こんばんわ〜


眠い(´・_・`)
どんも、夜更かし不可なかなちゅうです。
夜21時が限界です。

さて、日曜日は急遽三度目の焼岳にイッテキマシタ。
2014-07-05-11-38-49
2014-07-05-12-02-10

かなちゅうさんは前日、久しぶりに女の子の休日「ランチ」てやつをしてきました。
マクロビランチ。
2014-07-05-16-25-54

そして更にその前日の夜には、会社の懇親会で決めてきた華麗なるジョジョ立ち。


これが本当のワタシ。



さて、話戻しましょう。

土曜日の晩から入り、安房峠トンネル前にて待機。
霧雨は止まず、登山予定開始時刻の4:00を優に越し諦めモードだがこの日は昼間だけ晴れマークついてたので信じて登山口へ。
2014-07-06-04-34-47

既にたくさんの人が雨の中準備していた。

かなちゅうは駐車場でもしばらく待機。
そして、今回は別組のyoshiさんも到着。

少し話し、かなちゅうも用意し5:35出発します。
2014-07-06-04-34-59

新中の湯コースです。
ここからの登山、3回目。
2014-07-06-05-29-19



しばらく樹林帯です。
初めて来たのは数年前、単独で。
その時は登り2h15minでとにかく早かった。いつもソロは早いかなちゅう。
2014-07-06-05-38-35

ドロドロとぬかるむ樹林帯だが、焼岳の樹林帯は晴天でもぬかるんでいる気がする。
そんな変化に気が付くのも3回目だからだろうか(´・_・`)
2014-07-06-05-45-45

雨がゆっくり止んで来た。

樹林帯の中は、葉から落ちる雫でザックが濡れる
2014-07-06-05-59-19

この日のかなちゅうのザックの中身はレイン上下にドリンク1.5Lと細かいヘッデンやエマージェンシーグッズなどとても軽い♬
2014-07-06-06-14-10

そしてザックが軽いからか足取りが早い早い!!
2014-07-06-06-34-48

ストックもついて、辛い登山はしないようにしてた。
2014-07-06-06-38-37

のに、あっとゆう間に焼岳参上!

ここまで1hくらいで来た。
速すぎる。
なのに呼吸の乱れナシ(´・_・`)
2014-07-06-06-41-24

ここで山頂アタックに向け帽子をかぶり、そんなに休まず歩き始める。
2014-07-06-06-48-17

ガスったり、晴れたり、こんな焼岳を見るのは初めて。
山は本当に色んな顔を見せてくれる。
2014-07-06-13-40-45

2014-07-06-06-48-27

2014-07-06-07-05-15
2014-07-06-07-09-55
2014-07-06-07-20-44
2014-07-06-07-22-36

湿度が高く、さすが梅雨。
焼岳は涼しいがそんな事は関係なく汗が吹き出してくる…
2014-07-06-07-34-07

噴煙柱も、お馴染み。
だけど今日はなんだか勢いが弱い気がする。
2014-07-06-07-35-37
2014-07-06-07-35-30
2014-07-06-07-36-35

分岐に到着!
池にはまだ雪があるけど、登山道にはありません。
何度見ても不思議な火口。
2014-07-06-07-42-03

ここまでに6組抜いてきた。
スピード狂か(笑)
2014-07-06-07-45-14

2014-07-06-07-51-34

2h15min、またまた最速タイムで山頂に到着です。
速すぎる。
2014-07-06-07-54-36

お決まりの岩場へ。

かなちゅうがあがってきた時は笠ヶ岳から前穂高までが雲にかかりながらもしっかり見えた。
2014-07-06-08-38-12

これからの天気を期待し、しばらく待機。

20分後くらいに東北から旅をしているおじいさんが到着。
出身県、出身地をドンピシャで当てたが年齢がニアピン賞でカンパン3つもらえた(笑)

その方はおにぎりを食べてすぐに下山されたがかなちゅうは朝も早く着いた事だし粘った。

9時まで。
かなちゅうが一番気に入ったのはこれ。
2014-07-06-08-35-21

前穂高〜奥穂高。吊り尾根がキレイに見え左にチョコンと槍が顔を出してるの、見えますか??

ベストショットです(笑)

どんどん人があがってきます。
山頂はいっぱいです。
2014-07-06-08-58-04

yoshiさん達を待っていようかと思ったが我らのペースで9:00下山開始。
梅雨の晴れ間の素敵な景色、ありがとう。

すると、分岐からこちらへ向かってるyoshiさんグループ発見。
2014-07-06-09-07-58

少し話して再び下山。

どんどん人は上がってくる人気のコース。
なんせ、最短ルートですからね。
駐車場が見えてきた。
2014-07-06-11-02-15

すごい車の数。
でも、これでも少ない方だと思う。


下山タイムも驚異の1h20minと、何を目指してるのかわからないような最短タイムで帰って来た。

靴を脱ぎ汗ベタベタで温泉へ向かう。
2014-07-06-11-10-54

ありがと、焼岳。
また来るよ。




で、お気に入りの秘湯へ向かったのだが…
2014-07-06-11-32-11

土砂崩れのため、休業らしい…
めっちゃショック…_| ̄|○


で、渋々「ひらゆの森」へ。
2014-07-06-11-36-12

お気に入りの温泉のひとつやけど、最近の混み方が異常で遠のいてた。
でもこの日は日曜日のお昼やったでか空いてた♬

汗も流れスッキリし、帰りはじねんじょ♡
2014-07-06-12-48-32
2014-07-06-13-00-19

登山後の空腹におかわり自由の麦ご飯♬
大満足( ´ ▽ ` )ノ
途中安く野菜も購入♡
2014-07-06-13-34-01

大好きな長寿水も汲み、堪能して帰路へ。

洗濯をすぐにして、まだ食べるかのバーガーキング。
2014-07-06-18-36-07

そして21時には既に寝ていたという健康体質!!
4時頃一旦目覚めるが二度寝。

うちから車で3h30minくらいで着く焼岳はお手軽でかっこいい山です。
今季の梅雨は、鳳凰三山に、雨飾山、焼岳と梅雨とは思えないほどのお天気に恵まれ最高でした

最近、身体が疲れているので休みながらもまた次の楽しい山を目指していきます!

おやすみなさい( ´ ▽ ` )ノ