こんにちはぁ(・ω・)ノ

続きはまたがすぐ!

どんも、これくらいいつもサクサクあげれれば…
反省かなちゅうです。

硫黄岳へお別れを告げ、赤岩の頭へ。
2016-06-11-11-47-23

11:45、分岐です。
また、いつか絶対に来るから。
待っててね、赤岳。
2016-06-11-11-48-00

あとはしばらく樹林帯の中をうだうだ歩き続ける。
そろそろエネルギー切れか、だんだんと足取りが重くなり、思考回路も停止。
途中休みを入れつつ。
2016-06-11-12-33-51

なんとか希望の小屋を見つけた時は、分岐から1hしか歩いてないのにぐったり。。。
鉱泉小屋手前、鹿ちゃんがランチタイム。
2016-06-11-12-41-17

12:41、赤岳鉱泉小屋に到着。
お腹は減ってなかったのに、人は身体に危険を感じると守るための行動にでる。
2016-06-11-12-51-08

目の前には、腹が減ってないかなちゅうの身体が求めた「結果」が置かれていた。

素直に受け止める。

甘めの味噌で変わった感じの味噌ラーメンだが、美味しく頂きました。
2016-06-11-12-44-58
2016-06-11-13-12-40

アイスクライミングの壁も、すっかり溶けて。
だって、暑いんだもん。

13:12、あと一踏ん張り。
歩き出します。
2016-06-11-13-13-46
2016-06-11-13-22-53
2016-06-11-13-27-18

あと少し、あと少しとたくさんの人に追い抜かれながらもゴールを目指す。
2016-06-11-13-38-06

そろそろ歩くことに飽きてきたかなちゅうは、その辺の写真を撮りだした。
まさに危険を感じたその時、またもや希望を。
2016-06-11-14-35-35

便座の温かい大好きなトイレがある美濃戸山荘に到着。
多めにチップを持ってトイレを済ませ、すっきり♪
2016-06-11-14-41-37

そして、やまのこ山荘の駐車場も見えてきましたよ!
14:41、無事、赤岳→横岳→硫黄岳の周回縦走を終えることができました♡

感無量です!!
汗臭すぎてベタベタ過ぎて、風呂にすぐに入りたい!

そして下山後はなかなか温泉みつからず、公共の宿「もみの湯」へ。

すると、八ヶ岳縦走のいろんなところでみたいろんな人がご一緒に。

みんな、ここしかなかったんだなと。
2016-06-11-15-23-29

水風呂が、息できんくらい冷たくてキンキンでした!
疲れをしっかりとってゆっくり岐阜へ向かいました。

自分がこの縦走を出来るなんて思わなかったから、嬉しかった。
そしてやっぱり八ヶ岳は面白い!

楽しめた縦走でした(・ω・)