こんばんは(・ω・)ノ

「取り出し」と入力したいのに気づいてよかった「鶏ダシ」になっていた。

どんも、生活感丸出しのかなちゅうです。

さて、鈴田峠で目を覚まして連絡が来る前に長崎港へ向かう。
出航は9:00、その1h前には到着して様子を見たかった。
IMG_0889
しっかり者のかなちゅうは事前に提出書類等を記入した紙を出力し、提出のみだったので船に並ぶのは2番手でした。
IMG_0890
そして誰にでも話しかけるかなちゅうは1番手のご夫婦にお声かける。
色んなお話で盛り上がって、旦那様に至っては話しかけてくれて嬉しかったと言ってくれた。
IMG_0892
これだけ晴れてるんやもん、乗れるやろ。
て、みなさん思うでしょ?
問題は、天気ではなく、波の高さや風の強さによって上陸できるか直前で判断されるので船に乗れたとしても実際に上陸できるかどうかは分からないのでハラハラした気持ちで船に乗り続ける。
IMG_0893
このカードを、首から下げるよう指示される
色は全部で3色。
これは後からわかることだが、早く並んだ人たちは1番遅く船を降りるので最終的には上陸できた際は1番最後に船に乗ることになる。
早く並ぶか遅目がいいか正直わからないところ。
IMG_0897
さよなら長崎港。
とりあえず元気に出発。
IMG_0910

IMG_0913
橋を2つ程くぐると急に天候がおかしくなった。
IMG_0930
なぜ(´・ω・)
ガスりはじめ、なんだか霧っぽいのも飛んで来る。
ご夫婦方と励まし合う。
でも、軍艦島がだんだんとみえてきた。
IMG_0934
船には約40minほど乗るが、三半規管劇弱かなちゅうはよくきくと噂の酔い止めを飲んでなんとか大丈夫だが、波も高くなってきた。
IMG_0942
はっきりと軍艦島が姿を現した。
IMG_0959
物々しい雰囲気。
そんなことより、波止場まで着いたがまだ上陸出来るかわからない。
IMG_0963
なんと、上陸出来るアナウンスが流れた。
そしたらもうみんな我先に降りようと押し合い。
だがそんな時の先ほどのカード。
これでグループわけをして、3箇所で3グループがローテーションして説明を聞くことができる。
IMG_0969
上陸時間が決められている上に、説明時間も決まっている効率化によりたくさんのお客様を上陸させることができる。
IMG_0978
立ち止まる方々もいるけど、時間が来たら説明を開始します。
かなちゅうは絶対にガイドさんの目の前で説明を聞く。(耳が悪いから)
IMG_0982
たくさんの歴史が詰まってる。
IMG_0990
IMG_1004
IMG_1014
IMG_1018
IMG_1026
IMG_1034
IMG_1043
内容は、説明しません。

上陸は年間を通しても80日〜100日程度しか上陸出来ないそうで、本当に運がいいですねも言われました。

捻挫しても念願の山歩いた女ですからっ(。・ω・。)
みなさんもぜひ、軍艦島をおススメします。
IMG_0971
上陸後には、周遊クルーズが待ってます。
IMG_1076

IMG_1085
そして港へ戻ります。
とても勉強になりました。
そして、歴史に触れることが出来ました。
感無量です。
IMG_1136
降りると、上陸証明書を貰えます。
そしてグッズ販売がはじまります。
IMG_0974
これ買ってしまいました。
1340円とリーズナブルでしたのでつい(´・ω・)
まだ未開封です♡

ご夫婦とお別れして、またどこかの旅先でお会いしましょうと笑顔でお別れ(*´-`)ノ

長崎港で空腹を満たす。
すっかり時刻は11:30ですよ。
IMG_1138
テラス席でおしゃれ気取り。
IMG_1139
トルコライス。
何がいいかわからないけど、カロリミット飲まなかった事だけ後悔している。
長崎港は高校の修学旅行以来でとても懐かしかった。
また来れたのでよかった。
IMG_1140
おしゃれな街、長崎。
さようなら。
帰路へつくよ。

でも疲れたから風呂だけ入りたい。

もう一度佐賀の武雄温泉へ向かう。
IMG_1142
今度は鷺乃湯に入浴します。
泉質は武雄温泉統一でかわらず、美肌の湯でした。
温泉にも入ったし、15:00、佐賀を出発します。
帰りに、那の国ちゃんぽんを食べて、この旅4食目のちゃんぽん。
IMG_1144
魚介!て感じ。
リンガーハットがやはり一番好きかもね。

ノンストップで走り続け知らない間に新しいJCTに乗り、気づいたら新しいSAへ。
IMG_1146
耳を立てると、どおやらみんな道を間違えてここへ着いたらしい。
IMG_1145
播磨そば食べて最後の踏ん張りドライブ。

翌朝2:46。
無事、岐阜に到着しました。
とりあえず、眠りました。
フラフラと、予定いっぱいの旅でしたが、満喫。
なんて九州は楽しいんだ。

またすぐ行きたくなる魅力溢れる九州が大好きだ。
IMG_0857
おわり(*´-`)

遅い更新、プチプチきれる内容。
長らく読んで下さりありがとうございました。