こんばんは。
久々ヘルニア悪化で早退。
どんも、どーにかならんかねぇと悩むかなちゅうです。
毎晩ストレッチと入浴は欠かさないのにね。

さて、書写山下山後は30分圏内の世界遺産、姫路城へ向かう。
Pは3hまで1000円だったような?
車を止めて道向かいの城へ向かう。
IMG_5083
もぉ天守閣は混むだろうと予想し、この道はジョギングし続ける。
IMG_5085
キロ8minでも歩きよりマシなペースでね。
IMG_5087
白漆喰総塗籠造りの白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴。
IMG_5091
その姿はしらさぎが羽を広げたよぅな姿から「白鷺城」とも言われているが…

この日は降ったりやんだりで、とても白鷺にはみえんかった。
IMG_5095
天守閣の所要時間は1〜1.5h.
かなちゅうは城内も忍の者同様小走り。
いざ、出陣。
IMG_5092
小走りのおかげで、割とまだ人はいない方。
IMG_5104
城の中はと言いますと、行った人のお楽しみにしておこうかと思います。
んが、広くて羨ましいそんなおうちとなっておりました。
IMG_5113
あるある急階段。
IMG_5119
あるある武具掛。
FullSizeRender
敷地の広さ。
IMG_5125
50minで見学完了。
忙しい人は早歩きがおススメ。
でも、割り込みは禁止よ。
IMG_5137
姫路城よりも興味が湧いたのが、かなちゅうが幼少期より英才教育を受け続けた怪談のひとつ「お菊さん」の井戸があったこと。
IMG_5135
とーーーても深い井戸。
父親は怪談話しかしてくれない人だった。
誕生日も望んでないのに怖い話の本ばかりが増えていった。
お陰でその道は詳しいタメ、ビビりになってしまったよ。

そんなこんなで城の外へ。
姫路城も目当てやったが、この「たまごや」もお目当てのひとつ。
IMG_5143
10:30には並び始めてかなちゅうは2番手。
その頃の姫路城というと、すっかり曇天から回復傾向。
IMG_5141
11:00〜openのたまごや。
IMG_5150
どぉやらこだわりのお店らしく、炊きたてご飯ととれたてたまごを使用。
おかわり自由。
IMG_5151
580円だったかしら。
一回にたまご5個ついてくる。
IMG_5152
食べ放題というと、たまご好きが黙っちゃいない。
米1杯にたまご3個や。

んで持ち帰りの厚焼きたまごも注文。
IMG_5153
帰宅して食べたけど、味は普通だがとにかく重くてずっしり。
お土産の定番だそうですよ。
袋に入れて振り回せば武器になりそうなほど重いので、機嫌よく降り回して帰らないことですね。

夕方には無事岐阜に戻り、ぐったりしてました。ちと姫路は遠かった…

だが世界遺産も観れたし、大好きなたまごも食べまくったし、良い旅となった。
改めて関西は遠いと感じた旅でした٩( 'ω' )و