こんばんは٩( 'ω' )و

先日ご報告いたしました、立山のお話になります。
7/24日。
前日、のろのろと支度をして立山へ向かった。
1:30頃、立山駅に着いたのかな。それから支度して仮眠取りたいけど寝付けず朝を迎える。
7:00頃が始発のはずだが、すでに人がたくさん並んでる。
IMG_6690
平日に夏休みをもらい、劔岳を目指す予定だ。
IMG_6691
慣れたもので、相変わらず高額なチケットを購入し、絶景の立山への期待を膨らませる。
IMG_6692
バス待ちしてる時、お知り合いに遭遇。
記念撮影。
1h程室堂でおしゃべりして高地順応もばっちりでのんびり剣山荘を目指します。
IMG_6699
またまたお知り合いに撮影してもらった「行ってきます」の写真。
ありがとう、行ってきます٩( ᐛ )و
IMG_6706
みくりが池にはまだ雪が残ってる。毎年立山には来るが9.10月に来ることがほとんどで燃えるような立山のイメージ。
爽やかすぎる。
FullSizeRender
高山植物も咲き誇り。
IMG_6726
平日なのにたっっっくさんの人がいる。
IMG_7010
今回は新室堂乗越を経由で剣山荘を目指す。
距離は長いらしいけど、雷鳥坂よりも楽と聞いたので初めてだが行ってみることに。
IMG_6736
新室堂乗越と雷鳥坂は地図で比較しても同じ時間できつさがよくわからなかった。
FullSizeRender
ただ、すぐに身体に異変が。
IMG_6998
九十九折というのか、細かくギザギザと動きそれが登りでザレている。
ザレてる上に強傾斜で歩きにくい。
大きな岩がない。
FullSizeRender
また天気がものすごく良い。
有難いと思えないくらい焼ける暑さと湿度。
IMG_6748
時に曇れば一気に身体が冷やされこれでは体調管理が難しい。
いつもくる頭痛もなんだか違う感じ。
脈を打つ感じ。
ただ、いつも小屋で休めば楽になるし身体がえらいわけではない。
おかしな感じだった。
11:11、剣御前小舎に到着。
IMG_6755
とりあえずなにか食べてエネルギー補給したいが、食欲がない。
夏バテのようだ。
ただお腹は減っている。
食べたくても吐き気のような感じもする。
IMG_6757
食べて飲んでお腹ふくらませ、歩き始める。
IMG_6759
ここからは雪渓歩きの連続だった。
雪渓歩きは大の苦手。
なにがかなちゅうにあったのか、雪渓への恐怖心がデカすぎてとてもビビる。泣く。
IMG_6761
雄大な景色を見て、あちら側に別コースがあったことを確認する。
後に、ここからみたルートが下山コースになることとなる。
IMG_6766
片側が切れ落ちた雪渓は特に苦手。
こちらは情報では3〜4本て言われてたが、実際は8本。
わたしにとっては8本。
情報発信者からしたらノーカウントがいくつもあるみたい。
FullSizeRender
そしてひたすら長い。
ほとんど泣いた。
IMG_6985
恐怖で滑る。
IMG_6987
そしてまた滑る。下手くそ。
7月末はアイゼンなしでもいけるが、なんせこのビビリ。
自分が嫌いだ。
8本にわたる雪渓を越え、12:18このあたりへ。
IMG_6776
すると目の前に雷鳥が…♡
すぐハイマツの中へ隠れてしまったがしばらく見かけなかった雷鳥。
会えて嬉しかったよ。
IMG_6778
小屋も見えてきた。
12:37、無事剣山荘に到着です。
IMG_6779
小屋の方々の温かな対応は一気に安心感をもたらす。
IMG_6780
部屋も綺麗。
布団はミズノのブレスサーモ。
IMG_6784
お昼ご飯はここの軽食をあてにしてきた。
IMG_6792
うどん!
これなら食べられる!
しかも美味しい。
疲れた体に炭水化物と、塩分が最高です。
そしてなんとシャワーも無料で利用出来る。
なのでシャワーも浴びて、のんびり休む。
この後、事件が起こる…