山も1時間弱

1人でいつも登るけど、たまにこぉして人と登ると時間が経つのが早い。
そして駐車場まで会話を続け、なんか達成感デカかった

かなちゅう:「Oさん、ありがとうございました
Oさん:「いーえー、まぁあんた遊んでばっかおらんと、はよ彼氏作って結婚して親孝行せなかんぞぉ

金華山で出会った方全員に言われてますから肝に銘じております

かなちゅうには、自分を心配してくれる人がたくさんいるんだなぁって嬉しく思いました
これからもこの金華山で出会う人たちをもっと増やして、たくさん話して素敵な仲間が増えるといいなぁ
アラ60だけどね

遊び人かなちゅう、明日はもしかしたら豊田の予定でやんす