はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

登山

水晶岳への夢旅〜新穂高温泉から鏡平〜

こんにちは٩( 'ω' )و

蚊に食われた。
この表現は方言らしい。
どんも、7ヶ所食われたかなちゅうです。
いやらしいのは、足の指の付け根と、足の裏…

さて、ようやく来ました水晶岳日記。
ここへ至るまで遊び過ぎたぜ。

今回は関東の山友さんの水晶リベンジにご同行させてもらう形で行って来ました。
今回は小屋泊素泊2日で10キロ。
冬装備にしては軽く済んだぞ。水晶岳方面は水が豊富だから助かります。

朝3:28新穂高の登山者ビジターセンターを出発します。
まずは真っ暗の中、わさび平小屋まで歩きます。
小池新道入り口辺りから世が明けて来て写真も撮れるようになりました。
お天気は晴れ予報ですが、なんだか怪しい…
荷物入りきりません。
そして朝晩の寒暖差が激しく、またこの日は寒気が入り込むということで防寒が欠かせません。
小池新道。
人はこれをなだらかという。
人はこれを急登という。

かなちゅうは、しんどいと思う。
この写真は6:00頃。
歩いて2h30minたっている。(既に)
先は長い。
所々にある木道は霜が降りて、大変に滑る。

モルゲン。
 チボ岩。

「チボ」とはこの地方の方言で「スリ」や「泥棒」の意味で、大きい岩の間に物落としたら拾えないことからこの名前が付いたそうです。
学んで行くと面白さ倍増。
ひたすら鏡平までこんな道を歩きます。
イタドリ原で休憩。
羽織ってうごいてちょうどいいくらいの寒さ。
シシウドガ原に7:18到着。
大休憩。といっても冷えてしまうので5min程度。
日差しも出てきて暑くなってきた。
鏡平まではここから少し道が細くなり足場はさらに悪くなります。
くまの踊り場。
とても陽気なイメージをしてしまった。
この先500mでようやく第1目的地に到着。
その手前に素敵な苔むした場所を発見。
ただバツがたくさんついてて、わかりやすいけどちょっと残念。
そしてあと5分らしい
8:13、鏡池に到着です。
ただ…
この日は風が強く、湖面が揺れている。
鏡槍ヶ岳も雲が多く見えず(笑)
少し先の鏡平山荘で休憩。
風が強くてすぐ冷える。
8:20、到着。
ここまで5h歩いたんだと…

まだまだ中間地点ではないのです(´・ω・)
これからの長旅、ゆっくりと楽しみます。

美ヶ原さんぽ

おはようございます(´ω`)

寝具は、豪華にエアウィーヴ使用も、腰痛おさまらず。
どんも、寝ても寝ても疲れが取れないかなちゅうです。

週末、全力で遊んだ証ですね。

9月24日、美ヶ原行ってきました。
朝早くに出たのに、予定出発時刻の6:00はガス。

寝ては起きてを繰り返し8:16ようやくスタートします。
この時間になると、人も多く、気温も高く暖かいスタートとなりました。
ガスが取れたり、またガスが発生したりと安定しない天候でした。
何年ぶりかの美ヶ原散歩。
以前は、私を塩くれ場まで降り、また登り返したのでとても長い行程となりましたが、今回は王ヶ頭、王ヶ鼻で帰ってくる予定です。
なだらかな道を歩くので、観光客も多い。
また、日本百名山の中ではコースタイムも短く1番歩きやすいのではと思います。
王ヶ頭は、帰りに。
1h30minで王ヶ鼻に到着。
南アルプス、中央アルプス(これは位置的に)は、見えませんでしたがそれ以外は全て見ることができました。
目の前は穂高連峰から立山連邦、白馬など。

久々日のんびりラーメン食べながらゆっくり過ごしました。
帰りは王ヶ頭へ。
朝晩の寒暖差が激しくこの日はかなり厚着をしてました…
風が強くて、気候も暖かく、最高のお散歩ができました。
さすがに暑かったので、コケモモソフトを食べてみました。
ちょっと酸味があり、さくらんぼ、いちご、ぶどうの混ざりあったような味がします。(複雑ー(´ω`))

そして、ビーナスラインにはハイセンスな看板があります。
半ば恐ろしく、見ていると笑えてくる独特なうさちゃんに惹かれました。
見かけたら、よろしくね(´・ω・)

さて、長野県と言えば温泉と言うイメージがありますが場所によっては温泉が少ないところもあります。
それが、中央アルプス周辺です。
今回は、下諏訪まで行き温泉を堪能しました。
ぎん月。
受付の対応がドライ。
内湯と露天風呂は別で露天風呂は洗い場がない入るだけ。
ただかなちゅう一人なのでのんびりです。
雰囲気もいいけど民家にある露天風呂なので目の前の柵からよく目を凝らすと、見えます。
風呂に浮かせて占う木札らしいが、よくわからなかった。
とても熱いお湯でした。
加温加水なしの源泉掛け流しだそうです。
きたなかったけど…

山の行程も短くのんびり歩くことが出来ました_(:3」z)_

とりあえずご報告

おはようございます。

かなちゅうです。
金曜から二泊三日で水晶岳→鷲羽岳→三俣蓮華岳へ行ってきました。
また、記事をあげますが、仕事もバタバタと時間なくのんびりupします。
すっかり冬支度の北アルプス。
昨日は西穂も雪降ったそうです。
total45キロ。

また記事あがるの楽しみにしててください。

那須岳とさまざまな出会い

ぐんも٩( 'ω' )و

連休最終日。
5連休は長い。

どんも、無駄に連休とってしまったかなちゅうです。
のんびり洗濯掃除が楽しいですな。

さて、那須岳へ行ってきました事を綴ります。

朝ロープウェイ8:30出発に間に合うように駐車場に到着。
ご覧の天気です。
快晴に見える方もそうでない方も様々。
かなちゅうにはすこぶる雲!にしか見えません。
少し上を羽織って丁度いいくらいの湿度の高い感じです。

のんびり登山にロープウェイは付き物で。
往復1800円支払い出発待ち。
そして乗り込みいざ山頂駅へ。
駐車場から出会い、これからランチまでご一緒することとなった高知県ご出身のおかぁさま。
ピンクがお似合いですよ。

かなちゅうの次にね!
4分で山麓から山頂へ運んでくれます。
なんて素晴らしい。

那須岳は標高1915m。
茶臼岳のことで、栃木県と福島県との県境から南北に連なる那須火山群の中央に位置する栃木県内唯一の活火山٩( 'ω' )و
本当に注意した方がいいのかと思ってしまう注意喚起。
出来ることなら、ハチミツの力で穏便に済ませたいところだが、クマ鈴ずっと付いてるので確認して行ってきます!
駅から50分程で山頂へ到着します。
お手軽といえばお手軽ですが、結構元気な方の活火山です。
気をつけないとね。
駅からは標高差300m程度と優しく比較的おこさまでも登りやすいです。
日焼けが気になる年頃にこの天気最高じゃないか。
お花もこんなに色鮮やかに咲いてます。
ベトベター。
高知県からのおかぁさまは車旅18日の先輩でした。
ずっとお城を巡っていたそうです。
いろんな話をしてくださいました。
ワンゲル部だったそうで、数々の名峰のお話も楽しく聞かせて頂きました♪
キャラメルも、落とした方のと逆のね!っておちゃめに頂いました。
優しさでいっぱいの塩キャラメル。
苦手でも美味しく感じました。
道はわかりやすく迷うことは無さそうです。
山頂近くになると登りがきつくなるのですが、言うてもぐらいです。
ちなみにこのコースは山頂駅の売店の方もこのルートの方が急登を登らなくていいコースだそうで、こちらを勧めてくれました。
優しいですね、みなさん。
ただいま、りんどうラッシュです。
おかぁさまと二人三脚、9:23山頂に到着です。
360度の大パノラマです。
山頂にいる方々とみんなでこのパノラマ以上のものを期待して待ちましたが風が強く寒くなってきました。

みんなで諦めて下山開始です。
たまに見えるお鉢周り。
しばらくなだらかな道が続き、お話も盛り上がります。
だんだんと景色も見えるようになり日差しの温もりも感じるようになりました。
たくさんの人とすれ違い、平日とは思えない程。
平日にツアーが多いのかな。
晴れてきました。
もうすぐ右手に小屋が見えますが、私たちは分岐を左に進み牛ヶ首を目指します。
牛ヶ首方面はとても元気に噴煙を上げてます。
あそこの下を通る予定。
小屋の前にはたくさんの人がいました。
泊まってたのかな。
牛ヶ首方面へ。
前のオレンジのおとうさん。
山頂で写真撮ってくれた気さくな方でした。
さようなら(・ω・)ノ
おかぁさまと元気にご挨拶。
そして私たちは牛ヶ首方面へ。

続きはまた♪

初、週末立山登山

こんにちわぁ٩( ᐛ )و

朝はあさげ。
夜もあさげ。

どんも、あさげラブかなちゅうです。
ちなみに「朝餉」は朝ご飯という意味です。

毎年恒例、立山へ行って来ました♪
土日に行くのは初めて。
いつも平日に行くのだが行ってみたらやはり人、すごかったー。
5:10からチケット並びました。
始発までウロウロします。
ケーブルカーは揉みくちゃ。
立山、始発狙いの人たち。
すごいー。
バスもこんな後ろに。
土日スゲー。
なんとか補助席を免れ、50分は爆睡。

「降りたくない…」

目覚めの、玉殿の湧水。
がぶ飲みして起きた。
やはりここの水はうまい。
それではゆっくりスタートしましょう。
体力も無いので、いつも通りの
雄山→大汝→富士折立→大走り→室堂です。
てことは、ブログは同じ内容が3つ目に!!

お役に立たずすみませヌ(´∀`*)
写真多めでサラっといきましょう♪
いつもは閉山日頃に行くのでいつもよりも約1ヶ月はやい立山入りです。
なのでいつもの紅い立山というよりは、まだ緑眩しい感じでした。
気温は13度くらいでしたが暑いです。
美しい。
この景色が見たかった。

一乗越でもはや渋滞、と思ったら登山道に凍結した雪道が…
1ヶ月違うと、こんなに雪あるの?
首にバンダナ巻いたグループが立往生&30人程の大渋滞。
人気だ。

登り切ると北アルプス達がぐっどもーにんぐ。
槍ヶ岳しかわからんけど(・_・)
雄山のゴロゴロを登ります。
撮れた写真はこれ一枚…
疲れたよー。
この登りはキツイね。
発狂しながら、9:45雄山に着きました。
背中びたびたです。
参拝したいです。
500円払って、ご祈祷待ち。
一定員だけ入って、交代で雄山山頂にあがる。
時代が変わると、山の入り方も変わって行くのですね。
前は500円必ず払ってってのはなかったから。
安全祈願して頂き、お神酒頂いて清らかになった気がします。
浄化は大切ですね。
すっかり、ピュアですよ。

背中の汗もすっかり乾いた。
さすがアイスブレーカー。
10:05、大汝へ向かいます。
岩稜をアップダウン。
20分くらいで、大汝に到着。
おや?
怪しい雲。
この日は快晴だが、午後からガスると予測されていた。
晴れるでしょう!!
大汝は狭くて混みますので少し離れた所でパンをかじり、のんびり休憩。
景色を楽しむ。
あまりミーハーではないので、ここに来たから劔岳見たい!とかそぅゆぅの無くて…
どちらかと自分、しっかり持ってます。

富士ノ折立へ向かう。
大走りは降りたくない。
でも、別山行く元気ない。
そんなこと考えてたら急登を下り、大走りに到着してしまう。
おや?
飲まれそうだ。
別山へ行く理由がどんどんなくなっていく。
やはり大走りで帰りましょう。
いつも、大走りがどこかわからなかった。
けど、こんな親切な物が立ちました。
ありがたや。
これで迷わない。
大走りは、かなり急でザレてるので疲れやすい。
登ってくる人も土日とくりゃ多いのだがいつも平日にくるので誰ともすれ違わない。
みんな別山へ当たり前に向かう。
なので、いつも途中で不安になり、腰を下ろし
「迷ったかなぁ」
と反省してみる。
決まった岩の上に座り、こーやって悩んでるが、結局信じて降りる。
地図に大走りが載ってないんだ。
急登ザレてて危ない
みたいなのは書いてあるけど…
でも、あの看板でももうわたし迷わない
歩きでは休みを繰り返す
どっちかってと、休みを増やした。
例え雲が迫ってきていようが。
さて、沢近くにおりてきました。
かなちゅう1番好きな場所。
同じ写真に見えます?
見えませんね。
美しい。
いつもは真っ赤にもえている立山だけど、緑もいいね。
秋、きてます
テントも多い。
天気予報は2日とも晴れですもんね。
さて、テン場からが大変。
登りなのです。
ここから呼吸は乱れる。
脈も早くなり頭痛くなるー
地獄谷。

実は立山に来たのは、もう一つ理由がありまして。
立山曼荼羅の絵をみて惹かれてしまい行きたくなりました。
地獄の疑似体験というわけです。
みくりが池も、ガスでまっくら。
室堂帰って来ました。

いつもよりは少ない気がします。
たまったまこのバスに乗れたという。
帰りのバスも爆睡…
そして今回の温泉は、吉峰温泉。
お湯はトロトロでした。
ただ古くて少しだけ、気持ちが、ね。
かなちゅうは、立山駅の千寿荘入りたかったが土曜はやはり人が多かった。


また平日に来て温泉も満喫して帰りたいなぁと思いました٩( ᐛ )و
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ