はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

登山

ラースベーダeを登るために

こんにちわぁ٩( 'ω' )و

週末土日をほとんどボランティアに費やし、クライミング全く出来てない。
いつかきっと報われる。
どんも、神様はみてると信じたいかなちゅうです。

さて、前回のラースベーダが気になりすぎて手ごたえ良すぎてあれから毎日登れてる人の動画と登れなかった自分の動画を見比べた。
自分の動画もいいとこまでいった動画と、そうでないものを見比べた。

あれ?
いつからこんなに熱心だったか。
IMG_5390
つって前日、フレンチをご馳走になる機会ありまして飲み過ぎて食べ過ぎてとても翌日狙えるコンディションじゃなかった。
IMG_5393
シェアするフレンチも初めて食べた。
IMG_5394
フォアグラとか色々食べた。
IMG_5395
んで、翌日朝からわたしの思いの丈をぶちまけにラースベーダに逢いに豊田へ。

前日の飲み会もありでいつもより遅く9:30頃到着し、アプローチ開始したものの。
IMG_5402
前回と違うアプローチから来たために、最奥地のマサダまで見学することになり。
IMG_5403
お掃除岩などとにかくアプローチの遠い岩経由で…
IMG_5404
アプローチ1h30minかけて、やっとラースベーダに到着…
なんなら遭難したかと思ったし、気温高くて汗だくで傾斜を歩き続けた結果ふくらはぎパンパンで、ラースベーダは諦めた。
IMG_5415
それでももったいないなぁと少し休んでから、ちょっと触るもやはり核心部で寄せられない。
パワー不足か…
IMG_5419
しばらく休んでカメラを止めて。
カメラ回さすに登ってみた。

そしたら、登れてしまった。


!?
これじゃなんの証明も無い((((;゚Д゚)))))))

なので、カメラ回して最初からもう一度登ってみた。
FullSizeRender
FullSizeRender
寄せもうまい。
FullSizeRender
第2核心も寄せれて。
FullSizeRender
残りはa程度のラインもマントル注意。
FullSizeRender
リトライ。
二度ラースベーダe登ることができましたぁーーーーーーっ(*⁰▿⁰*)♡
IMG_5436
「二度登って、ホンモノ」
よくそんな話をしてるけど、二度登ったぞー!
IMG_5437
最後のマントルプッシュで穴空いた。
けど、マサダまでのロングアプローチも結果いいアップとなり、今日は4トライで登ることができました♡

満足で下山。
IMG_5439
極上おつまみを直後勧められ、王滝へ向かうことに。
最近何度か見に行ってるけど占拠が多く触らせてもらうこともできなかったから、人がいなければどんなものか触ってみたかった。
IMG_5440
王滝Pに止めて極上おつまみ。
前回は苦戦してる占拠人しかみてこなかったけど、多数の苦戦者を見てる故にやる気が起きない。
が、触ってみた。
FullSizeRender
1手目は決まるものの、右手のおつまみがつまめない。
FullSizeRender
気温も上がりシケシケの岩。
左手が滑ってきてしまう。
15トライくらいして、またもやパワー不足。
ジムに行かないから人よりも回数が打てないため、今日は早いけどラースベーダeも登れたし撤収!



でも…


極上おつまみ、つまみたい…



この思いが押されきれず、翌週極上おつまみに何が何でもトライすることにしました。

続きはまた次回٩( ᐛ )و

おめでとう、ラースベーダe♪
と、自分を褒めてやりたい日でした♪

意図的ダブルブッキング

おはよございまぁす٩( ᐛ )و

春が一番好き。
どんも、秋も忘れてたかなちゅうです。

4月13日のこと。
よく晴れました。

朝からボクシング時代の友人と登山をする約束をしてたので6:00頃駅に迎えに行き、そのまま各務原の権現山へ向かう。
IMG_5352
朝が早いのは実に気持ちがいい。
早朝登山が大好きだっ♡
IMG_5354
平坦な道も多く途中はお喋りとまらない。
久々に会えたので色んな話や、お互い歳をとるにつれてのあちこちの不調の話をした。
こぉしておばぁちゃんになっていくのか…と実感…涙
IMG_5355
周りはすっかり近日の強風により桜は散っているのになぜかここはモリモリと満開。
FullSizeRender
IMG_5357
たまにしか会えないけど、久々に会えて登山が出来て。
それだけで、自分にもちゃんと友達がいるんだなって嬉しくなる。
FullSizeRender
10:00には家にいなきゃと言われたので早々に送り届けます。
そして、お昼から時間のあるかなちゅう。

これは意図的であり、合理的な予定の立て方。
続きまして後半戦は、仲良しyoshiさんと金華山登山(笑)

もともと事情も説明してあったのでいつでも出動出来るようにしてもらってたのでスムーズに迎えに来てもらい岐阜公園側からスタート。
いつもありがとうっ٩( ᐛ )و
IMG_5365
日中友好公園が最近綺麗に変わり、滝の流れが一層ましてた。
綺麗な公園になってた。

11:45頃スタート。
IMG_5367
瞑想から入り、馬の背へ。
いつもコースはyoshiさんにお任せ。
IMG_5368
なぜならこんな道でも、かなちゅうとyoshiさんはお喋りが止まらない。
どこを歩いてもお喋りが止まらない。
なぜだろう。
いつも話が途切れないし、たくさん色んなこと話したいのに一つ二つのネタで大盛り上がりして、結局久々に会えたところでほとんど近況報告ができないという(笑)
IMG_5370
ビュースポット。
快晴。
12:50頃山頂に到着しました!
IMG_5371
相変わらずかなちゅうの登場を待っててくれるメンバーがたくさんいていじり倒されてきました_(┐「ε:)_

うん、愛されてる。(笑)

団子食べてくるで!!とまずはいじられ一時脱却。
IMG_5373
あまりの暑さにドリンク持ってきてたのに炭酸飲みたいとか言ってセブンアップ買った。
結局お腹いっぱい過ぎて飲みきるのにめちゃ苦労した。
団子、相変わらず美味いぜ。
yoshiさんと来ると必ず食べる。
一人で来る時間はやってないことが多いから貴重なだんごだったりする。

山頂メンバーに挨拶して、瞑想から下山。
瞑想を下山に使うことがほとんどなくて、あれ?こんな道あったっけ?なんて話してたけど多分かなちゅう達は話に夢中でよく覚えてないという(o_o)
というより、下山は景色がまた違って見えるもんだね。
FullSizeRender
ツツジが綺麗に咲いた。
4月はツツジが楽しみ。
金華山は綺麗に咲くからこの季節の登山が好き。
IMG_5376
下山後はyoshiさんのポケモンに付き合いつつ岐阜公園を散策して14:02、下山完了です。
IMG_5378
楽しかったぁー。
また登山行ける時は一緒にいこうと約束して解散。
この日はそのあと友達とご飯の予定やったが急遽キャンセルされたので早々にその日の予定は終了〜。
そしたら不在連絡票が入ってて。
IMG_5381
熊野牛のしゃぶしゃぶ肉が懸賞で当たったぁ♡
お天気がいいだけで気分が良いのに、友達2人と登山して楽しんで、懸賞に当たるって幸せ畳み掛け過ぎやろー(´・Д・)」!!

もっと平均的に幸せな時間がこれば良いのにな。
でも感謝の一日でした。

東北より帰還

こんばんは。

寝ずに何日もすごす。
どんも、女子力低くなったかなちゅうです。
どうしたことか。

さて、GWはあっとゆう間。
この度は東北の山々へ足を運んできました。
また色々時系列整え、おって記事upしたいと思います。

とりあえず、岩木山、八甲田山、八幡平の3座を好天で歩くことができました^_^

おやすみなさい…(洗濯中ですが)

書写山円教寺へ登山

こばばんわ(*'ω'*)

昨日こんなの飲んだ。
IMG_5343
岐阜限定という文字に惹かれる即購入した飛騨りんご。
最初はジュース感覚で一気飲みしてしまうので、後からアルコール8%たらずでほろ酔いに♡

どんも、たまには女子のかなちゅうです。

かなちゅうは、寺が好きだ。
ラスト・サムライのロケ地にもなった書写山へ登山へ行くことにした。
だがこのあたりは観光化がすごくどこも時間にならないとあかへん!
そんな時、あいてるPを発見し、常連のお父さんと登山開始。
慣れたもので迷いそうな民家もついていくだけのありがたい通過点に。
IMG_5015
あっとゆうまに登山口。
IMG_5016
民家を行かないと登山口に行けない。
登山ルートはいくつかあるけど、かなちゅうは東坂。
これまた金華山のご縁みたいな名前。
IMG_5017
おとうさんはタビでした。
あとペースも速くまたもや九州の二の舞で置いてきぼりっす。
のんびり登山しまーす。
IMG_5018
おとーさーん、またあとでー٩( ᐛ )و
IMG_5019
東坂ルートは一番最短コース。
そして登山道も安全の巻道と最短の直登とある。
かなちゅうは時間が惜しいのでまっすぐとにかく上へ。
IMG_5021 
といっても、そんな急ではないので、どこ歩いても安全な道かと思います。
IMG_5023
何丁という目印があります。
IMG_5025

コースタイムは6:47登り開始です。
IMG_5028
そぉ、このコースはロープウェイでもこれるのですが、歩きです。

IMG_5029
書写山円教寺とはこの山全体のことを言うそうです。
IMG_5030
その円教寺に到着。
IMG_5031
書写山圓教寺は康保3年(966)に性空上人が開創。天台宗三大道場の一つに数えられ、西国三十三所観音霊場の第二十七番札所です。
IMG_5032
IMG_5033
あいにくの雨です。
レインコートを着ながらお父さんに案内をしてもらう。
IMG_5034
IMG_5035
IMG_5036
山内にはたくさんの堂塔が立ち並ぶ様は“西の比叡山”とも呼ばれ、数多くの映画やドラマのロケ地となっています。
IMG_5037
少し歩くと、別の登山道と交わります。
IMG_5039
この大木の先。
IMG_5040
この広い場所こそ、着てみたかったロケ地です。食堂といいます。
IMG_5071
IMG_5072
IMG_5075
IMG_5076
IMG_5074
大きな作り、装飾と本当にどこをみても素晴らしい建築物。
IMG_5059
食堂をさらに奥、開山堂をオススメしたい。
IMG_5060
こちら。
現在の建物は、江戸初期の開山堂建築の代表作。軒下の四隅に左甚五郎作と伝えられる力士の彫刻のうち西北隅の一つは、重さに耐えかねて逃げ出したと言う伝説は有名。
FullSizeRender 
よーくみて。
IMG_5065
IMG_5068
こわいけど、力士が背中で持ち上げてるのがわかるかな?
自分たちでは2体までしか見られないけど、そんな話があると四隅見てみたいものだ。
IMG_5066
鬼瓦。
IMG_5067
こまいぬ。
FullSizeRender
FullSizeRender
アートに溢れている開山堂です。
とても面白かった。
帰ろうとお父さんとはお別れ。
ロープウェイを過ぎたあたりからは雨も止み、晴れてきた。
IMG_5077
滑りやすい登山道となった。
そしてすっかりロープウェイも動き出す時間となった。
ロープウェイを使えば1/10くらいで山頂へつけるというから便利なものだ。
IMG_5078
しかし登山も苦しい山道ではないのでお手軽ハイキングといったとこだろう。
IMG_5079
身体を慣らすにはいい山でした。
IMG_5081
下山完了したらまたPでお父さんにあった。
そして食べなさいとお父さんの行動食、ドライみかんを山ほどいただいた。
IMG_5082
本当に山の出会いは素晴らしい。
もっとたくさんの人に出会ってずっと繋がれる関係が築けたら最高なのに…
と思いながら、姫路城に向かうかなちゅうでした。

反対側の金華山は。

こんばんはぁ(*'ω'*)

Yahoo!知恵袋での一コマ。
質問に対して丁寧に回答をした方へ、感謝の言葉をかけるトピ主。

「私は貴女のようなきちんとした回答が嬉しいです」
2回目の返答
「ありがとうございます。でも、私はオッサンですよ」

どんも、「私」とは実に伝わりにくいと感じたかなちゅうです。
そして、久々にニヤニヤするほどツボった。


さて、金華山へ久々に行ったら急に金華山が恋しくなり、翌日どーしてもまた行きたくなり、夕方17:05から東坂ピストンで行ってしまった。
IMG_4932
夕陽のうちに登るのはいつぶりだろう。
IMG_4936
そして少しこない間に、東坂コースは賑やかになっていた。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
きっと、許可を取ってやっているから今も残っているんだと信じたい。
画伯はとても腕が立つ人だ。
IMG_4937
天気も怪しいし、湿度も高い。
寒い2月に汗がたくさんかけて幸せだ。
30分弱で山頂へあがる。
FullSizeRender
久々にとても素晴らしい夕陽を見た。これが見れただけで満足です(*´ω`*)
さすがに山頂には誰もいません。
IMG_4940
暗くなる一方なので足早に下山します。
IMG_4943
落ちきる前に…
IMG_4941
下山は小走りの東坂。
とても危ないので、ゆっくり時間をもって登山は計画的に。
東坂の巻道にはトトロがいたみたいです。
FullSizeRender
更に行きに気づいたのはあんぱんだけでしたが、丸いキャラは他にも。
FullSizeRender
FullSizeRender
ナイスっ!!
子供達は喜ぶやろうね。
大人のかなちゅうもつい嬉しくなっちゃった。
IMG_4949
さすがに暗い。
ヘッデンはちゃんと持ってきてたので、正解。
IMG_4950
18:11、下山完了です。
おつかれさまでした。
と、同時に先ほど下山されて行ったおおきなザックを背負ったおじさまがまた入山されてった…
いつまで登るんだ。
サザエさん始まっちゃうよ。

駐車場には鬼も。
IMG_4951
いつも見守りご苦労さまです!
満足の東坂ピストン登山でした٩( ᐛ )و
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ