はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

感動の極上おつまみe

こんにちわぁ٩( ᐛ )و

土日があまりにも早く過ぎるので今日も休みかな?と勘違いして二度寝した。
どんも、春っていいなぁとしみじみのかなちゅうです。
前回のラースベーダeゲットの後に、触った極上おつまみeが触りたくて触りたくて一人で岩へ。
IMG_5475
まだ涼しいんやけど、四月下旬。
湿気があるかも。
虫もね。
1人極上おつまみへ。
アプローチが良いから向かいやすい。
IMG_5477
さてさて。
ここで、事前に豊田のご友人2名ほどにご連絡をしていたので時期に応援に来てくださるとのことでのんびり打ちたいと思う。
4トライしたところ相変わらずの手応えに、しばらく休んでいるとYさんがご登場。
進捗を伝えて、とりあえず出来てるとこまでをみてもらうことに。
FullSizeRender
ピンチシットスタート。
FullSizeRender
シケシケの左指核心。
FullSizeRender
FullSizeRender
アンダーにできたら割と効く。
FullSizeRender
FullSizeRender
ゼノリスよく滑るので注意。
FullSizeRender
登れた。
(笑)
極上おつまみe、応援団きたら速攻登れてビビりました!(笑)
応援にきてくれた友人も、目の前で突然落としたからお互いびっくり(笑)

よろしければご友人が動画撮っててくださり、YouTubeのってるので、
Boruyasu 豊田 極上おつまみでぜひ調べてみて、緑のズボン履いた女の動画見てみてください。(笑)

この後、別のお声かけてた方とも合流し、アダムスでaやbをみんなでセッション。
IMG_5507
aでもかなり難しい。
IMG_5510
bなんて離陸できない。
IMG_5511
だけどみんなで考えながら登れて楽しかった。
IMG_5512
いろんな話もしながら、こんなに楽しくたくさんの人とクライミングは久々。
IMG_5513
やっぱり仲間っていいね。
このあとは大田Pで少し、いや1h程お話しして解散。

課題のみならず、いろんな収穫ができて大満足。
最近eを落とせるようになって来たから、嬉しいな。

ラースベーダeを登るために

こんにちわぁ٩( 'ω' )و

週末土日をほとんどボランティアに費やし、クライミング全く出来てない。
いつかきっと報われる。
どんも、神様はみてると信じたいかなちゅうです。

さて、前回のラースベーダが気になりすぎて手ごたえ良すぎてあれから毎日登れてる人の動画と登れなかった自分の動画を見比べた。
自分の動画もいいとこまでいった動画と、そうでないものを見比べた。

あれ?
いつからこんなに熱心だったか。
IMG_5390
つって前日、フレンチをご馳走になる機会ありまして飲み過ぎて食べ過ぎてとても翌日狙えるコンディションじゃなかった。
IMG_5393
シェアするフレンチも初めて食べた。
IMG_5394
フォアグラとか色々食べた。
IMG_5395
んで、翌日朝からわたしの思いの丈をぶちまけにラースベーダに逢いに豊田へ。

前日の飲み会もありでいつもより遅く9:30頃到着し、アプローチ開始したものの。
IMG_5402
前回と違うアプローチから来たために、最奥地のマサダまで見学することになり。
IMG_5403
お掃除岩などとにかくアプローチの遠い岩経由で…
IMG_5404
アプローチ1h30minかけて、やっとラースベーダに到着…
なんなら遭難したかと思ったし、気温高くて汗だくで傾斜を歩き続けた結果ふくらはぎパンパンで、ラースベーダは諦めた。
IMG_5415
それでももったいないなぁと少し休んでから、ちょっと触るもやはり核心部で寄せられない。
パワー不足か…
IMG_5419
しばらく休んでカメラを止めて。
カメラ回さすに登ってみた。

そしたら、登れてしまった。


!?
これじゃなんの証明も無い((((;゚Д゚)))))))

なので、カメラ回して最初からもう一度登ってみた。
FullSizeRender
FullSizeRender
寄せもうまい。
FullSizeRender
第2核心も寄せれて。
FullSizeRender
残りはa程度のラインもマントル注意。
FullSizeRender
リトライ。
二度ラースベーダe登ることができましたぁーーーーーーっ(*⁰▿⁰*)♡
IMG_5436
「二度登って、ホンモノ」
よくそんな話をしてるけど、二度登ったぞー!
IMG_5437
最後のマントルプッシュで穴空いた。
けど、マサダまでのロングアプローチも結果いいアップとなり、今日は4トライで登ることができました♡

満足で下山。
IMG_5439
極上おつまみを直後勧められ、王滝へ向かうことに。
最近何度か見に行ってるけど占拠が多く触らせてもらうこともできなかったから、人がいなければどんなものか触ってみたかった。
IMG_5440
王滝Pに止めて極上おつまみ。
前回は苦戦してる占拠人しかみてこなかったけど、多数の苦戦者を見てる故にやる気が起きない。
が、触ってみた。
FullSizeRender
1手目は決まるものの、右手のおつまみがつまめない。
FullSizeRender
気温も上がりシケシケの岩。
左手が滑ってきてしまう。
15トライくらいして、またもやパワー不足。
ジムに行かないから人よりも回数が打てないため、今日は早いけどラースベーダeも登れたし撤収!



でも…


極上おつまみ、つまみたい…



この思いが押されきれず、翌週極上おつまみに何が何でもトライすることにしました。

続きはまた次回٩( ᐛ )و

おめでとう、ラースベーダe♪
と、自分を褒めてやりたい日でした♪

希望の豊田ラースベーダe

こんばんわ。

肋間神経痛になり、身体中が痛いかなちゅうです。優しい言葉が欲しい…涙

さて、そんな肋間神経痛になる前の4月、かなちゅうは元気よく岩に登ってた。

この日は巴川からだ。キリキリ舞い落としたい方の付き添いでしたのでカメラマン。
IMG_5269
こちらも人気課題。
ただみなさん頑張ってるけど左手が悪いのかな。かなちゅうには未知の世界。
IMG_5271
早々に撤退し、大楠の凹角岩へ。
谷間のユリCをトライ中。
FullSizeRender
なかなかいいところまでいったのですが、岩が高いのとトップアウトの怖さ。
そしてCか?と思う難しさ。
かなちゅう敗退。
左側にあるbのラインも、一手ものだとあなどるなかれ。
FullSizeRender
ここから動けない。
bも敗退…(笑)
まぁ、岩も久々ですし、ゆっくり楽しめたので良し。
次はさらに上の炭焼きエリア。
ラースベーダeへ。
IMG_5297
人もいなくて貸切。
豊田の岩場のシーズンはなぜかみんな12月から3月と限定的だ。
意外とそんなことないくらい寒い日、いい気候でラースベーダeを触ってみる。
FullSizeRender
20トライくらいしたかな。
やっぱりeだね。
けど、感触的には凹角岩のbやcよりなぜか手応えがある。
が、マシンガントライのためにパワー不足。
FullSizeRender
最後のラインまで行けたけど、ここまで。
パワーさえ戻ればきっといけるので後日改めることに。
IMG_5327
新しい味噌ラーメンのお店が出来てたので行ってみた。
名前は忘れたけど、いまいち。
美味しいご飯を発掘したい。


豊田枯山水数秒で敗退

こんばんわぁ٩( 'ω' )و

時間に余裕があるって素敵。
どんも、何事も追われることが大嫌いなかなちゅうです。いつも先行逃げ切りタイプです。

3月9日、やっとやっと今季豊田へ入ることが出来ました!
というか世間ではシーズン終わりってやつですね…
それでもまだ冷え込みが強いので長袖で登れます。
宮川のエリア散策で前回、枯山水を見つけてから数ヶ月。
触ってみたかったから行ってみた。
IMG_4959
前回はキャンプ場Pに止めて歩いたからえらい遠いイメージだった。
けど、すぐ上が古美山だったことを前回思い出したかなちゅうは今回は古美山からアプローチ。

すぐ着いたわ。
15分くらい?
今度からこちらからやな。
IMG_4990
先約が3名いたので、仲間にさせてもらった。
後々聞くと豊明にあるBucket listのオーナー様でした。
とっても楽しい方でぜひ一度ジムに行ってみたいと思いました(*´-`)
その方々は枯山水を落とされて、貸切になりました。珍しい。
IMG_4961
ものすごいパワー課題でした。
かなちゅうのような重い人で且つ、力のない人には向かない。
FullSizeRender
左すぐにカチ穴みたいなのがあるけど、それも頼りない。
が、ダイレクトに左ツノ取れる方がすごいと思う。余程のタッパーとパワー。
FullSizeRender
数トライで、なんとかここまでいけたが、ここで限界。
かなちゅう、枯山水とは相性わるし。
IMG_4988
10トライくらいしたらもぉ手のひらの皮べロンなので、辞めましたー
背中もジムで8hくらい登った時の痛みがすでに…
強度高めの枯山水(e)でした。
さすが、e!!( ´∀`)
IMG_4994
今年は花粉症になりました。
免疫低下中です。みなさんもお大事に。
IMG_4995
こんなあったかい日に山歩けるなんて幸せー。
古美山まで戻り、次は更に日当たり良好の巴川へ。
IMG_4998
同着でネジキリとヒグラシとキリキリをやる関西チームとご一緒になり
IMG_5219
めちゃくちゃ気ぃ使いのかなちゅうは全く関係ないところをよじ登る。
岩を登れたら。それでいいんです。
IMG_5002
マットは不要なほどある正面をひたすら見学します。
みなさん、お強い。
この日は夕方に予定あったのでこの後王滝へ行き、友人とハグして撤退٩( ᐛ )و

シーズン終わりらしいですけど、みなさんお会いしましたらどぉぞよろしくです♪

冥界を行く高妻山

こんばんわぁ('ω')

大阪の地震。
みなさんは大丈夫でしたか?
どんも、2018大予言では6月21日に同等の地震が来ると言ってたけど、どうか平穏な日常がすごせますようにと願うばかりかなちゅうです。

さて、捻挫してもうすぐ2ヶ月経とうとします。
当初の痛みはさすがに無いにしても、そのまま固定と湿布の日々。
これは本当に安静だけで良くなるのだろうか(・・?)
疑問に思ったかなちゅうは、荒治療に出た。
と、ともにいくつか試したいことがあったので、山へ行くことを決意した。

高妻山。
戸隠連峰の最高峰。
標高2353m、リハビリにしてはちょっとキツイかと思ったけど行きたい気持ちが大切。
もちろん山頂目指すが引き返しても良いと気楽に向かう。
天候を考え、土曜の夕方に岐阜を出発した。
IMG_1631
翌日の急登に備え、炭水化物をひたすら摂取。
IMG_1632
ラーメン天外が大好きだ(・ω・)
写真見ただけでお腹がぐぅぅぅ〜…
16:00頃出発し、当然渋滞にハマりのんびり戸隠牧場方面へ向かう。
仮眠は、道の駅しなのにて。
トイレも綺麗でしたよ。
そこから30分程で戸隠牧場の登山者Pに到着。
予定は4:00発だが3:30の地点ですでにPは8割程うまっとる。
ので、支度を済ませて3:49ちょっとでも早くスタート(*・ω・)ノ
IMG_1635
続々と車が入ってきます。
人気なんだね。
IMG_1636
日の出時刻は4:28予定なので既に明るい。
というよりももうすぐ夏至ですね。
そしてかなちゅうの誕生日。
雲が山の上に乗っかって可愛い富士山みたいになってました。
IMG_1637
牧場入り口。
こちらで登山届を記入して4:02歩き始めます。
IMG_1642
キャンプ場を横に弥勒尾根新道ピストンなので左に曲がり牧場脇を歩く。
IMG_1643
弥勒尾根入り口。
久々の登山やからたくさん写真撮ろうて思ってた。
けど、ここが地獄の入り口だった…
IMG_1644
結果論は永遠にこの角度を登り続ける。
それが高妻山だ。
なるほど。
2ヶ月ぶりの登山でこの急登を続けたらどうなるんだろ。
足首が先に逝くか、かなちゅうの本体が逝くか。
IMG_1645
それにしても、夜明けよ。
なんて神秘的。
とかカメラ構えると急登で立ってらんない。
かと言って休むところもない。
そして平らな所が全体の5%もない。
IMG_1647
かなちゅうの今回の実験。
それは痛み止めはどのくらい効き目があるのか。
そして今しているテーピングのテンションの加減と伸縮か非伸縮に戻すか。
足首の背屈底屈の可動域の確認。
踏み込んだ際の幹部の痛みと踏み込み限度力量。
上記を確認に登山を楽しむ(・ω・)
IMG_1648
ブナ仙人。
速攻で、天下一武闘会を思い出す知能の低さ。
IMG_1649
湿った土と木や竹の根が無数にありどこ踏んでも滑る(;ω;)
とあるブログに、この木の根でイライラすると書いてあった。
IMG_1650
そして行く手を阻むのは木の根だけではなく、木そのもの。
登山道は人ひとりが通れるくらいの細さ。
そこに木。
いや、逆だ。
そこを通らせてもらうのが弥勒尾根新道。
IMG_1651
「イルカはざんぶらこ」を思い出しながらそんな軽快に通れない木の根のざんぶらこを超えて
IMG_1652
やっとフラーーーット。

標高差1418m。
結構上にきたかな??
IMG_1653
雲海が見えてる!!!
やばい!
早く、もっと上に上がりたい!
だが急げん急登…
すごいぞ、ここの急登。
男体山より、荒島岳よりすごい。
IMG_1659
なんと美しい…
ここで写真撮るという程で休む。
こんな雲海、久しぶり。
やっぱり山にきて良かった。
IMG_1663
お花もピーク。
IMG_1665
登りは常にピーク。
壁やん(・ω・)
上の方は日当たり良好で、土の湿り具合がいい感じで滑りにくい。
そのかわりストックのキャップが刺さる刺さる…
IMG_1668
やっと六弥勒。
ということはここが五地蔵山。
まだ朝7:00代というのに、既に真夏の暑さ…
進まなければ山頂へは着かない。
IMG_1670
ただ、前を見るたびなぜだろう。

ゲンナリする(・ω・)

そんな時、かなちゅうの目には、疲れを吹っ飛ばすような光景が。
IMG_1671
北アルプス達と雲海と天空の戸隠山。
IMG_1673
絵に描いたような白に、デタラメな感じの雲海と新緑。こんな単純で美しい景色を過去に見たことがない。


進もう。
もっと貪欲な自分のために

IMG_1675
絶景が背中を後押ししてくれる。
IMG_1681
やっと七薬師。

ところで、とても中途半端なところでうんちく紹介。

高妻山の稜線には、数字の後ろに仏の名前を組み合わせた不思議な地名が付いてる。
これは仏教の十三仏と呼ばれてて、亡くなった人を浄土へと導く仏様たちである。

一の不動から始まり釈迦、文殊、普賢、地蔵、弥勒、薬師、観音、勢至、阿弥陀、阿しゅく(高妻山山頂)、大日、虚空蔵(乙妻山山頂)まで続く。
IMG_1683
行者たちは高妻山の道行きを、冥界になぞらえていたのかもしれない。
IMG_1684
ズームで富士山をロックオン。
八ヶ岳と雲海と富士山。
見たことないわ、こんな贅沢。
IMG_1686
育った環境が今の自分を作り性格となる。
かなちゅうはなぜ、地獄やら仏やらに興味が尽きんのだろう。
IMG_1689
シラネアオイロードと呼ばれる場所に着いたのだろうか。
たくさん咲いてる。
花鳥風月。
ちょっと早い気もするするが、穏やかな気持ちになるね(・ω・)
IMG_1690
さて、近そうで遠い九勢至。
ここからが遠いというよりはアップダウンと岩場登りが続く。
IMG_1692
イワカガミもたくさん。
IMG_1693
振り返れば歩いてきた道が。
ピストンなので帰りにも通るんだけど、行きに振り返って見る景色はまた違うよね。
IMG_1700
肝心の岩場は危険すぎて写真におさめられず、すみませんがぜひ行って体感してみてください。
チキンかなちゅうにはもぉヒヤヒヤもんです…
IMG_1704
ここからいよいよ山頂へのゴールデンロード。
んが、岩場続きで金峰山山頂のような感じで山頂を目指します。
IMG_1705
とても歩きにくい。
そして疲れた体に良くない。
IMG_1706
8:11、高妻山に到着いたしました(о´∀`о)
下山の体力が残り少ないぞ!
IMG_1721
モザイク兼虫除け。
今の時期とても活躍しますよ。
そしてエネルギー補給のお時間ですね。
IMG_1716
インスタしてへんけど、映える写真でしょ♡
夜な夜なコンビニで買った高カロリーケーキ。
暑いでゲロゲロやー…
IMG_1714
そして山頂からの景色は…
IMG_1715
言葉にできないほどの美しさ…
IMG_1713
後から気づいたけど、かなちゅう、火打と妙高方面全く写真にない事に帰宅後に気づいた(・Д・)
北に見とれ過ぎました♡

8:23絶景を後に下山開始。
なぜなら下山も結構時間かかります。
あの急登なので。
IMG_1723
そのため下山の写真は一枚もありません♡
IMG_1724
IMG_1725
これくらいかな。
あとは、下山残り1/3地点でご夫婦に会い、お話たくさんして
IMG_1726
アクエリアスを手に入れた。
気前のいい優しいご夫婦とお話できて楽しかったです♪
元気でました(о´∀`о)

そして、行きに見つけたけどしゃがむのが面倒なためにスルーしたギンリョウソウを帰りにパシャり。
IMG_1727
キモっ。

登山は牧場横に戻ってきました!
IMG_1728
下山後、何を真っ先にするか。
IMG_1729
牧場一番手前にあるカフェ?のソフトクリーム。
ミルキーやけど、かなちゅう審査の五本指には入れなかったようだ。
しかもその下の方が安いしーアイスー
IMG_1732
で見つけたのがこの店「岳」
20min程待てば食べれるとのこと待ちましょう!!
IMG_1730
お茶請け的なものが出てきて…
更に待つ…
ただものすごく戸隠そばって人気なのね。
向かいにもお店あって麓にもお蕎麦屋がゴロゴロあるけどどこも満員なのよ。
なぜや??
FullSizeRender
天ざると季節の旬素材天ぷら1550円をかなちゅうはいただく。
お天ぷらさんが、美味しかったでございます。
待った甲斐ありました。
ただ、すごい待ちありなので、足を運ぶ際は行く時期と時間気をつけてねー(・ω・)ノ
最後は戸隠唯一の日帰り温泉、神告げ温泉へ
IMG_1733
天然温泉とゆってました。
普通の温泉でしたが、汗だくのかなちゅうには恵みの泉でございました。

そしたら岐阜に帰りますよ!!
仕事やもんね。
日曜にがっつり登山は久しぶり。
でも、楽しかった♪
今日は朝からネムネムでやばかったので、もう眠ります…_(┐「ε:)_

高妻山での実験の結果。

薬はちゃんと6hで効果切れ!!
テーピングは好み!
背屈、底屈は傾斜次第!

と、こんな感じでしたね(・ω・)

まだ痛みはありますが、こんな絶景に会えて本当に良かった。
ステキな登山、ステキな景色。
最高のバースデー登山でした♡
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ