こんばんゎ~


クリスマスはジムだな。

どんも、来年こそは1Qクライマーに。
貪欲なかなちゅうでぇす。


さて、土曜日はyoshiさんと里山歩きに行ってきましたぁ


お久しぶりなyoshiさんとの山歩きは、お天気に大変左右されましたが三重県員弁市と滋賀県東近江市の境にある「藤原岳」へ行くため、朝6時にyoshiさんがかなちゅう邸へ着


山の話をしてたらあっとゆう間に駐車場に到着です
IMG_2583
左の建物は登山口休憩所兼、トイレでどちらもキレイです
準備をしたら、7:45出発です
IMG_2585
登山届も出せて、シッカリしています
IMG_2587
駐車場は一合目です。
今回は、雪のこともありどぉなっているのかわからんため、とりあえずの目標は「藤原山荘」にします
入り口には大きな鳥居があり、それをくぐるともう1つ神社にぶちあたりますのでここを右斜め前進
IMG_2588
するとしばらく歩くと、とーーーってもわかりやすい看板。
IMG_2589
絶対に右ですね
IMG_2590
急登ではないけど、地面は細かい石と大きい石とがまじりあっていて、木の根っこもむきだしの上に、土が粘性が強いため足元の注意は必要です
IMG_2591
他の山よりも間隔が短いようにも思えました。
IMG_2592
迷うことのない、登山道です
IMG_2593
そしてすぐに、3合目、4合目ときます。
IMG_2594

IMG_2595
すると五合目あたりからうっすら地面に雪がかかり始めました。

かなちゅうは何度か雪山登山を経験しておりますが、yoshiさんは初めてのようでとても喜んでおりました
IMG_2596

IMG_2598

IMG_2601
藤原岳は、コースがいくつかありますが、現在御池岳に直で向かうコースが9月の台風の影響で通行止めになっております。
よって、大貝戸道コースから今回は登っております

雪が深くなってきたのと、新雪があまりにもきもちよかったのでここで1つ。
IMG_2613

IMG_2615
私が来た証をしっかり彫りつけてまいりましたゎ

樹林帯をひたすら歩きますが、雪が景色の変化をつけてくれるためそこは雪に助けられましたが、8合目あたりからは更に雪が深くなります。
IMG_2616

IMG_2617
かなちゅうのスカルパちゃん、がんばっ
ゴーゴー雪山へ
IMG_2619
ゲイターはちなみに超安物なのであまり深いところには行けない
なんでも使えりゃいいのさ~
IMG_2620
分岐に差し掛かります。
とゆうのは、冬道がありまして、ここを左に向かう道が今のある道でございます。
自称敏腕カメラマンも、たまに指が入ります
IMG_2621
まだ数人しか通ってない新雪ロードをワクワクハートで通る
こんな日は板が恋しくなりますが、滑るにはまだまだ浅い雪なので現実を見て歩きます
IMG_2627
この日は、風が強く、その強風が新雪をなで出来る雪の波。
ところどころにあり、それが好きなかなちゅうは、何度も感銘
IMG_2630
ここ九合目は、一旦景色が開けます

登山中に親子三人を見ました。
その子供は、まだとっても小さい女の子でした。
すごいなぁと思いました。

そんなキミへ。
IMG_2634
気付いてくれるといいなぁと思い、マイメロちゃんを残しておきました

IMG_2639

IMG_2643
藤原山荘までの予定がまったくたってませんでしたが、一体いつになったらつくのだろうとトボトボしていた頃、遠くに屋根を発見しました

10:30、藤原山荘に到着しました
IMG_2651
この藤原山荘は、山荘といってるけどどぉやら避難小屋のことらしい。
トイレもちゃんとあります
その1Fはこんな感じ。
入り口の扉が重く、かよわいかなちゅうにはとてもあけることができない扉となっておりました
IMG_2658
2Fです。
IMG_2659
床にアルミ、毛布2枚となんかシュラフぽいのが1つかかってまして昨日まで誰かいたのかなぁなんて思わせるような雰囲気でした。せまいけど、寝るには充分でした
唯一陽のあたるところで大休憩をとります
IMG_2661
避難小屋の作りがわりとしっかりしているからか、気温は4℃
IMG_2660
15分程休憩をとって、 これからどうしようかと。

当初は「藤原山荘(避難小屋)」が目標だったが、藤原展望台までは予定では歩いて20分とのこと。
20分なら行ってみる価値はあるかな~なんて話ながら10:50に小屋を出発し展望台を目指す
IMG_2653
見たところ、本当に20分で着くのか不安なくらい遠く感じたので、通りすがりのおじさまに確認したけどどぉやら本当にそのくらいの時間でつくそうなので俄然前向きに歩く
IMG_2662
だんだん雪が深くなるので歩きにくいけど、1歩1歩圧雪していけば軽アイゼンなくても全然大丈夫でぇす
もちろん、つけてる人もいたので判断はご自身で

そして、この日はものすごい強風のため歩行中は顔が痛い。
フェイスマスクして歩くも、誰かわからん。
IMG_2665
いいのだ。
そして振り返ると、素敵なところを歩いてきたんだなぁなんて思える登山道。
IMG_2669

IMG_2667
これも、この雪が積もってるからこそ見れた景色と感動なんだろうねぇ。
雪ってすごいねぇ
ボードやるけど、ボードは逆にこの雪程度だと全然まだまだゲレンデには入らんからねぇ
IMG_2674
見上げれば、間もなく展望

そして25分、展望台(1120m)へ到着しました
IMG_2684

IMG_2680
琵琶湖が見えました
どぉやらお天気が良ければ名古屋のツインタワーに富士山までも見えちゃうそぉです
なかなかすってきぃ~

ただし、みなさま勘違いしてはいけません。
ここは藤原岳山頂ではございません
藤原岳山頂へ行く場合は、藤原山荘(避難小屋)から天狗岩まで、30分歩き、御池岳方面へ60分歩いたところが藤原岳山頂(標高1143m)になりますので、ご注意を


さて、なごり惜しいですが、強風のため吹っ飛びます。
下山です。
11時28分、下山でしょう
IMG_2687
青い空、白い雪。
紫外線反射率100%の憎いあいつですが、今回はこの雪がなければちょっと苦しい登山になってたのかもしれない・・・

そして、下山途中にたくさんの絵が描かれていた。
きっと、かなちゅうとのセッション希望者だろう。
IMG_2688
顔しか書かれてなかったので、体と手にはよく切れそぉなオノを持たせた。
理由はない。
IMG_2690
しばらくは新雪を楽しむのだが、だんだん下るにつれて雪も少なくなる。

かなちゅうは、さみしさでいっぱいだった。
そして、どぉしても我慢できなくて、顔、埋めてみた。
IMG_2693
そのままの顔が浮かび上がった。
もはやアート

サングラス、ニット装着のままですが、この鼻は装着品ではございません。
もともと高いので、あしからず


下りはどんどん雪がなくなる道を下山することはもはや楽しみもなくただ足の裏への衝撃を受け止めながら1:28分、下山完了です
トータル6時間、山の中におりまして「のんびり里山歩き」のはずが、「ガッツリ登山」になってしまいました

それも良いっ


下山後の楽しみは温泉
北勢阿下喜までいき、(藤原岳より5.7キロ)天然温泉入ってきました
IMG_2695
施設がキレイでしたし500円とリーズナブルで銭湯だけどお湯は掛け流されてるのでとてもキレイでした

帰りの車も山の話をたくさんして、ご飯を食べて帰路へ

yoshiさんとのお久しぶり登山、この夏でかなりレベルアップされたみたいでもぉかなちゅうは追いつけないですわ
でも、負けてらんないのでかなちゅうも面倒くさがりですが頑張って山を登ってまた来年も素敵な山登りが出来ると良いなぁって思ってます

素敵な山登りでした

翌日、日曜は豊田ボルダーです
また記事あげますね

おやすみなさぁい