こんにちゎ~


3連休のかなちゅう。
何もない休みの過ごし方がわからない。

どんも、普通ってナンダ
探し求めるかなちゅうでぇす


さて、日曜日は長野県と新潟県の県境にある「雨飾山」へ行って来ました。


ソロっす


2014-06-28-21-10-45
岐阜を土曜の15:30頃出発し、のんびりSAなどでご飯も食べながら21:00目的地の「雨飾高原キャンプ場」に到着
当然ここまでの道のりもほぼ街灯がなく、おまけにバケツひっくり返したような雨が降る中の到着で一安心

雨が強いので、外にでることもできないのでワタワタと寝床を作りとっとと寝るに限る。
21:20就寝・・・

3時に目覚しかけたけど、真っ暗な上に雨降ってるし・・・
もぉちょっと寝るため目覚し4:15にSET。
2014-06-29-04-18-52
あらあら、予想以上に明るくなっちゃってました

なるほど、こんな風になってたのかと周囲を確認。
2014-06-29-04-18-56

2014-06-29-04-35-24
そぉなるとなんだか焦るかなちゅうは、朝ごはんを済ませ身支度をして5:03スタートします。
2014-06-29-05-04-42
持ってる本では、登り4h、下り3.5hの7.5hだったのでそれを目安に登る。
2014-06-29-05-04-51

2014-06-29-05-04-55
やはり朝まで雨降ってたのでぬかるみがすごいです。
2014-06-29-05-05-15
入り口に丁寧に案内看板があるので、なんかあった時のために撮っておく。
2014-06-29-05-06-53
最初はいきなり少し下ります。
気持ち良く。

そしてしばらくの木道歩きに変わります。
2014-06-29-05-11-57

2014-06-29-05-15-04
水芭蕉が咲いていた跡。
キャベツ畑みたい

そしてさっきまで降ってきた雨もあってか川、増水大サービス中。
2014-06-29-05-19-00

2014-06-29-05-20-47
雨飾山は400mごとに、看板が設置されているので目安になります。
急登箇所も3つと聞いてたので、そんなにえらくないかな~なんて思ってたら急登きましたよ!
2014-06-29-05-21-36
ここが1つ目の急登かぁ~と思いながら登っていく。
とっても滑りますっ
2014-06-29-05-24-30
すぐに鳳凰三山を思い出した。
「あの日と同じハイステップ・・・」
2014-06-29-05-26-28
「あの日と同じ傾斜・・・」
2014-06-29-05-34-32
な・・・なげぇ・・・

そして木の根がむき出しなので、つまづくは、滑るはでかなちゅうは既にドロドロ・・・
2014-06-29-05-54-17
でたーーーーーーーーーーーー(゚∀゚)!!!!!!!!!!!!
YES!木道っ!!!!
2014-06-29-05-56-44
あら、ここからあと120分で頂上?
となると、タイムがかなり狂う
ま、いいでしょう基本気にしない♪
2014-06-29-06-03-40
NOーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!
また急登やんかーーーーーーーーーっ!!!!!!
落ち着いた呼吸、返せーーーーーーーっ(`Д´)ノ
2014-06-29-06-09-39
晴れ空を見ながら、落ち着こう。
だって、なんか嫌な予感するもん。
この先、ずっとずっと急登続きそうな気配やもん。

そして道には育ち過ぎたカエルを見てビビるかなちゅうさん。
そして枯葉と間違えて踏みかけた、これまた育ち過ぎのナメクジ。
2014-06-29-06-14-43
白山にもいたけど、梅雨の時期ってこのサイズ多いね。
かわいくない。
この辺りで1人おにぃさんに追いつかれる。
そして荒スゲ沢までご一緒することに。
2014-06-29-06-18-09
まだまだ残雪ある雨飾山。
2014-06-29-06-18-58
くらい樹林帯の中だから余計に溶けにくいのでしょう。
しばらく樹林帯を歩いていると、荒スゲ沢手前の開けたところにでる。
2014-06-29-06-26-57
この開けた景色、最高にごちそうさまでしたっ
やはり、樹林帯<開けた場所ですね。
2014-06-29-06-31-23

2014-06-29-06-31-26

2014-06-29-06-31-32
長ーい雪渓歩きですが、アイゼンは不要だと思います。
心配の方は、軽アイゼンあるといいですが、早出の方のみとなります。
雪は、きっと日が照ると腐ると思いますのでアイゼンはかからないと思います。
2014-06-29-06-34-41

2014-06-29-06-36-26
そんなこと言ったって、ビビリのかなちゅうのザックにはお守りで軽アイゼン入ってたけどねぇ
2014-06-29-06-37-48
この雪渓歩きは一番涼しかった。

でしょうね
2014-06-29-06-47-02
荒スゲ沢を渡ったら、再び急登の樹林帯へ(笑)

薄々気付いてたけど、核心した。



この山は、全部急登だっ
それでもたまに樹林帯から一瞬抜けたところからの眺望は抜群!
ただし、どれが何山とかわからんけどねっ
2014-06-29-06-58-30
登る前にアミノ酸を飲んだのだ。
しかし、本日はなぜか効いてこない。
めっちゃえらいっす
2014-06-29-06-59-40

2014-06-29-07-00-42
萎える急登。
荒島岳が日本百名山ではずば抜けて有名な急登のように聞くが、比べ物にならない。
2014-06-29-07-02-11
こぉして樹林帯を出たり入ったりする。
中にはこんなアートな雪と風の作品。
こゆの好きです。
2014-06-29-07-03-06
集中力もないかなちゅうは、そろそろ樹林帯に飽きてダレてきた。

そんな時やっと開けるような気がしたのだっ
2014-06-29-07-03-52

2014-06-29-07-07-29

2014-06-29-07-11-59
暑いっ
帽子がザックに眠っているがなんだかこの日のザックがしっくり来てた為外すのがいやで、首に巻いてた手ぬぐいをほっかむりしてた。
絶対、ダサいと思われてるに違いない。

でも、かなちゅうは早出組なので周囲には誰もいない。
2014-06-29-07-17-09
ボルダリングで言うならば、薄いカチ続きのスラブ。
最後はツノとって終わり。
なんて、ラインを読みながら行ったりした。
2014-06-29-07-18-08
きもちい稜線歩きです(急登を除けば)


ミニ北岳(八本歯のコル意識)みたなとこ出てきたっ!
2014-06-29-07-21-22
梯子二か所ありっ
2014-06-29-07-26-08
登って、下みてみたけど、傾斜割とキツめです。でも良い練習になった
2014-06-29-07-28-35
ガス上がってきた。

ここまでかなちゅうはずっと独り言してた。
話す相手って重要かも。
2014-06-29-07-32-12
9/11地点に到着。
この辺りで後ろから1組あがってきたので、ようやくほっかむりをとる。
2014-06-29-07-37-15
きっとここは「もぉ一息」の場所なのであろう。
割とフラットで天国みたいでした。(行ったことないけど)
2014-06-29-07-37-36
あと40分程で山頂に着きます。
虫が多くとんでるので、再びほっかむりをして耳への侵入を防ぎます。
2014-06-29-07-37-43
ヤダぁ~ん、ガスってきちゃったぁ
2014-06-29-07-42-08

2014-06-29-07-42-17

2014-06-29-07-44-10

2014-06-29-07-50-00

2014-06-29-07-51-00
最後にここからの急登を超えれば山頂。

がんばっ、かなちゅう
2014-06-29-07-56-17

2014-06-29-07-59-44

2014-06-29-08-00-27
7:57無事山頂に到着しましたぁ
2h56min、予定より1h近く早いタイムで登ってきました
2014-06-29-08-14-17
ちょっと、ブログ長くなってしまったので前編はここまで。

続きは、またあがる後編で♪

お楽しみに