こんにちわぁ٩( ᐛ )و

朝はあさげ。
夜もあさげ。

どんも、あさげラブかなちゅうです。
ちなみに「朝餉」は朝ご飯という意味です。

毎年恒例、立山へ行って来ました♪
土日に行くのは初めて。
いつも平日に行くのだが行ってみたらやはり人、すごかったー。
5:10からチケット並びました。
始発までウロウロします。
ケーブルカーは揉みくちゃ。
立山、始発狙いの人たち。
すごいー。
バスもこんな後ろに。
土日スゲー。
なんとか補助席を免れ、50分は爆睡。

「降りたくない…」

目覚めの、玉殿の湧水。
がぶ飲みして起きた。
やはりここの水はうまい。
それではゆっくりスタートしましょう。
体力も無いので、いつも通りの
雄山→大汝→富士折立→大走り→室堂です。
てことは、ブログは同じ内容が3つ目に!!

お役に立たずすみませヌ(´∀`*)
写真多めでサラっといきましょう♪
いつもは閉山日頃に行くのでいつもよりも約1ヶ月はやい立山入りです。
なのでいつもの紅い立山というよりは、まだ緑眩しい感じでした。
気温は13度くらいでしたが暑いです。
美しい。
この景色が見たかった。

一乗越でもはや渋滞、と思ったら登山道に凍結した雪道が…
1ヶ月違うと、こんなに雪あるの?
首にバンダナ巻いたグループが立往生&30人程の大渋滞。
人気だ。

登り切ると北アルプス達がぐっどもーにんぐ。
槍ヶ岳しかわからんけど(・_・)
雄山のゴロゴロを登ります。
撮れた写真はこれ一枚…
疲れたよー。
この登りはキツイね。
発狂しながら、9:45雄山に着きました。
背中びたびたです。
参拝したいです。
500円払って、ご祈祷待ち。
一定員だけ入って、交代で雄山山頂にあがる。
時代が変わると、山の入り方も変わって行くのですね。
前は500円必ず払ってってのはなかったから。
安全祈願して頂き、お神酒頂いて清らかになった気がします。
浄化は大切ですね。
すっかり、ピュアですよ。

背中の汗もすっかり乾いた。
さすがアイスブレーカー。
10:05、大汝へ向かいます。
岩稜をアップダウン。
20分くらいで、大汝に到着。
おや?
怪しい雲。
この日は快晴だが、午後からガスると予測されていた。
晴れるでしょう!!
大汝は狭くて混みますので少し離れた所でパンをかじり、のんびり休憩。
景色を楽しむ。
あまりミーハーではないので、ここに来たから劔岳見たい!とかそぅゆぅの無くて…
どちらかと自分、しっかり持ってます。

富士ノ折立へ向かう。
大走りは降りたくない。
でも、別山行く元気ない。
そんなこと考えてたら急登を下り、大走りに到着してしまう。
おや?
飲まれそうだ。
別山へ行く理由がどんどんなくなっていく。
やはり大走りで帰りましょう。
いつも、大走りがどこかわからなかった。
けど、こんな親切な物が立ちました。
ありがたや。
これで迷わない。
大走りは、かなり急でザレてるので疲れやすい。
登ってくる人も土日とくりゃ多いのだがいつも平日にくるので誰ともすれ違わない。
みんな別山へ当たり前に向かう。
なので、いつも途中で不安になり、腰を下ろし
「迷ったかなぁ」
と反省してみる。
決まった岩の上に座り、こーやって悩んでるが、結局信じて降りる。
地図に大走りが載ってないんだ。
急登ザレてて危ない
みたいなのは書いてあるけど…
でも、あの看板でももうわたし迷わない
歩きでは休みを繰り返す
どっちかってと、休みを増やした。
例え雲が迫ってきていようが。
さて、沢近くにおりてきました。
かなちゅう1番好きな場所。
同じ写真に見えます?
見えませんね。
美しい。
いつもは真っ赤にもえている立山だけど、緑もいいね。
秋、きてます
テントも多い。
天気予報は2日とも晴れですもんね。
さて、テン場からが大変。
登りなのです。
ここから呼吸は乱れる。
脈も早くなり頭痛くなるー
地獄谷。

実は立山に来たのは、もう一つ理由がありまして。
立山曼荼羅の絵をみて惹かれてしまい行きたくなりました。
地獄の疑似体験というわけです。
みくりが池も、ガスでまっくら。
室堂帰って来ました。

いつもよりは少ない気がします。
たまったまこのバスに乗れたという。
帰りのバスも爆睡…
そして今回の温泉は、吉峰温泉。
お湯はトロトロでした。
ただ古くて少しだけ、気持ちが、ね。
かなちゅうは、立山駅の千寿荘入りたかったが土曜はやはり人が多かった。


また平日に来て温泉も満喫して帰りたいなぁと思いました٩( ᐛ )و