はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

おとめ

東北GWの旅、恐山とパワースポット

こんにちわぁ(*´-`)
青森での目標はマイナス1.5キロ。
どんも、食べながら痩せる無謀なチャレンジ目標を立てたかなちゅうです。
結果はもちろん無理!でしたっ(≧∇≦)

青森のっけ丼から約3h。
11:30頃に恐山のまずは三途の川と、奪衣婆と懸衣翁の場所に着いた。
というよりはここへ来たかったというのが正解かもしれない。
IMG_5550

まずはおふたりをご紹介しますっ!

  三途の川のほとり、奪衣婆(だつえば)は、亡者から剥ぎ取った衣類を衣領樹(えりょうじゅ)という木の枝にかけ、その枝の垂れ具合で亡者の生前の罪の重さを計るとされる。

 

亡者が一生懸命川を渡りきったあと、ずぶ濡れの服を脱がされて木にかけられる。

罪の重いものは深いところを渡るように決められているので、服はそのぶん水を吸って重くなり、服をかけられた木はその枝がより垂れ下がるため、その下がり具合が罪の重さとして判定されるのだ。

 亡者が服を着ていない場合、懸衣翁(けんえおう)は服の代わりに亡者の生皮を剥ぎ取るという。

IMG_5551

これが三途の川にかかる「太鼓橋」

太鼓橋の勾配は急で悪人には橋が針の山に見え渡れないと言われているほか、帰りは橋の上で後ろを振り返ってはいけないといわれてるそう。

事前に調べている時、みんな橋を渡っている写真を見てきたが手前に柵があって渡ることすらできなかった。

そもそも、渡れないと言うのは、そもそも罪人なのか?と心配になったかなちゅうは霊場に向かう。

IMG_5556
罪人の雨…
IMG_5558
500円支払い、地獄めぐりをさせていただく。
総門。
IMG_5561
山門。
IMG_5562
ものすんごい緊張感…
IMG_5563
雨と、天気予報でこの日の風速は31mと言っていた。
そんな台風みたいな日でも多くの観光客が後を絶たない。
IMG_5565
左手には女湯、右手には男湯でお清めの温泉にまずは浸かる。
古滝(こたき)の湯」に入浴。
冷抜(ひえ)の湯が目の前にあるが入れ替え制の混浴かな?ほかにも、花染の湯、薬師の湯とあるがお天気が良ければぜひまわりたかった。

あらかじめ言っておくが、今回の旅で1番良い温泉だったのはここのお清めのお湯でした。
源泉掛け流しの、硫黄がものすごく濃くて、硫黄で浸かれば裸もわからんくらいの濃さでしかも熱い。
既に雨に打たれて寒かったので、心がスッキリしてまさにお清めの温泉でした。
IMG_5570
地獄巡りは、すでに立山で毎年何度も行っているが、東北随一のパワースポットとしてぜひ抑えたい場所であった。
本尊安置地蔵殿より。
IMG_5571
常に硫黄のにおいが絶えない火山帯。
IMG_5576
立山の小さい版?というと失礼だけど、そんな感じです。
IMG_5579
IMG_5587
IMG_5589
亡き人の霊魂を弔う(7月20日から24日まで)
「この日に地蔵に祈ると、亡くなった人の苦難を救う」と伝えられ、多くの参詣者が訪れるそうで、境内では「イタコの口寄せ」が行なわれる。

イタコって本当にいるのかな?って不思議に思ってたけど、いなかった。

はてイタコとは??
と思う方へ。
死者あるいは祖霊と生きている者の交感の際の仲介者として、氏子の寄り合い、祭りなどに呼ばれて死者や祖霊の言葉を伝える者だったらしいが、基本的に、先天的もしくは後天的に目が見えないか、弱視の女性の職業だったそう。

とても奥深い歴史のある場所、それが恐山。
IMG_6311
そして全身レインマンのかなちゅうの、人生終わるまでに行きたかった「恐山」を満喫することができた。
遠い。
そして、不思議なオーラむんむん。
だけどだけどまた行きたい、そんな恐山。
ちなみに恐山の地獄街道をでたら何故か晴れてたんだよねぇ。地形的なもんだと思うのだが、恐山というだけあって何かしらパワーがあったのかしら(≧∇≦)
旅に行く前に一番調べたオカルティズムなかなちゅう。
このあとは美味しいものを食べに南下しました。
続きはまた(*'ω'*)ノ

東北GW旅、初日のグルメ編

こんにちわぁ(о´∀`о)

定期的な神経頭痛により通院のため有休取得。
どんも、執筆活動にもってこいのかなちゅうです。
無理せず書きましょう。

やっとGWの話が書けるぅぅーー(´;Д;`)
みなさんは10連休でしたか??
かなちゅうは、10連休でした。
母曰く「あんたの会社、休みしっかりしとるでいいよね」と企業カレンダーで働く母のボヤキを横目に今年のGWは青森までまたまた貧乏旅をしてまいりました。

前半、色々予定あったので5月1日の夕方16:15に岐阜を出発し、あらゆるDVDなどを見て、夜の富山のSAでブラックラーメン。
IMG_5541
すごい激混みで席がとれず、ご飯にも並べずとなるところを隙をついて椅子をゲットできた。
GWはみんな出かけるよね。
ご飯食べて、山形まで走り、また休み、やっと朝、9:30にはお目当ての「青森のっけ丼」で有名な市場へ到着しました。
IMG_5543
表も裏も同じ看板なので帰りにどちらから来たか分からなくなるので入り口だけしっかり確認しておいてくださいね。

IMG_5544
指定された場所で、チケットを購入します。
10枚と20枚と選べ、チケットの枚数と引き換えに好きなネタをご飯に乗せて行きます。
FullSizeRender
かなちゅうは10枚1300円のチケットにしましたが、充分でございます。
IMG_5548
ホタテがでかい。
赤身がとろける。
鯛もえんがわも甘い。
IMG_5549
でも、なにげに1番感動したのは焼きたて手作り卵焼き。
とろとろの厚焼き卵で味のバランスも絶妙。最高においしい朝ごはんとなりました。

初日の予定は、青森のっけ丼を食べた後、恐山菩提寺へ向かう。
同じ青森県内でも遠いので、休みながら行きます。
FullSizeRender
お天気は良かったものの、恐山に近づくにつれて雲行きが怪しくなり、雨が…
荷物の軽量化のため傘は持ってこなかった。
念のために持ってきた上下のレインを着て恐山を歩くこととなった…
おそるべしパワースポット。

恐山の記事は別でupします。
お楽しみに♪

花より団子の姫路城

こんばんは。
久々ヘルニア悪化で早退。
どんも、どーにかならんかねぇと悩むかなちゅうです。
毎晩ストレッチと入浴は欠かさないのにね。

さて、書写山下山後は30分圏内の世界遺産、姫路城へ向かう。
Pは3hまで1000円だったような?
車を止めて道向かいの城へ向かう。
IMG_5083
もぉ天守閣は混むだろうと予想し、この道はジョギングし続ける。
IMG_5085
キロ8minでも歩きよりマシなペースでね。
IMG_5087
白漆喰総塗籠造りの白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴。
IMG_5091
その姿はしらさぎが羽を広げたよぅな姿から「白鷺城」とも言われているが…

この日は降ったりやんだりで、とても白鷺にはみえんかった。
IMG_5095
天守閣の所要時間は1〜1.5h.
かなちゅうは城内も忍の者同様小走り。
いざ、出陣。
IMG_5092
小走りのおかげで、割とまだ人はいない方。
IMG_5104
城の中はと言いますと、行った人のお楽しみにしておこうかと思います。
んが、広くて羨ましいそんなおうちとなっておりました。
IMG_5113
あるある急階段。
IMG_5119
あるある武具掛。
FullSizeRender
敷地の広さ。
IMG_5125
50minで見学完了。
忙しい人は早歩きがおススメ。
でも、割り込みは禁止よ。
IMG_5137
姫路城よりも興味が湧いたのが、かなちゅうが幼少期より英才教育を受け続けた怪談のひとつ「お菊さん」の井戸があったこと。
IMG_5135
とーーーても深い井戸。
父親は怪談話しかしてくれない人だった。
誕生日も望んでないのに怖い話の本ばかりが増えていった。
お陰でその道は詳しいタメ、ビビりになってしまったよ。

そんなこんなで城の外へ。
姫路城も目当てやったが、この「たまごや」もお目当てのひとつ。
IMG_5143
10:30には並び始めてかなちゅうは2番手。
その頃の姫路城というと、すっかり曇天から回復傾向。
IMG_5141
11:00〜openのたまごや。
IMG_5150
どぉやらこだわりのお店らしく、炊きたてご飯ととれたてたまごを使用。
おかわり自由。
IMG_5151
580円だったかしら。
一回にたまご5個ついてくる。
IMG_5152
食べ放題というと、たまご好きが黙っちゃいない。
米1杯にたまご3個や。

んで持ち帰りの厚焼きたまごも注文。
IMG_5153
帰宅して食べたけど、味は普通だがとにかく重くてずっしり。
お土産の定番だそうですよ。
袋に入れて振り回せば武器になりそうなほど重いので、機嫌よく降り回して帰らないことですね。

夕方には無事岐阜に戻り、ぐったりしてました。ちと姫路は遠かった…

だが世界遺産も観れたし、大好きなたまごも食べまくったし、良い旅となった。
改めて関西は遠いと感じた旅でした٩( 'ω' )و

切株山からの初日の出とは

こんばんは。
寒の戻りでみなさま体調はくずしてませんか?
どんも、元気いっぱいのかなちゅうです。
最近丈夫な自分が好きです。

年末年始とか抜きにして(自分勝手ながら)、大分県の切株山へ初日の出をみに行ってきた。

「ハイジのブランコ」でも有名な場所です。
深夜の3:00頃公園のPに到着して日の出前まで仮眠…
そして日の出よりも新年早々元気な若者の声に起こされおばさんも日の出スポットへ向かう。
IMG_4622
IMG_4623
切株山の説明もやけど、前方の人もなかなか多い。
IMG_4624
そしてすぐにみつけたブランコ。
ハイジのブランコは6人式でした。
IMG_4625
日の出まであと10分となるところ、このブランコはかなちゅう貸切状態。
きっとみんな地元民で、このブランコは漕ぎ飽きたとのご様子。
IMG_4782
日の出まち。
IMG_4785
切ない。
一人きり。笑
でも夜明けは目の前。
IMG_4655
あけましておめでとうございます。
2019年の日の出です。
IMG_4656
ブランコに乗りながら迎えた日の出は特別感がやばいですね。
みんな乗ればいいのに…

無事初日の出も観れたことですし渋滞が気になるのでそのまま帰路へ笑
なんとなく形が大事ですよね。
IMG_4660
切株山、ありがとう。
とてもローカルな山で好きです。
あとは高速に乗ったらいつものグルメツアー。
IMG_4661
高速で刺し盛りとあさりの味噌汁が出るのよ。
かなちゅうのようなチビチビ食いにはたまらない。
刺身も脂のってました。
FullSizeRender
かきクリームコロッケは失敗。
おススメしない。
ただのクリームコロッケ。
IMG_4663
IMG_4664
そして小腹みたしで蕎麦…と丼。
IMG_4665
これ食べたら翌日はもりもりとカレーを食べました。
無事に家にもつきまして、だらだらと過ごした年末年始の旅でした。

毎年九州に行くけど、やっぱりご飯は何食べても美味しい。
近ければ何度でも行きたい。
住みたい。
それくらい好きだ。
大好きな九州に今年も行けて、幸先の良い2…19年の始まりでした。

だらだらとなってしまいましたが、本年もよろしくお願いいたします。

おひさしぶりです、かなちゅうです

こんにちは٩( ᐛ )و

11月に買いなおした新しい自転車。
初めてのベルは、歩道を自転車押しながら彼女と手を繋いで歩く高校生カップルでした。
どんも、二人を引き裂くベルを鳴らしたかなちゅうです。
しかしもはや三列で歩道占拠と言っても過言ではない程。
最近自転車のマナーもねぇ…

さて。
年末は恒例の九州へ行ってきました。
今回の目的は阿蘇山でした。
宮之浦岳を計画立ててたのですが天気が生憎で。
そんな話をまたぼちぼちあげていきたいと思います。
というのも、ずっと仕事が忙しくこの土日も仕事しておりますのでなかなか時間が見つけられないという働きマン。
IMG_4465
また旅の記事をあげます。
お楽しみに。
本年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ