こんにちは(・ω・)ノ
のんびり更新中。

どんも、のらりとかなちゅうです。
お待たせしました八ヶ岳。
赤岳でバッチ買ってから時間立ちすぎちゃいました。

反省しながら書いております。

8:13とりあえず軽食でパンを食べたらすぐさま横岳へ向かいます。
image

こんな景色を見ながらご飯食べて最高♪て思ってたらものすごい下り。
そしてここの道は、もし行者小屋で文三郎尾根にこなかったらピストンしていた地蔵尾根の道。
ここはピストンしなくて本当によかったと思っている。
image
image
image

何も変わらない写真に見えるかもしれないが、撮ってる側は、少しの変化に興奮しながら写真を撮る。
image

下りが急過ぎて逆に時間かかった。
8:54、赤岳展望荘に到着。
10分押した。
ここでトイレ休憩。
長い階段を降り長い廊下を歩きトイレへ。
すでにこの地点で足が…
image

富士山よ、我に力を…
2016-06-11-09-02-49

8:58再び歩き始める。
名前をど忘れしましたがたくさん花、咲いてました。
今年は時期が早くてたくさんお花に出会えます。
2016-06-11-09-05-20
2016-06-11-09-05-36
2016-06-11-09-07-11

9:07、ここが地蔵尾根を歩いてきたらたどり着く場所ね。
尚更来た道をピストンが考えられなくて、周回してホッとしている。
2016-06-11-09-09-08

いよいよ横岳への本格的な登りが始まろうとしてきた。
実はノーマークだった横岳。
過去へ硫黄岳へ行った際、そこからみた稜線がとてものんびりと気持ちよさそうに見えたからだ。
2016-06-11-09-24-53

やぁーー。
完全に、読み間違えたな。
あれだな。
ここは硫黄岳からではなかなか見えにくいところでね。
2016-06-11-09-28-09

スゴい登りに、一番きつかったかもしれない。
それは文三郎を歩いてきたからってのもあるけど…
2016-06-11-09-18-59
2016-06-11-09-34-35
2016-06-11-09-35-41
2016-06-11-09-36-07
2016-06-11-09-36-41
2016-06-11-09-39-27
2016-06-11-09-39-29
2016-06-11-09-51-21

お花、岩のシリーズ。
9:53、まだまだ続く横岳。
一番長いぞ。
お天気も最高に良くて、体力をどんどん奪っていくぞ。
普段よりもこまめに水分補給を心がけたがなかなかおいつかない。
2016-06-11-09-53-42

三叉峰。
2016-06-11-09-54-52

まだ朝10:00。
早起きはやっぱり三文以上の得だね。
2016-06-11-09-55-23

疲れてなくはないが、こんなロングの時のために飲むとっておきのアミノ酸のおかげで、まだまだ歩けるような気もする。
2016-06-11-09-57-19
2016-06-11-09-59-26

冬道用ハシゴ。
2016-06-11-10-03-52

そしていよいよ…
長かった。
だが時間的にはそれなり。
10:07、横岳到着♡
2016-06-11-10-07-22

ここは少し休んですぐに通過した。
この横岳の看板?に、スリングとかくくってマルチの人たち3名あがってきた。
まず、くくるものがなかったけど見ている方が怖かったくらい頼りないものにくくるんだなって思った。
2016-06-11-10-20-04
2016-06-11-10-26-32

10:20、こんな素敵な道を、もっともっと歩いてたいと思える。
絶景。
2016-06-11-10-31-51
2016-06-11-10-39-44

10:47、硫黄岳山荘に到着。
暑い。
そしてここで大休憩。
少し行動食と水分補給。
あとのことも考えて早めの行動。

10:59、ケルンにいよいよ近づいてきた。
2016-06-11-10-59-55

行きますか。
もーすぐ硫黄岳だ。
2016-06-11-11-10-05

あそこにいたんだ。
と、いろいろ思い出に浸りながら歩けるのが八ヶ岳のいいところだよね。
くるっと回って、それがうそみたいな距離感で。
11:14、最後のピーク硫黄岳に到着しました!!
2016-06-11-11-14-10

何気にケルンの登りがえらかったーーー!
なんというか、以前の硫黄岳を登った時に思い描いてた道と全然違うので笑えた!
山ってやっぱり面白い!!
2016-06-11-11-15-01

さすがにちょっと体が冷えるまで休憩した。
疲れた。
少し寝転がってみた。
硫黄岳のみ、天候は曇り。
だが、今はそれで良い。

爆裂火口。
2016-06-11-11-15-35


さすがに降りないと、下山の元気がどんどんなくなるので勢いに乗ったまま下山開始!
11:39、おりまーーーす
2016-06-11-11-31-20

もうすぐ樹林帯なので、この景色ともお別れ。
この景色あって歩けた部分は大きかった。

長くなりました。
続きはまた(・ω・)ノ