こんばんわぁ〜(´ω`)ノシ


「かなちゅうさん、幸せってなんですか?」

「わたしが聞きたいです」


どんも、本日も全力かなちゅうです(´・_・`)

日曜日は、長野の蓼科山に行ってきましたぁ♬
前日急遽、山友yoshiさんに誘ってもらいまして人生二度目の蓼科山♡

yoshiさんの山友のさとやんさんは、コメントでしか関わりなかったけどずっと会いたかった山友さん。

そんな三人で行く蓼科山。
土曜日の夜に迎えに来てもらい、まずは諏訪SAを目指す。
2014-07-12-23-45-53

ここで朝3:00頃まで仮眠とる。

人見知りしないかなちゅうは、どこでもウルサイ(ノ゚Д゚)
ほぼ一睡もせずに蓼科山7合目へ向かう。
2014-07-12-23-46-04

月が大きく、月灯りで歩けそうなくらい明るかった。
2014-07-13-04-41-18

迷いながらもなんとか駐車場に着き、4:53に出発です。
2014-07-13-04-41-15

蓼科山のイメージは良くない。
三年前くらいかな、寝不足からくる高山病で終始辛かったうえに急登だった気がする。
2014-07-13-05-06-00

今回さとやんさんが初の蓼科山だと言うことや、急登も考慮してペースはいつもよりもゆっくり。
2014-07-13-05-25-05

というより、最近のかなちゅうの登山はストイック過ぎた(笑)
のんびり登山は久しぶりで気持ちよかった

そのお陰か汗はほとんどかかず、またもや喋り続けた。
2014-07-13-05-32-30

あっとゆう間に「蓼科ヒュッテ」に着いた。
2014-07-13-06-04-27

ここでyoshiさんとさとやんさんが来るの待つ。
待ってる間、蓼科ヒュッテのグッズを見る。
2014-07-13-06-05-36
2014-07-13-06-05-43

購入とまではいかないが、なんてセンスのあるTシャツ!!
かなちゅうの心の掴み方、わかってらっしゃる。
2014-07-13-06-08-32

ほんでもって鳥飼ってる。
なんやろ(´・_・`)


2人が到着したら、体が動かなくならないように、10分の休憩をとって再出発!
2014-07-13-06-21-16

蓼科ヒュッテから山頂まで約40分です!
あと一踏ん張り♬
2014-07-13-06-28-45

高度感も増して、岩登りへと変わる。
2014-07-13-06-31-58
2014-07-13-06-38-49

イワカガミる。
2014-07-13-06-40-07
2014-07-13-06-44-37
2014-07-13-06-47-23

ファイト♬
ファイト♬

成長したかなちゅうがそこにいた。

そして見えてしまった。
やっちゃん。
2014-07-13-06-51-08

もー少しで山頂。
2014-07-13-06-54-09
2014-07-13-06-56-00
2014-07-13-06-56-42

そして2h10minかな?
そのくらいで山頂に到着しましたぁ( ´ ▽ ` )ノ
みんな、お疲れさまぁ
2014-07-13-07-12-43

2014-07-13-13-05-08

山頂で若いおにいさんに写真撮ってもらいました。
おにいさん、すごく元気でテンション高校生(´・_・`)
八ヶ岳大好きみたいで、とっても興奮してみえた。
おにいさんがジャンプして写真撮ってたのを見て、自分もトライ。
2014-07-13-07-11-54

10回くらい跳んだ。

いや、跳ばされた。
お腹しまってもしまっても出てしまうため、チラ見え失礼します(笑)
2014-07-13-07-16-13

蓼科山の頂上は、大きな溶岩で覆われているため、樹林が育たず360度の展望がありまーす。
この鳥居は、蓼科神社の奥社。
登山口にあたる七合目にその鳥居が立ってますね。
やっぱり不思議な山頂(*≧д≦)
2014-07-13-07-51-48

吹っ飛びそうな程の強風でしっかり歩けなかった(笑)
でも、八ヶ岳、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、浅間山はハッキリ見えました♡
先週行った焼岳から見た槍ヶ岳や穂高連峰も見え、感動再び
そして親子の山猿です。
2014-07-13-07-35-37

本当のお父さんみたいに大事にしてます。

山頂で少しお腹を満たして、下山を始めよう。
なぜなら、雲行きが怪し過ぎる。
2014-07-13-08-50-45

とりあえず、下山はマイペースに山頂から将軍平の蓼科ヒュッテまで15分で降りれた。
やはり、下山で1人は早すぎる。
そこから20分程、待つ。
楽しい待ち時間でした。
おじさんと仲良くなり山の話や、一緒に来てた人がハーモニカの先生で試し吹きしてくれたり〜♬
次回は演奏聴きたいなぁ〜♡

霧雨が降ってきたので、上だけレイン着て下山。
早いもんで9:30に下山完了です。
2014-07-13-09-30-45

山の工程は短いから、今から登り始める人たちがたくさんいた。

かなちゅう達は、迷子になりながらも調べた温泉「小斉の湯」へ向かう。
どんなとこかな〜って楽しみにしてたら。
2014-07-13-10-56-10

過去2回も行ったことある温泉やった(笑)

どんも、忘れん坊将軍です(´・_・`)
あかんなぁ(笑)
内湯は1Fにあって、露天がいくつもある。
かなちゅうは女性専用最上階の森林浴の湯へ向かう。
2014-07-13-11-02-08

ぼっこい廊下を登る。
2014-07-13-11-03-17

お湯は酸性泉で塩っぽいけど、トロみがある、そーいえば「お湯は良かった温泉」だ。
1h近く入ってた。

その後は白樺湖周辺に戻り、お食事と土産物色(o_o)
2014-07-13-12-36-28

サラダ、スープバー付きのランチを頼み、サラダを食べた食べた。

雨の白樺湖は登った山すら思い出させてくれない程、ガスって寒い。
気温、16度です。
2014-07-13-13-29-35


土産のチップスは既に限界を迎えてる。
2014-07-13-13-12-46


のんびり、渋滞にハマりながら帰宅は20時前。

登山時間よりも観光、移動の多い蓼科山の旅やった。

久しぶりにのんびり登山が出来て気持ちが楽でしたぁ( ´ ▽ ` )ノ