こんばんゎ~

最近はボカロしか聴いてない。歌ってない。

どんも、初音かなちゅうです。
どちらかというと、鏡音かな。

そんなことはさておき

11月なのに暖かな陽気ですねぇ
来月末はクリスマスかぁ~とか考えてた矢先にチラシでしめ縄飾りを目にする。

日本は忙しい。

そんな日本よりも忙しいかもしれないかなちゅうの連休最終日は岐阜県高山市一ノ宮にある「位山」へ里山登山に行ってきましたぁ

なんつぅか、落ち着きないっ

「位山」は、標高1529mで、スキー場で言うならモンデウスのとこです
IMG_2007
ここからでも登れますが、お手軽にのんびりハイクしたかったかなちゅうはギリギリまで車であがれるところまであがっての登山です


IMG_2010
ちなみに、この日は朝6:30起床で前夜より雨
その為、なんにも予定を入れておらずのんびり露天風呂にでも行こうかと心の中で思っていた。

しかし、雨は昼前に上がると朝の天気予報で耳にしたかなちゅう


「山、行きたい」

そこから急いでいろんな里山を調べ、洗濯、朝食、山の支度を済ませスタートは9:22。
ものすんごく効率よく準備しここへたどり着けました
IMG_2011
ここは、巨石群登山口といって、山頂まで1時間程度でいけます
その間、登山道にはたーっくさんの岩が落ちてます
IMG_2012
ここが入り口で、ちゃんと登山届を出すポストも設置されてます
IMG_2013
パワースポットとしても有名だそうで、ぜひこの女にパワーをと意気込んで登山開始
IMG_2014

IMG_2015

IMG_2016
各岩にはちゃんと、名前が付いており、道もある程度舗装されてるのでとぉ~ってもあるきやすい
すこし登りがキツイところもあるけど、またすぐになだらかになったりと最初の500mは登り中心な感じです
IMG_2017
ここが500mあがったところから見える景色です。
基本は樹林帯の中を歩きますが、一度ここで開けて高山市街地が見えます
IMG_2018
ここから、再び樹林帯の中へ突入
雨はすっかりやんで気持ちがいいのですが、落ち葉と木の根っこ、それに岩が滑りやすいので何度もツルンとしておりました
IMG_2019

IMG_2020

IMG_2021
この間の500mはとってもフラットです
そして、この木道もキレイに整備されてて歩きやすいのですが雨の日に来たかなちゅうがいけないのです
滑るので注意
IMG_2022
天ノ岩戸に到着です
なんとも言えない神秘的な感じ。
IMG_2024
これがパワースポットの意味でしょうか
なんだかとっても不思議な感じでした

再び歩き始めます。
残り500mです
IMG_2026

IMG_2025
分岐に差し掛かる
IMG_2038
展望広場方面へ行き周回してきまぁす

ここが展望広場です。
ベンチがたくさんあって、白山が見えるそぉですがこの日はうっすら見えたかなぁという感じ
IMG_2029
その周回途中にある突然の「位山頂上」
IMG_2030
約50分で到着しました
山頂は前日の大菩薩嶺同様、途中のようなとこにあるので景色も特に望めないため、周回して乗鞍や御嶽山が見えるところへ
IMG_2034

IMG_2036

IMG_2037
お空はスッカリ晴れてくれて、とにかくきもちの良い登山ができました
歩きやすいし、気温もちょうどよかったからか
「楽しい」と「ヤバイ」の連呼

ぐるっと周回したので、下ります。
IMG_2039
最初だけが登りであとはほぼフラットなのがまた登りやすい

そして途中で計14名の団塊の世代があがってきた。
みんな楽しそう

少しお話して、また下る。

先ほどの天ノ岩戸に再び戻る
IMG_2042

「神様、朝起きたら長澤まさみになってますように・・・」


IMG_2047
さて、残すところ500mです
IMG_2049

IMG_2050
私と、14人が乗り合わせた車しかありません。
無事下山完了です
下山は30分くらいでできました

さて、ただ下山するのはもったいない時間なんです。
この駐車場へあがってくるまでの間にいくつか看板がありました。

そこへ行くことに
まずは「蔵柱のイチイ」をみにいきます250m行ったところなのですぐです
IMG_2057
この「位山」の由来。
岐阜県の県木であるイチイの原生林があります。
朝廷に位山のイチイを笏の材料として献上した際に、この木が一位の官位を賜ったことら木はイチイ、山は位山と呼ばれるようになったという説があります
ちなみに、現在でも天皇即位に際して位山の一位の笏が献上されているそぉです
IMG_2056

IMG_2053

IMG_2055
これが蔵柱のイチイ

なんてこたないけど、その山の知識を1つ入れて登るだけでこんなに楽しいものかと改めて思いました
すぐ下って、今度はさらに下にある「蔵柱のネズコ」へ
IMG_2058
100mということで、この階段をダッシュであがったら20秒で着きました
IMG_2060

IMG_2061

IMG_2075
平湯にも「大ネズコ」があって、あちらも巨木百選に選ばれてますね
ここには、町内1大きいと書いてあったが意味がわかりましたわ

さて、全ての目的が終了したので本当はふもとにある下呂の「しみずの湯」にでも入ろうと思ったのですがどぉしてもかなちゅうは平湯のお湯に浸かりたかった。

平湯方面へ行く。

その間に迎えるランチタイム
IMG_2063
ハマり過ぎている、「じねんじょ」
ハマると同じものばっかり食べる

ちなみに姉妹店が御在所近くにもあるそうで
以前、友人が御在所の帰りに見つけたと連絡をもらったが、そぉだったみたい


お腹いっぱいで、「ひらゆの森」に浸かり、帰りはおなじみ「長寿水」を汲んで帰りました


3連休はあっとゆう間。
でも、山、岩、山の幸せな時を過ごせたかなちゅうは満足

今週末も、遊ぶぞーーーーーーーっ