はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

自然

感動の極上おつまみe

こんにちわぁ٩( ᐛ )و

土日があまりにも早く過ぎるので今日も休みかな?と勘違いして二度寝した。
どんも、春っていいなぁとしみじみのかなちゅうです。
前回のラースベーダeゲットの後に、触った極上おつまみeが触りたくて触りたくて一人で岩へ。
IMG_5475
まだ涼しいんやけど、四月下旬。
湿気があるかも。
虫もね。
1人極上おつまみへ。
アプローチが良いから向かいやすい。
IMG_5477
さてさて。
ここで、事前に豊田のご友人2名ほどにご連絡をしていたので時期に応援に来てくださるとのことでのんびり打ちたいと思う。
4トライしたところ相変わらずの手応えに、しばらく休んでいるとYさんがご登場。
進捗を伝えて、とりあえず出来てるとこまでをみてもらうことに。
FullSizeRender
ピンチシットスタート。
FullSizeRender
シケシケの左指核心。
FullSizeRender
FullSizeRender
アンダーにできたら割と効く。
FullSizeRender
FullSizeRender
ゼノリスよく滑るので注意。
FullSizeRender
登れた。
(笑)
極上おつまみe、応援団きたら速攻登れてビビりました!(笑)
応援にきてくれた友人も、目の前で突然落としたからお互いびっくり(笑)

よろしければご友人が動画撮っててくださり、YouTubeのってるので、
Boruyasu 豊田 極上おつまみでぜひ調べてみて、緑のズボン履いた女の動画見てみてください。(笑)

この後、別のお声かけてた方とも合流し、アダムスでaやbをみんなでセッション。
IMG_5507
aでもかなり難しい。
IMG_5510
bなんて離陸できない。
IMG_5511
だけどみんなで考えながら登れて楽しかった。
IMG_5512
いろんな話もしながら、こんなに楽しくたくさんの人とクライミングは久々。
IMG_5513
やっぱり仲間っていいね。
このあとは大田Pで少し、いや1h程お話しして解散。

課題のみならず、いろんな収穫ができて大満足。
最近eを落とせるようになって来たから、嬉しいな。

意図的ダブルブッキング

おはよございまぁす٩( ᐛ )و

春が一番好き。
どんも、秋も忘れてたかなちゅうです。

4月13日のこと。
よく晴れました。

朝からボクシング時代の友人と登山をする約束をしてたので6:00頃駅に迎えに行き、そのまま各務原の権現山へ向かう。
IMG_5352
朝が早いのは実に気持ちがいい。
早朝登山が大好きだっ♡
IMG_5354
平坦な道も多く途中はお喋りとまらない。
久々に会えたので色んな話や、お互い歳をとるにつれてのあちこちの不調の話をした。
こぉしておばぁちゃんになっていくのか…と実感…涙
IMG_5355
周りはすっかり近日の強風により桜は散っているのになぜかここはモリモリと満開。
FullSizeRender
IMG_5357
たまにしか会えないけど、久々に会えて登山が出来て。
それだけで、自分にもちゃんと友達がいるんだなって嬉しくなる。
FullSizeRender
10:00には家にいなきゃと言われたので早々に送り届けます。
そして、お昼から時間のあるかなちゅう。

これは意図的であり、合理的な予定の立て方。
続きまして後半戦は、仲良しyoshiさんと金華山登山(笑)

もともと事情も説明してあったのでいつでも出動出来るようにしてもらってたのでスムーズに迎えに来てもらい岐阜公園側からスタート。
いつもありがとうっ٩( ᐛ )و
IMG_5365
日中友好公園が最近綺麗に変わり、滝の流れが一層ましてた。
綺麗な公園になってた。

11:45頃スタート。
IMG_5367
瞑想から入り、馬の背へ。
いつもコースはyoshiさんにお任せ。
IMG_5368
なぜならこんな道でも、かなちゅうとyoshiさんはお喋りが止まらない。
どこを歩いてもお喋りが止まらない。
なぜだろう。
いつも話が途切れないし、たくさん色んなこと話したいのに一つ二つのネタで大盛り上がりして、結局久々に会えたところでほとんど近況報告ができないという(笑)
IMG_5370
ビュースポット。
快晴。
12:50頃山頂に到着しました!
IMG_5371
相変わらずかなちゅうの登場を待っててくれるメンバーがたくさんいていじり倒されてきました_(┐「ε:)_

うん、愛されてる。(笑)

団子食べてくるで!!とまずはいじられ一時脱却。
IMG_5373
あまりの暑さにドリンク持ってきてたのに炭酸飲みたいとか言ってセブンアップ買った。
結局お腹いっぱい過ぎて飲みきるのにめちゃ苦労した。
団子、相変わらず美味いぜ。
yoshiさんと来ると必ず食べる。
一人で来る時間はやってないことが多いから貴重なだんごだったりする。

山頂メンバーに挨拶して、瞑想から下山。
瞑想を下山に使うことがほとんどなくて、あれ?こんな道あったっけ?なんて話してたけど多分かなちゅう達は話に夢中でよく覚えてないという(o_o)
というより、下山は景色がまた違って見えるもんだね。
FullSizeRender
ツツジが綺麗に咲いた。
4月はツツジが楽しみ。
金華山は綺麗に咲くからこの季節の登山が好き。
IMG_5376
下山後はyoshiさんのポケモンに付き合いつつ岐阜公園を散策して14:02、下山完了です。
IMG_5378
楽しかったぁー。
また登山行ける時は一緒にいこうと約束して解散。
この日はそのあと友達とご飯の予定やったが急遽キャンセルされたので早々にその日の予定は終了〜。
そしたら不在連絡票が入ってて。
IMG_5381
熊野牛のしゃぶしゃぶ肉が懸賞で当たったぁ♡
お天気がいいだけで気分が良いのに、友達2人と登山して楽しんで、懸賞に当たるって幸せ畳み掛け過ぎやろー(´・Д・)」!!

もっと平均的に幸せな時間がこれば良いのにな。
でも感謝の一日でした。

希望の豊田ラースベーダe

こんばんわ。

肋間神経痛になり、身体中が痛いかなちゅうです。優しい言葉が欲しい…涙

さて、そんな肋間神経痛になる前の4月、かなちゅうは元気よく岩に登ってた。

この日は巴川からだ。キリキリ舞い落としたい方の付き添いでしたのでカメラマン。
IMG_5269
こちらも人気課題。
ただみなさん頑張ってるけど左手が悪いのかな。かなちゅうには未知の世界。
IMG_5271
早々に撤退し、大楠の凹角岩へ。
谷間のユリCをトライ中。
FullSizeRender
なかなかいいところまでいったのですが、岩が高いのとトップアウトの怖さ。
そしてCか?と思う難しさ。
かなちゅう敗退。
左側にあるbのラインも、一手ものだとあなどるなかれ。
FullSizeRender
ここから動けない。
bも敗退…(笑)
まぁ、岩も久々ですし、ゆっくり楽しめたので良し。
次はさらに上の炭焼きエリア。
ラースベーダeへ。
IMG_5297
人もいなくて貸切。
豊田の岩場のシーズンはなぜかみんな12月から3月と限定的だ。
意外とそんなことないくらい寒い日、いい気候でラースベーダeを触ってみる。
FullSizeRender
20トライくらいしたかな。
やっぱりeだね。
けど、感触的には凹角岩のbやcよりなぜか手応えがある。
が、マシンガントライのためにパワー不足。
FullSizeRender
最後のラインまで行けたけど、ここまで。
パワーさえ戻ればきっといけるので後日改めることに。
IMG_5327
新しい味噌ラーメンのお店が出来てたので行ってみた。
名前は忘れたけど、いまいち。
美味しいご飯を発掘したい。


東北より帰還

こんばんは。

寝ずに何日もすごす。
どんも、女子力低くなったかなちゅうです。
どうしたことか。

さて、GWはあっとゆう間。
この度は東北の山々へ足を運んできました。
また色々時系列整え、おって記事upしたいと思います。

とりあえず、岩木山、八甲田山、八幡平の3座を好天で歩くことができました^_^

おやすみなさい…(洗濯中ですが)

花より団子の姫路城

こんばんは。
久々ヘルニア悪化で早退。
どんも、どーにかならんかねぇと悩むかなちゅうです。
毎晩ストレッチと入浴は欠かさないのにね。

さて、書写山下山後は30分圏内の世界遺産、姫路城へ向かう。
Pは3hまで1000円だったような?
車を止めて道向かいの城へ向かう。
IMG_5083
もぉ天守閣は混むだろうと予想し、この道はジョギングし続ける。
IMG_5085
キロ8minでも歩きよりマシなペースでね。
IMG_5087
白漆喰総塗籠造りの白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴。
IMG_5091
その姿はしらさぎが羽を広げたよぅな姿から「白鷺城」とも言われているが…

この日は降ったりやんだりで、とても白鷺にはみえんかった。
IMG_5095
天守閣の所要時間は1〜1.5h.
かなちゅうは城内も忍の者同様小走り。
いざ、出陣。
IMG_5092
小走りのおかげで、割とまだ人はいない方。
IMG_5104
城の中はと言いますと、行った人のお楽しみにしておこうかと思います。
んが、広くて羨ましいそんなおうちとなっておりました。
IMG_5113
あるある急階段。
IMG_5119
あるある武具掛。
FullSizeRender
敷地の広さ。
IMG_5125
50minで見学完了。
忙しい人は早歩きがおススメ。
でも、割り込みは禁止よ。
IMG_5137
姫路城よりも興味が湧いたのが、かなちゅうが幼少期より英才教育を受け続けた怪談のひとつ「お菊さん」の井戸があったこと。
IMG_5135
とーーーても深い井戸。
父親は怪談話しかしてくれない人だった。
誕生日も望んでないのに怖い話の本ばかりが増えていった。
お陰でその道は詳しいタメ、ビビりになってしまったよ。

そんなこんなで城の外へ。
姫路城も目当てやったが、この「たまごや」もお目当てのひとつ。
IMG_5143
10:30には並び始めてかなちゅうは2番手。
その頃の姫路城というと、すっかり曇天から回復傾向。
IMG_5141
11:00〜openのたまごや。
IMG_5150
どぉやらこだわりのお店らしく、炊きたてご飯ととれたてたまごを使用。
おかわり自由。
IMG_5151
580円だったかしら。
一回にたまご5個ついてくる。
IMG_5152
食べ放題というと、たまご好きが黙っちゃいない。
米1杯にたまご3個や。

んで持ち帰りの厚焼きたまごも注文。
IMG_5153
帰宅して食べたけど、味は普通だがとにかく重くてずっしり。
お土産の定番だそうですよ。
袋に入れて振り回せば武器になりそうなほど重いので、機嫌よく降り回して帰らないことですね。

夕方には無事岐阜に戻り、ぐったりしてました。ちと姫路は遠かった…

だが世界遺産も観れたし、大好きなたまごも食べまくったし、良い旅となった。
改めて関西は遠いと感じた旅でした٩( 'ω' )و
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ