こんばんわぁ〜


仕事納めです。
おさまりました。
どんも、納める程抱えていない下っぱのかなちゅうです。
朝1からかなちゅうのみ、掃除でした。

さて、掃除し過ぎて腰を痛めたかなちゅうさん。
12月23日は、天皇誕生日にかけまして美濃にある天王山と誕生山を縦走してきました!
2014-12-23-08-53-46

昨年一緒に登ったお友達と、今年も登山。
一年って早いねぇと話してました。
2014-12-23-08-58-58

どぉやらこちらは少し雪が降った様子。
市内とは景色が全然違うため、検討もつかなかったが雪景色、キレイ♡
2014-12-23-08-59-48

いつもの大矢田神社コースからあがりまずは天王山山頂を目指す。
2014-12-23-09-28-22

今年は寒波が来過ぎです。
2014-12-23-09-44-24

そして冷え込み方がいやらしい。
2014-12-23-09-48-30

45minで天王山山頂へつきました。
2014-12-23-09-52-27

標高は600m弱なのに、そぉ思わせない絶景。
2014-12-23-09-55-51

穂高辺りに居るのではないか、うっかり勘違いするとこやった。
薄っすら雪化粧、恐るべしっ!!
2014-12-23-09-51-02

かなちゅうは、ここへ来た証を残す。

15min程休み誕生山へと向かう。
2014-12-23-10-04-08
2014-12-23-10-05-43

1h30minくらいで縦走できるらしいが、この縦走路はみんなキツイと言う。
確かに、急やった。
かなちゅうも滑り、また友達も滑りドロドロ。
2014-12-23-10-41-16

この鉄塔から少し道がわかりにくいが、目指す方向にある分かれた道さえ見つければあとはそこを歩くのみ(・ω・)ノ

基本樹林帯の中ですが、こんな景色が見えるとこもあり、一瞬感動する。
2014-12-23-10-41-45

2秒でまた樹林帯戻るけどねww
2014-12-23-10-41-50

所々案内はあるので、踏み跡さえしっかり行けば迷うことなく誕生山へむかえます。
天王山からの縦走路は基本下りです。
なので、誕生山から縦走される場合はほとんど登りです。

天王山から縦走すると、最後に急登があるのですが、そこでふくらはぎが悲鳴をあげだす。
2014-12-23-11-31-54

休み休み行くとゴールの鉄塔が見える。

「いつの間にかゴール」です。
2014-12-23-12-08-41

こちらの景色も、やはり絶景。
そして、無事誕生山へ来たので天皇万歳です。
2014-12-23-12-14-35

山頂で仲間も一緒に万歳してくれました。
2014-12-23-12-14-47

きっと、年中ここで万歳してるんですね。

天王山出発は10:00、誕生山山頂到着は11:30となんともキレのいいタイム。
赤いきつねを食べましたが、うっかり写真撮るの忘れてました…


ご飯食べたら少し休んで下山です。
パイプを掴んでユックリ降ります。
なぜ、誕生山周辺はこんなに急登なのだ…
2014-12-23-12-31-14

そして、去年のブログにも綴った「どこんじょう松」も拝見。
2014-12-23-12-23-39

お変わりなく、安心しました。
2014-12-23-13-01-42

尾根コースを通り、ピッタリ13:00にライスセンターへ到着。
休憩込みの、4hですべての工程が終了です。

あらかじめ友達の車を、ライスセンターに置いて、乗り合わせで天王山に向かい、誕生山へ抜けてまた車で天王山へ戻るという賢い縦走のお陰で、とても楽しく楽チンな縦走を楽しめました。

帰りはいつもの子宝の湯へ。
2014-12-23-13-47-44

天王山⇨誕生山の縦走で、天皇誕生日。

お祝いとともに、自分も充分に楽しめた祝日でした。