こんばんゎ~

毎日とっても忙しい

暇なのは平日の仕事してる時だけぇ
土日は基本家に居ない

どんも、遊牧かなちゅうです


先日16日は、山友のyoshiさんと一緒に焼岳に行ってきました
かなちゅうは2回目です
yoshiさんがずっと行きたがってたので、今回は案内人として道中からの案内をしました

多分、住んどるより詳しい高山市内からの道もおてのものでかなちゅう邸2時出発、駐車場に5時着です
早朝5時には既に満車の大人気、焼岳の「新中ノ湯コース」は焼岳登山の中で最も短いコースです。
IMG_1880
かなちゅうは昨年8月に単独で来ましたが、その時も4:30着でほぼ満車でした
IMG_1879
この看板が目印です。
用意を済ませ5:20アタック開始です

昨年単独の時は、このコースを2h15minというかなりのハイペースで登ったかなちゅう
実は御嶽山の単独も濁河温泉口から飛騨頂上までみんなで登ったら3hだったのに、単独だと2hで着いてしまったという極度のさみしがり屋っ
でも、単独は単独で楽しいんですけどね
IMG_1882
コースにはまだまだ雪が残っています。
しかも分厚くて、でももぉ凍ってるところは少ない

1時間20分程歩くと景色が開けてきます
IMG_1890
たまらんっ
そして最高の青空っ
神様っ
せんきゅーーーーーーーーーーーーーっ
IMG_1893
ここは日本にある110の活火山の1つ
そして焼岳は、「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として火山噴火予知連絡会によって選定された47火山の1つでもある、微妙に危険なお山様でございます。

そんな中、yoshiさんが
「晴れたのは僕がイケメンだからだー。イケメンだからだーーー」
としつこく言うので、突き飛ばしてやろうかと思いました

「山、ナメんなよ

しばらく上がると、大雪渓のトラバースに差し掛かります。
この時期しか出来ない貴重な体験
傾斜もけっこうキツかったので、高所恐怖症のかなちゅうは下だけは絶対見ないと決めて歩きました
IMG_1895
目指すはあの煙
IMG_1930
この日はピストンだったので、帰りもこのトラバースが待ってるのかと思うと少々ゾッとしまして

そして正規ルートが雪でつぶれているため、かなりトラバースして歩きましたのでいつもより長く歩いております
IMG_1899
雪の中を直登するのも悪くないが、さすがにyoshiさんを連れてはいけないので回り道です
IMG_1932
経験は大事かもしれない。
そして、どこかで絶対に経験しないと「経験」にならないから。
でも、それはわかっとる人が状況をみてちゃんと判断しんと、山の場合は命を落とす危険があるかもしれん。

かなちゅうは

まじめだ。

そして、激しい登りを終え南峰と北峰の分岐に到着
IMG_1901
ここから見える池はエメラルドグリーンでまだ雪もあり、周りは凍ってるのかもしれない

ちなみに昨年はここにカモシカがおってね、かわいかったぞ
IMG_1922
そしてこっちが目指す方向の北峰。
南峰は崩落などで危険なため、立ち入り禁止なので、みんな行っちゃダメだよ
IMG_1903
と言っても、

「ゴーーーーーーーーーーーー」と音を立てて火山ガスが出てますからどちらにせよ危険ですからねw

あたしは硫黄のにおいが大好き
それは匂いがというよりも、温泉が好きだからなのかなぁ。

火山ガスは、普段でも噴煙、噴気には、有害な火山ガスが含まれとって火口近くの登山道や噴気地帯、温泉でも中毒を起こすことがあるので、みなさん気をつけましょうね
IMG_1906
とは言っても、ここを通らんと山頂へは行けませんから行きます
足場は岩がごろごろと転がっており、とても歩きにくいです
IMG_1933
そして、3時間・・・
IMG_1916
無事、登頂です

8月では見ることができなかった笠ヶ岳の雪かぶり
IMG_1909
と言うより、すべての山々がまだたくさん雪が残ってて、すごくキレイです
乗鞍も白山も、アカンダナに槍ヶ岳に双六岳
目の前には穂高連峰
IMG_1921
改めて、自分の小ささと、今の自分が悩んでいることが更に小さいことに気がつきます
山ってやっぱり、すごいや。

6月というのに日差しがかなり強いこと、そしてどんどん人が増えること。
20分程休んだらこの日はピストンで下山開始
IMG_1934
帰るまでが登山です、安全なガイドをさせていただきます

昨年来た時よりも噴煙が太くて勢いがあったのでちょっと心配もありましたが下山は早いものです
IMG_1935
帰りは、雪の状態も氷ではなくシャーベット状になってることから少し侵入し近道をしましたが滑ったw
シリセードでベタベタww

気付けば空は更に青さを増し、最高の景色
IMG_1925
6月のこの時期でこんな景色が見れるのは珍しいと登山者は言ってたが、右に同じだ

下れば下るほど、気温は増しこの日の下界は30度
IMG_1926
新緑に囲まれて蒸し暑い中、11時、2hで無事下山完了です
IMG_1951
汗が止まらないかなちゅうとyoshiさん
そして大人気の駐車場は、11号カーブ~上は雪崩の為全面通行禁止になってたのでこのように奥と脇に停める人がたくさんいました
yoshiさんは人生初の2000m越えに感動しておりました
連れてきて良かったと思います

下山後の楽しみは温泉でしょ
かなちゅうが一時は年間パスを買ったというあの「ひらゆの森」へ
IMG_1927
ここのお湯に浸かるととにかく肌がチュルチュルになって、もぉすぐ29歳になるかなちゅうが20歳に見えちゃうから不思議っ
※あくまで個人の感想ですww

しっかり疲れをとり、ここで30分程仮眠をとり帰りは板蔵ラーメンへ
IMG_1937
ラーメン好きのかなちゅう。
高山のラーメンもほとんど食べてはみたものの、なかなかうまいと思うところは少ないがここは良いっ
あっさりの中にちゃんと細縮れ麺にスープが絡んで、最後までうまうまで食べれるシンプル イズ ベストラーメンっ
690円とまたまたお値打ちでぇす

この日の日差しは本当に強かった。
日焼け止めもばっちり塗ったし、帽子もかぶって顔は日焼けそんなにしんかったの。
ただ、なぜか問題発生。
IMG_1940
IMG_1941
おほほほ
あたくし、へんな長さで日焼けしちゃった
それもよしっ

これからのシーズンはまたたくさん山に登るぞーーーーっ