はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

おとめ

花より団子の姫路城

こんばんは。
久々ヘルニア悪化で早退。
どんも、どーにかならんかねぇと悩むかなちゅうです。
毎晩ストレッチと入浴は欠かさないのにね。

さて、書写山下山後は30分圏内の世界遺産、姫路城へ向かう。
Pは3hまで1000円だったような?
車を止めて道向かいの城へ向かう。
IMG_5083
もぉ天守閣は混むだろうと予想し、この道はジョギングし続ける。
IMG_5085
キロ8minでも歩きよりマシなペースでね。
IMG_5087
白漆喰総塗籠造りの白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴。
IMG_5091
その姿はしらさぎが羽を広げたよぅな姿から「白鷺城」とも言われているが…

この日は降ったりやんだりで、とても白鷺にはみえんかった。
IMG_5095
天守閣の所要時間は1〜1.5h.
かなちゅうは城内も忍の者同様小走り。
いざ、出陣。
IMG_5092
小走りのおかげで、割とまだ人はいない方。
IMG_5104
城の中はと言いますと、行った人のお楽しみにしておこうかと思います。
んが、広くて羨ましいそんなおうちとなっておりました。
IMG_5113
あるある急階段。
IMG_5119
あるある武具掛。
FullSizeRender
敷地の広さ。
IMG_5125
50minで見学完了。
忙しい人は早歩きがおススメ。
でも、割り込みは禁止よ。
IMG_5137
姫路城よりも興味が湧いたのが、かなちゅうが幼少期より英才教育を受け続けた怪談のひとつ「お菊さん」の井戸があったこと。
IMG_5135
とーーーても深い井戸。
父親は怪談話しかしてくれない人だった。
誕生日も望んでないのに怖い話の本ばかりが増えていった。
お陰でその道は詳しいタメ、ビビりになってしまったよ。

そんなこんなで城の外へ。
姫路城も目当てやったが、この「たまごや」もお目当てのひとつ。
IMG_5143
10:30には並び始めてかなちゅうは2番手。
その頃の姫路城というと、すっかり曇天から回復傾向。
IMG_5141
11:00〜openのたまごや。
IMG_5150
どぉやらこだわりのお店らしく、炊きたてご飯ととれたてたまごを使用。
おかわり自由。
IMG_5151
580円だったかしら。
一回にたまご5個ついてくる。
IMG_5152
食べ放題というと、たまご好きが黙っちゃいない。
米1杯にたまご3個や。

んで持ち帰りの厚焼きたまごも注文。
IMG_5153
帰宅して食べたけど、味は普通だがとにかく重くてずっしり。
お土産の定番だそうですよ。
袋に入れて振り回せば武器になりそうなほど重いので、機嫌よく降り回して帰らないことですね。

夕方には無事岐阜に戻り、ぐったりしてました。ちと姫路は遠かった…

だが世界遺産も観れたし、大好きなたまごも食べまくったし、良い旅となった。
改めて関西は遠いと感じた旅でした٩( 'ω' )و

切株山からの初日の出とは

こんばんは。
寒の戻りでみなさま体調はくずしてませんか?
どんも、元気いっぱいのかなちゅうです。
最近丈夫な自分が好きです。

年末年始とか抜きにして(自分勝手ながら)、大分県の切株山へ初日の出をみに行ってきた。

「ハイジのブランコ」でも有名な場所です。
深夜の3:00頃公園のPに到着して日の出前まで仮眠…
そして日の出よりも新年早々元気な若者の声に起こされおばさんも日の出スポットへ向かう。
IMG_4622
IMG_4623
切株山の説明もやけど、前方の人もなかなか多い。
IMG_4624
そしてすぐにみつけたブランコ。
ハイジのブランコは6人式でした。
IMG_4625
日の出まであと10分となるところ、このブランコはかなちゅう貸切状態。
きっとみんな地元民で、このブランコは漕ぎ飽きたとのご様子。
IMG_4782
日の出まち。
IMG_4785
切ない。
一人きり。笑
でも夜明けは目の前。
IMG_4655
あけましておめでとうございます。
2019年の日の出です。
IMG_4656
ブランコに乗りながら迎えた日の出は特別感がやばいですね。
みんな乗ればいいのに…

無事初日の出も観れたことですし渋滞が気になるのでそのまま帰路へ笑
なんとなく形が大事ですよね。
IMG_4660
切株山、ありがとう。
とてもローカルな山で好きです。
あとは高速に乗ったらいつものグルメツアー。
IMG_4661
高速で刺し盛りとあさりの味噌汁が出るのよ。
かなちゅうのようなチビチビ食いにはたまらない。
刺身も脂のってました。
FullSizeRender
かきクリームコロッケは失敗。
おススメしない。
ただのクリームコロッケ。
IMG_4663
IMG_4664
そして小腹みたしで蕎麦…と丼。
IMG_4665
これ食べたら翌日はもりもりとカレーを食べました。
無事に家にもつきまして、だらだらと過ごした年末年始の旅でした。

毎年九州に行くけど、やっぱりご飯は何食べても美味しい。
近ければ何度でも行きたい。
住みたい。
それくらい好きだ。
大好きな九州に今年も行けて、幸先の良い2…19年の始まりでした。

だらだらとなってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

おひさしぶりです、かなちゅうです

こんにちは٩( ᐛ )و

11月に買いなおした新しい自転車。
初めてのベルは、歩道を自転車押しながら彼女と手を繋いで歩く高校生カップルでした。
どんも、二人を引き裂くベルを鳴らしたかなちゅうです。
しかしもはや三列で歩道占拠と言っても過言ではない程。
最近自転車のマナーもねぇ…

さて。
年末は恒例の九州へ行ってきました。
今回の目的は阿蘇山でした。
宮之浦岳を計画立ててたのですが天気が生憎で。
そんな話をまたぼちぼちあげていきたいと思います。
というのも、ずっと仕事が忙しくこの土日も仕事しておりますのでなかなか時間が見つけられないという働きマン。
IMG_4465
また旅の記事をあげます。
お楽しみに。
本年もよろしくお願いいたします。

気の許せる…

こんばんは。
最近は副鼻腔炎がひどく耳鼻科に通院。
処方箋薬をもらう時、初めて若いイケメンの薬剤師さんに当たった。

お薬の説明後、「何か聞きたいことはありませんか?」と聞かれたのでとっさに携帯番号でも聞こうと思った。

どんも、ナンパ師かなちゅうです。
でもチキンですのでまた来週来ますと伝えた。笑

あまーーーーいっ(´・Д・)」

さて、先日は久々に日にち合わせてyoshiさんと平日仕事後の温泉へ。
もはや我らは山友ではなく、平日温泉クラブと化してきた(笑)

その前にかなちゅうオススメのインドカレー屋さん へ向かう。
IMG_4416
今回はポークほうれん草カレー。
ナンはおかわり自由。

で、2人とも1枚でギブ。
最近ダイエットまじめにやらなきゃといいつつ、明日の健康診断までには間に合いませんでした。
IMG_4420
定期的に会ってはお互い気持ちのお土産の渡し合い。
考えたらもぉずーっとそんな関係が続いている…
カレー屋さんで話も弾みすぎてディナーのみになってしまうとこだったので急いで温泉へ。
IMG_4418
大好きな湯華の郷。
熱湯とぬる湯があるのでずっと入浴してられる。
この時ばかりは男女別ですのでトークは止まります。
が、湯上り後からまた話は尽きません。
IMG_4428
机の上に足は置いてないよ(・∀・)
ホントの娘のように可愛がってもらって10年の大切なお友達です。

結局かなちゅうの振ったネタ一つでお食事から温泉、帰路までずっと語り続ける仲良しさ。

なかなか出会えることはないかもしれないけど、これからもステキな人と出会いたい。

まずはyoshiさんにいつも感謝。

そして、気の許せる仲間がもう少しいたらいいなぁと友達の少なさを痛感したかなちゅうでした(*´-`)

曽爾高原

こんにちは٩( ᐛ )و
昔からの米津さんのファン。
最近熱愛報道…

どんも、どぉか岐阜のかなちゅうに振り向いてくださいと強く願う叶わぬ想い…切ないかなちゅうです。

今年最後の1000m超えで奈良県の倶留尊山へハイキング行ってきました。

Pは8:00からと聞いてたので少し早めの7:15に到着したらもはやPは空いてた。
おばちゃんに確認したら、「巷では8:00に開くって話やね」とのこと。
きっともっとはよから開いてるのであろう。

P代600円支払って茶屋スタートで高原を楽しみます。
IMG_4300
IMG_4301
この三連休から急に寒いのはどこも同じだったみたいで霜が降りてました。
IMG_4302
完全に若いカップルが好きな感じの、いい感じのススキの高原をガチ登山の格好で駆け抜けます。
IMG_4303
看板もたくさんあるので道迷いはよほどのことがない限りないと言えるでしょう。
IMG_4304
凍結したススキ原。
IMG_4305
まずは目指す二本ボソ。
IMG_4306
今夜までライトアップで、多分右隣のやつに灯りがともることでしょう。
FullSizeRender
こんな絵もいいですね。
朝はお亀池も凍り、素敵な景色を見れて得した気分♪
IMG_4313 
道がしっかり見えてて整備もしっかりしてあるのでほとんどが私服を着た一般の観光客が多いと見受けられます。
IMG_4315
こんなきもちのいい稜線をあるけるのも曽爾高原の特徴ですね。
IMG_4317
一度お亀峠山頂へ向かい、もう一度戻り倶留尊山を目指します。
IMG_4319
累積標高も800m強。
登山時間も3h程度ののんびりハイキング。
IMG_4321
だが先週までの百名山の感覚が抜けず早歩き…
IMG_4323
IMG_4324
IMG_4325
IMG_4326
穏やかなお天気に恵まれ気持ちもhappy.
最近何かに追われるような登山ばかりで気持ちにゆとりもなかったけど、里山のいいところはそこですね。
ただし、里山こそ道を見落とし道迷いが多いので注意です。
IMG_4329
展望を登りきるとフラット。
この道が続けばいいのにと思うが登らねば山頂へは着かぬ。
IMG_4330
8:39、二本ボソ到着。
昔、山頂に二本のホソの木があり、このホソの木は巨木でこの木が目印とされていたことから、二本ボソと呼ぶようになったそうです。
IMG_4335
IMG_4336
最後に標高稼ぐ感じかしら、急に傾斜が(・∀・)
IMG_4337
9:03、倶留尊山山頂到着です。
IMG_4338
9:00にはすっかり汗だくのかなちゅう。
IMG_4340
少し休んだら下山開始。
山頂は賑わってるはずだが、まだ早すぎるのでこんなもんです。
下を見るとかなりたくさんの登山客が見えましたので早目で正解なのです。
IMG_4345
9:10、山頂を後にします。
9:30には二本ボソです。
IMG_4347
山頂から二本ボソは登り返しなので、下るよりいい感じです。
IMG_4348
二本ボソから本来は入山料500円を支払うのですが、行きはいなかったので帰りに支払います。
IMG_4349
この山は駐車場代にしても、入山料にしても少々高めな感じもする。
収入源があまりないのかな。
IMG_4351
下山は太陽もすっかり登りとても暖かい。
IMG_4353
ススキも輝きはじめた。
IMG_4355
IMG_4358
IMG_4360
来れてよかった。
FullSizeRender
IMG_4362
また素敵な場所を発見してしまったようだ…
IMG_4365
10:17、下山完了。
IMG_4368
お亀の湯で入浴予定が11:00だったので帰路へ。
帰りは通りにる香落渓見学。
IMG_4370
ここはリードクライミングなどが有名の岩場でもある。
登ってる人いないかなぁーなんて探してた。
IMG_4371
これは居ますね。
ほたる岩のクラックらしいです。
クライマーさんとお話しして、色々聞きました。
IMG_4373
ここを登ってるとヨセミテ登れるって。
日本で大丈夫です…
ただ11bとかなので、全くもって次元の違う話。
お強いクライマーさんです。
IMG_4374
下から見上げたクラック。
これ、ボルダーで登るって言うから、度胸すごすぎまーす_(:3 」∠)_
チキンかなちゅうははやく肉離れ諸々治して思いっきり遊びたいです。
IMG_4375
お天気もよく、この日は条件が良さそうやからみんなグレード更新してたみたい。
IMG_4376
帰りは亀山SAで、なんかのグランプリとったと言うきみちゃんラーメン食べた。
IMG_4377
出場者は自分達だけやったんかな?
よくわからないラーメンでした。
そんなこんなで帰宅。

最近購入したPEDIC。
IMG_4379
PEDICは充電式のUV除菌器。
内蔵されているランプには紫外線の中で最も殺菌力の強いUV-Cを採用し、臭いの原因菌として代表的な大腸菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、緑膿菌の4種に加え、水虫の原因菌である白癬菌も含む細菌5種に対し、わずか10分間の照射で99.99%の除菌効果がある。
充電式のため、使いやすいです。

ぜひお試しあれ。
登山靴や帽子、ありとあらゆるものの消臭に( ´∀`)

プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ