こんにちはぁ(*'ω'*)

どえらい懸賞が当たり、来週家に大分から別府の温泉をタンクローリーで運んでくれて自宅で温泉が楽しめるという手間のかかるものです。

たまらん話やが、家に温泉ために来るだけにこちらへいらしてくれるなんて…♡

どんも、引きが強いかなちゅうです。


さて、温泉好きのかなちゅうは先週飛騨方面へ温泉に。

しかしそれは天蓋山の帰りに♪

紅葉はピークのようですね。
天蓋山のPに到着です。
今回は遅めの出発、といってもこのへは3hくらいかかるので早めに家を出てきたつもりですが、残業で遅くまで働くと起きれません。
8:42出発します。
大きな山々は次々と冠雪が伝えられる。
ここはピークが1572m、まだ大丈夫かと。
最高の天気で癒されます。
これが登山口への目印だがわかりにくいので、まずは迷わずPから真っ直ぐにすすんでください。
すると次第にこの看板が現れ、手前に登山届を書く場所があります(*'ω'*)
お天気に恵まれ美しい紅葉の中、歩き始めます。
最初はフラットな道が続きます。
美しい沢の横を歩いていきます。
土がツルツルと滑って湿気ってます。
しばらくこんな感じで歩いていくとこれから急登らしいところに差し掛かります。
わかりやすい。
しばらくこの程度の傾斜を登ります。
暑い。
いい天気だよ。
風もなく、ただ汗をかきつづけます。

親切なのは、見落とさない限りここがどこかわかる。
実際、この先も延々と急登は続く笑
気持ち的にってことかな?
しばらく歩くとすずめ平。

すでに伊吹山の山頂辺りと同じ標高。
とてもそんな風に感じない穏やかな山です。

人気の山らしく続々と登山客が訪れる。
そしてここからの眺望も最高。
後立山連峰が見えるそうで。
山はすっかり雪化粧。
ここから30分程で山頂です。
360度パノラマ。

岐阜県飛騨市と高山市との境に位置する山で、山名は仏像の上にかざすきぬがさに似ていることに由来するみたい。

天蓋山の登山口となる山之村地区は、北アルプスの山ふところに抱かれた山深い村。
穂高、立山、薬師、劔、反対側には焼岳、御嶽、更に白山まで見ることができ、写真ではわかりにくいのですが山は紅葉の絨毯になってます。
背中びしょびしょだけど空気は冷たいのでこんな感じで過ごします

そして寒いと思っていたが大変天候に恵まれ暑く、トムヤンクンはまだ早かったかも。
美味しくいただきました(´ω`)

しばらくのんびり景色を眺めていたが、どんどん人も上がってくるので11:04下山開始です。
すずめ平には20分ほどで戻れます。
しばらく歩くと、杉玉みたいなのが。
なんか珍しいなぁと思った。

だって他は枯れてるのに、丸く…(´ω`)
ほぼ麓まで降りてくると紅葉は鮮やかだ。
麓だけ歩くのも気持ちがいいかも♪
薄手の長袖1枚で充分な気温でした。
12:24、下山完了です!

なだらかではないけど絶景の楽しめるお手軽な山でした♪
山の村ステッカーを購入。
かわいい♡
帰りは焼岳ガーデンホテルに♪
のんびり浸かりました。
やっぱり登山後の温泉って最高♡
いつもどおり板蔵食べて帰りました。

半分旅行みたいで、楽しめました(*'ω'*