こんばんゎ

携帯が壊れて1週間が経ちました

放置したって誰から連絡が来るわけでもない大変おとなしい携帯を貸してもらったようです

どんも、静かなかなちゅうです。


さて、かなちゅうは土曜日から月曜日まで3連休を頂いてました
夏休みってやつですね
てことはおとなしくしてませんね

金曜日の晩から瑞牆山へボルダーしに行ってまいりました
7時頃から遊び始めました
DSCF4900
二ノ谷が今回のエリアです

かなちゅうのコト、おいてくからちょっとプンプンでアプローチ

最初は8Qの課題をオンサイト

開始早々、ここで膝をすりむきました
20130720072732(3)
無事、トップアウトできましたがこの時期、虫がヤバイので登ってる最中も虫をおっぱらうのに大変

なんだか気分があまり戻らない課題でした。
あかん、せっかくの遠征なのにこんな気分では・・・
と、気分が変わる課題を発見。
阿修羅の下にある背伸び運動の3Q,ランジ課題
DSCF4898
「この、岩超かっこいいぃぃぃぃ~登りてぇぇぇぇ~」
とか思えない代わりに、ランジなどのダイナミックが好きなのでこれで機嫌を直すかなちゅう
20130720075348(1)
正面から見ればフェイスに見えるけど、実は結構かぶってた
20130720075348(2)
良いところに手は届くんだけど、笠置の4Qランジと同じで止めることが出来ない。
はたいとる部分は申し分ない場所だと思う
この課題もかなちゅうらしく、40~50トライととにかく打ち続けました
DSCF4897
中指は膿んでしまいました。

このランジを継続中呼ばれました。
知らないちょっと年配のご夫婦とお話している。
どぉやら瑞牆山登山をしたいらしいが迷子になったそぉで、コースを尋ねられた
かなちゅうは瑞牆山を登ったことがあるから説明をしてあげたんだけど、なんだか心配だったので課題もそこそこにすぐにご夫婦の後を追いかけ登山口まで案内させてもらいました

エリアは二ノ谷やから少し下って、駐車場まで一緒に降りました
どぉやら登山は初めての御夫婦、GWに瑞牆山の景色に感動して登りたくなったみたい
かなちゅうは、裏の沢のコースなら案内できると言ったら滝が見たいとのことでそちらを案内した

気付けばもぉ9:30だった。
DSCF4901
こんな時間から登るのはオススメではないけど、とりあえず無理ない程度に行けるところまで行ってみてくださいってことで案内した裏道。
途中の登山道を車で送ってあげました
おせっかいやったかもしれんけど、迷子になられた分と、裏の道を歩かせてしまった分をせめて楽にしてあげたかったんだぁ
無事、登山できてるといいなぁってこの日はそのことばかり気になってた。

駐車場に戻ってきてしまったかなちゅう。
ここから少しだけ打つ為にまた少しエリア移動した。

個別で打つのでかなちゅうは団栗岩の9Q,8Q、5Qにトライ
20130720110107(1)
9Qはオンサイト

そして8Qも危なかったけど、なんとかオンサイト
20130720110107(2)
太陽も高くなり、アブやハエやいろんな虫が目と耳の穴めがけてつっこんでくるので登るのも一苦労

ここの課題を終えて早目の帰路。
なぜなら、翌日は白山登山を控えていたからです
最高の景色と天気、そして翌日の予定にテンションハイのかなちゅう
DSCF4905
さすが跳躍選手
今年は試合でようか、まだ悩み中です

帰りは、以前から行きたかった「灯明の湯」
DSCF4907
源泉かけ流しで、近場で言うならひめしゃがの湯の様な鉄っぽいお湯です
シャワーも温泉で、32~36℃のお湯もあって熱いお湯と交互に入れて疲れを癒してくれます
800円と高めですが、割引券がどこかで入手できるそうです

この日は19時には就寝
翌朝は3時に飛騨白川の道の駅に集合で、山友yoshiさんと白山です
また近いうちにアップしまぁす