こんばんゎ~


久しぶりに、ビール飲んだ。
やっぱり、ビールはKIRINだ。


どんもぉ~、ブレずにKIRINな、かなちゅうでぇ~す。
でも、ぞうさんの方がもぉ~と好きです
ローカルCM


さて、前回ブログの続きといきましょ
朝5時頃、トイレで起床。
夜中に2回程トイレで起きるのはいつものことです。
トイレに行ってもらい二度寝

そして朝だ。
IMG_1965
夜明け前の瑞牆ですが、登山者たちは既に動き始めていた
紅葉はすこぶるピークでやんす
IMG_1966
朝食は、美容と健康を考え尽くし「納豆巻き」。
そして、6:40出発で最初は皇帝岩へ
IMG_2100
紅葉ピークで、テンションあがるんるん
前夜からすこぶる調子がいいかなちゅう。
IMG_2101
皇帝岩の前夜のナイトで落としたマントル6Qでない、別の6Qを触ることに
IMG_2102
トライするものの、苦手ななる~い感じのホールドは苦手IMG_2084

IMG_2085

IMG_2094

IMG_2092

IMG_2093
最後は力づくで行きましたのであんまり参考にはなりませんが、とりあえずGETしました

クライミングは久しぶりだけど、上部で落ち着いてマントル返せるようになったのは成長

今度はかなちゅうが「ガリガリ君岩」へ。
IMG_1973
人気な岩なんだけど、みんな本当にブラッシング入念にしてるのかなぁ
遠くから見ても、悲しいくらい真っ白でなんだか打つ気もなくなっちゃうくらいだ。

おまけにうとうと思った「シャリシャリ君」に関しては、昨年会社の階段(2階)から落ちた古傷にモロ影響がぁ
て、ことでおとなしくやめてきました


命あっての、登山

体あっての、クライミング


さて、そのまま上にあがり桃岩へ
IMG_1974
「チョークの跡は人気の証」

と言わんばかりのチョーク。
もちろん、登る前にブラッシングしますがものすんごーーーーい量のチョークが出てくるのでブラッシングしてあるのかどぉかは疑ってしまいますね
グレードは5Qです。
IMG_2096

IMG_2097
体の入れ込みがポイントで、シッカリ入ればノーハンドでも大丈夫なとこ
IMG_2086

IMG_2087

IMG_2088

IMG_2089

IMG_2090

IMG_2091
ここが最高点
前日、みんなの岩3Qで引きすぎた
パンプしちゃったので、この日はこれで勘弁してください

通路なのでたくさんの人に失態をさらしましたが良い勉強になりました
百里眼へ

人気課題らしく、お隣の千里眼を打つおにぃさん達と、更にエレスアクベをうってたおにぃさんのお友達さんともセッションすることに
IMG_2103
おにぃさん達は、数回のトライで登れてしまったのに対しかなちゅうはちっとも登れない。
てか、百里眼はランジ課題。
飛べない。

前日の登山が原因か。
それとも長すぎるアプローチが前日の登山の上乗せになってるのか。
IMG_2104
まず根本的な話、スタート遠い
おにぃさん達とは10センチ近く身長違うのでスタートきついっす
軽めの言い訳

かなちゅうはランジやデッド系が得意。
理由はわからない。
ただ、なんとなくそぉゆうダイナミック系が得意。
IMG_2105
気付いた。

かなちゅうの、鼻が高いことは巷でも有名な話だ。
その、鼻が岩に当たるんじゃないかってゆう、変なチキン心がかなちゅうのジャンプを阻んでいる


次回は、そのチキンハートをなくしてトライしたいと思う。
と、言うことで百里眼はチキンハートにより敗退
朝、7時前から打ち始め気付けば12時。
ランチは、前日同様カップヌードルBIGの今回はシーフード
それを食べたら、一旦下る。
IMG_1983

IMG_1986

IMG_1988
すんばらしい、紅葉を満喫してたけど周りの人からはどぉもマットをしょってる姿が不思議らしい。

声を掛けられる。

「すいません、みなさんベットしょってどこで・・・?」

多分、どこで寝るのか聞きたかったのでしょう。
寝るかもしれませんが、寝てませんっ
登ってますっ

そんな説明を数人の方へして、「水牆カルマ」へ
IMG_1989
さみーーーーーーーーーーよっ
あたくしの仕事はこごえながら、読書
いいのだ

帰りは通仙峡を通って、紅葉を楽しむことに
IMG_1990

IMG_1992

IMG_1999

IMG_2003

IMG_2006

IMG_2107
一生懸命写真撮りました
この日はいつも大好きな「竜島温泉」へはいり、 疲れをとってきました
前日のナイトからたっぷり瑞牆ボルダーを楽しんだ

登れなくても、グレードつかなくても、楽しくトライすることが大事だと思うかなちゅう

ぐっすり眠りましたとさ