はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

自然

お久しぶりの白川郷へ

こんにちわぁ(*'ω'*)

何考えてんの?って聞かれたので
「北斗神拳について」
と思ったが、口にしなかった。
どんも、大人気ないかなちゅうです。

一期一会で白川郷へ行ってきました!
いつぶりだろう…
とはいえこれは5月の田植え前のお話し。
前回は母と来たきり。
今回は、九州から応援に来てくれてる会社の人がこちらでの思い出作りとのことで以前から岐阜の世界遺産へ連れてってとお願いされていた。
もう一人転勤で来てる人と3人仲良く車中も喋りぱなしで向かいました。
IMG_6358
あなたの夢、叶えます。
IMG_6362 
かなちゅうタクシーで2h。白川郷に到着しました。
お天気も良くて歩きやすい。
田植えの時期は混み合う白川郷も、田植え前は外国人観光客は多いものの朝早く行けば問題なし。
IMG_6364
すっかり日焼けした、ひだっち。
IMG_6365
以前は「ひぐらしのなく頃に」の聖地巡礼も兼ね合わせて歩き、周りも巡礼者が多かったがすっかり時は経ち、普通の観光客の方が多い。
IMG_6374
風が気持ちいい。
IMG_6379
かなちゅうはガイド兼カメラマン。
岐阜の良さを知っていただけるなら、幸いです。
IMG_6382
みんなはお酒を飲み、上機嫌。
安心して飲めますね。
ハンドルキーパー。
IMG_6383
立ち呑みができる場所では、生のどぶろくがあった。
どぶろくは苦手でも生はうまいとかなちゅうも思う。
IMG_6393 
これは利き酒セットらしい。
かなちゅうは見学。
IMG_6395
手前が、生どぶろく。
IMG_6397
昔々飲んだ記憶は、ヨーグルト的な飲みやすい感じだったような。
甘酒などツブツブが苦手な、かなちゅうでも飲めるおススメのご当地酒です。
IMG_6402
展望台まで軽く登り、高いところからの景色はまた違って見えます。
IMG_6406 
田舎の良さ。
IMG_6412
何度も訪れたい観光地です。
FullSizeRender
忙しい日々にも、のんびりと穏やかな時間が流れる。
FullSizeRender
飛騨牛串は、飛騨地方に来たら必ず食べる程好き。
これくらいのサイズで満足ですけどね。
IMG_6419
そして、なすがままのわんちゃん。
多分誰かの飼い犬。
IMG_6423
聖地巡礼も、しっかりして…
IMG_6428
IMG_6432
また食べて、連れは呑みを繰り返し、前回は母と来ても半日程度で帰宅したが、お話の弾む3人は喉が枯れても喋り続け、居酒屋化してきてしまった…
IMG_6434
ちょっと迷惑やと思うし、酔っ払いを外に出して、かなちゅうの白川郷に来て唯一の要望「白川郷唯一の日帰り温泉施設 白川郷の湯」へ入浴しに行く。
IMG_6435
風呂セット持って朝から歩いて昼過ぎ。
すっかり汗だくなので、いい温泉となった。
IMG_6436
泉質はなんと塩化物泉。かなちゅうの苦手な匂いと肌感触だった。
ただナトリウムイオン、塩素イオン、炭酸水素イオンを多く含んでおりますので、 体が温まりやすく、お肌がすべすべするとのこと。
かなちゅうのお肌はすべすべを超えてキュッキュッするようになった。
IMG_6437
なぜか男性2人の長湯を40分ほどこのテラスで待ち、帰りは、行きに車停めてくれたら駐車場代1000円がチャラになるというお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べる。
IMG_6443
雰囲気良い。
IMG_6445
コスパは観光地なので悪い。
が、そばは美味しかったですよ。
自然薯が有名なので自然薯そばを食べて帰路へ。
時刻は17:00…
9:00-17:00点OLの勤務やん。
白川郷、ありがとう。

帰りは、運転手かなちゅうを労う会が開かれ、結局居酒屋で3h程飲んでやっと帰る。
喉は、久々に声が出ない程喋った。
それが3人ともなので、すごい…

でも、それだけ仲がいいということで、楽しい白川郷になりました。
九州の方も無事任務を終え、地元に戻りいい思い出が出来たと言ってくれました。
良かった、良かった。

八幡平のたいら

こんばんわ。
小学生の頃から英語塾に通い英語ばかり勉強してたのに少し使わないとゼロに戻ってしまう。
どんも、また英語を勉強し始めようか悩むかなちゅうです。
I’ve lost a day’s memory after seeing a UFO last night.

ちなみに上記は
昨日の夜にUFOを見てから、丸一日分の記憶がない。
です。
ムー的英会話という、ムー的状況に遭遇した時に使う英会話が最近お気に入りです。

カオスな道の駅かづらあんとらで目覚めたのは6:00頃。
8:00開門のアスピーテラインを走る為またもや心配性&せっかちのかなちゅうは7:45にゲート前。
FullSizeRender
予定は30min以上大目にとる。
で、8:30に一番乗りで駐車場に着き、すぐに靴を履いたら8:39歩き出す。
IMG_5923
八幡平も有名な観光地ですね。
IMG_5925
八幡平ブルー。
2日連続最高の青空をサンキュー。
IMG_5926
改めて思うと車でこんなところまで来てるなんて本当に凄い。
小さい頃は日本地図を見ただけで生きてるうちに回れないと思っていた。
旅好きならではの贅沢ですね。
IMG_5927
8:45入口で歩きます。
最短コースを周回します。
IMG_5929
もう少し時期が遅ければ、八幡平夢のドラゴンアイを見たかったけど今はまだ埋もれています。
IMG_5931
板を履いて散策してる人もたくさん。
雪国ならではの遊びですね。
IMG_5933
昨日の八幡平同様、このように目印がしっかり立っているので道迷いはそうそうありません。
IMG_5936
どこまでが道でどこからが雪庇かよくわからないのであまり近づけませんが既に絶景です。
IMG_5945
八幡平一帯は地形がゆるやかで、残雪が豊富なことから沼や湿原が多い。
IMG_5949
まさに平。
IMG_5951
ゆるゆる散歩で、9:12最高点に到着。
IMG_5957
かなちゅうもこんな豪雪地帯ではないけど雪あり県に住む雪っこなので、少し遊ぶのである。
なぜなら時間を持て余している。
FullSizeRender
グラサンがいいモザイクとなる。
FullSizeRender
連日晴天により顔面日焼けがヤバかった。
IMG_5970
とにかく平。
そこを周回するからきっといいお散歩コース。
IMG_5973
観光地としてとても賑わいそうだ。雪があってもすでにたくさんの方がバックカントリーや散策などをしていた。
IMG_5976
暇だなぁと感じてしまうほど穏やかな百名山。こんな百名山はなかなかない。
IMG_5981
この日で百名山は68座となった。
IMG_5984
9:47下山?完了で建物の中にあるご飯屋さんへ。
IMG_5985
稲庭うどん食べるのです。
FullSizeRender
カレーのね。
なのであまりよくわからなかったがとりあえずお、美味しかったです。笑
やっぱ疲れた時はカレーっすね(*´ω`*)
さてここで温泉を2つ予定していた。
藤七温泉彩雲荘と蒸ノ湯温泉。
温泉好きには憧れの藤七温泉。
IMG_5992
雪の回廊はとても背が低くてびっくり。
で、藤七温泉は何度も通り過ぎましたが、どうみても工事中でした。
「やってないのですか?」
と聞くのが不自然なくらい工事中でした。

よって蒸ノ湯へ向かいます。
温泉はまた別で記事にしますね。
東北の山旅はこれにて一旦、終了です٩( ᐛ )و

岩木山の魅力

おはようございます。

忙しい毎日。
どんも、風邪で会社休んだの久々のかなちゅうです。
休むか悩んだけどたまには身体の言うことも聞いてあげないとね。

土日はほとんど陸上の審判員に費やしとてもブログ更新出来ませんでしたが風邪ひいて書く感じとなります。

遅くなりました。
前回のブログで、道の駅で朝目を覚まし快晴を確認。
岩木スカイラインは8:00から開きますが、心配性のせっかちかなちゅうは7:25に着いてしまった。
IMG_5810
スタッフもいそいそ支度してるけどすみません、なんか心配で…(笑)
IMG_5811
そしたらなんか開く前にもぉ手渡しでお金払えてこれくれた。
IMG_5812
ふむふむ。
予習通りのチラシだ。
少し早めにゲートを開けてくれて8:02には駐車場に到着。
リフト乗り場の一番近いところにとめてパパッと身支度。
IMG_5813
ここで写真撮りたかったー。笑
IMG_5818
絶景。
GWはまだまだ東北は雪が多く周りの雪景色が最高。
リフトのりばも1番先頭に並んだけど
「9:00からですからねー」と言われた。
わかってます٩( ᐛ )و
IMG_5823
並んでる時に岐阜ナンバーに気づいたとなりに停めたご夫婦から自分の婿殿が岐阜の人間ですごい運命だとおはなししているうちに運行開始♪

IMG_5827
足元には大量のふきのとう、じゅるり…
IMG_5828
リフト降り場は9:07に到着し歩き始めます。
すごい暑い!
IMG_5829
目指す方角。
雪は少ないのかな?
IMG_5831
道が良くて雪解けでドロドロなものの、乾いていたら歩きやすい道だと思う。
IMG_5832
無風。
いや、さわやかな風が心地いい。
雪山見ながら歩く最高の道。
結構最初は急登かも。
IMG_6093
リフトのりばあちらですの看板は埋まってます。
IMG_5834
山頂まではこんな感じ。
みんな歩くの早いっ!!
かなちゅうはこの傾斜はそろりそろり…
IMG_5836
岩木山ブルー。
こんな快晴で歩けるなんて…待った甲斐がありました♡
IMG_6078
9:33、山頂の岩木神社に到着です。
IMG_5847
そして山頂のケルンに到着です!
片道30minくらいですかね。
リフト乗るとお手軽に絶景を楽しめます。
IMG_5851
最高。
感動。
やめられない理由。
IMG_6073
くるりと見回して色々歩き回りたいのですが踏み抜き落とし穴に良くハマるので危険のため早々に下山開始しました。この時期は危険ですね。
岩でゴロゴロしてるので踏み抜き注意です。
IMG_5853
下山は遮るもののない道を見ながらひたすら降りれるので気持ちいです^_^
IMG_5854
10:00にのりばに到着。
すぐいるリフトにシュシュっと乗り、駐車場へ向かいます。
IMG_5856
10:05に駐車場に着き、バッチを購入したら急いでスカイラインを下り、前日に予習した道を走り、これから八甲田山へ向かいます。
IMG_5858
コンビニでご飯を途中で購入し、次の八甲田山へ思いを馳せながらも、岩木山の余韻に浸る最高のドライブ。
八甲田山へ近づくとともに先ほど登った岩木山の反対側の面が見える。まだまだ真っ白な雪の多いイメージ。
GWの登山は天候に雪にと難しいけど、とにかく最高だ。

東北GWの旅、山々を迎えるにあたり

こんばんわぁ(*'ω'*)

蒸し暑い。
どんも、絶対にダイエット成功させるぞ!と志しのみ高いかなちゅうです。
やるかやらないかは別として。

さて、十二湖の青池に癒されたらその足で近くの賽の河原へ行きます。
FullSizeRender
本堂の脇から芦ノ湖にのびる小道あります。
IMG_5778
階段の横に、お地蔵さんがたくさんいたのですが、どうやらなくなった子達が生前使っていたものだとかいうので、少し恐ろしくも感じる…
IMG_5779
川倉山だったかな?
一応ピークハントしました。
そこから脇道を歩き。
IMG_5785
海に出ます。
FullSizeRender
お地蔵さんがまたいまして、遠く海の彼方を見つめてました。
FullSizeRender
駐車場に戻る。
ここは山賊が住んでたとこでも有名みたいだそうです。
FullSizeRender
歴史が深いですね。
少し寄り道の賽の河原も楽しめました。
そして向かう目的地は「不老ふ死温泉」
IMG_5796
もーね、すごい人。
GWだからなのか?
スリッパないし、駐車場もギリギリやったし。
IMG_5800
残念ながら露天風呂はカメラ禁止な上にすんごい人で入浴はしてこなかったけど、素敵でしたよ。
人がいなければね。
IMG_5802
不老ふ死温泉のお湯は塩化物泉の入浴効果で、よく温まり湯ざめをしにくく「熱の湯」と言われます。
殺菌効果も強く、傷に効く事から「傷の湯」や、保湿効果の高い成分で「美肌の湯」とも言われてるそうです。
IMG_5804
絶景露天風呂でした。
鹿児島の玉手箱温泉みたいな。
そんな感じでした(*´-`)

リゾートしらかみじゃないかな?
FullSizeRender
線路だけですけど…
いつか乗ってみたい。
IMG_5807
さて、お天気を気にしておりまして。
翌日から二日間は晴れそうな感じ。
ここでかなちゅうは奥の手にとっておいたプランに変更する。

翌日は出来れば岩木山と八甲田山の二座を登り、翌々日は八幡平。
一日一座にすれば帰路がキツいが、天候と体力でその時考えることに。
とりあえずベースキャンプ地の道の駅「つがる白神」へ移動する。
ここは「津軽岩木スカイライン」から多分一番近い道の駅だと思う。
FullSizeRender
翌朝は、スカイラインが開く時間には入り口に待機予定。
晩御飯は、この辺りはなにもないのでマックスバリューまで行って惣菜買って眠り、翌日の岩木山に備えました…

東北GWの旅、詰め込む観光

こんばんわぁ٩( 'ω' )و

断捨離したい。
どんも、捨ててはまた買ってきてしまうかなちゅうです。

さて、津軽SAで寝たから安心。
朝、岩木山は真っ白だった。どうやら前日に雪が降り1cm積もったそう。
IMG_5654
朝ごはんは、SAで「津軽そばとねぷた飯」というセット。
FullSizeRender
かずのこ?の漬けたようなものに卵黄は最高の味だった。
歯磨きを済ませ、運転して弘前城を目指す。
駐車場は一番近いところに停めれた。
8:30とかでもすでに多くの人で賑わってた。
FullSizeRender
GWは桜が見頃らしい。
IMG_5656
そして大好きな初音ミクの桜ミクが公認キャラとしていた。
IMG_5657
可愛い過ぎる。
ゲーセンの桜ミクフィギュア、取れなかったが5000円くらい使った記憶が蘇った。
IMG_5658

IMG_5659
IMG_5662
IMG_5663 
弘前城より、どちらかというと後ろの岩木山の方が気になる…
IMG_5670
IMG_5669
城と岩木山、綺麗ですね。
東北の山は、美しい、神々しいって感じ。
城の中はというと。
マニアックなアングル。
IMG_5674
こゆとこが好き。
FullSizeRender
駆け足で周り、次は9:09ねぷた村へ。
IMG_5686
ここでは、ねぷた祭りについての解説と生演奏が聞ける。
IMG_5687
ねぶたじゃないの?
ねぷたなの?
それは方言の違いだそうです。
IMG_5688
太鼓を叩く体験をさせてもらえたりと、みなさん楽しんでおられました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_5703
絵師さんは少なく、毎年祭りのあとに絵は燃やしてまた新たに書くそうです。
もったいない。
IMG_5710
ドラえもんにサザエさん。
IMG_5711
経済効果は相当みたいですね。
次はまた移動しまして、岩木神社。
IMG_5716
IMG_5717
IMG_5722
有名な逆さの狛犬もいました。
IMG_6186
頭を上にした狛犬と写真を撮れば金運・喜びごとアップのご利益が、頭を下にした狛犬と写真を撮れば恋愛運アップのご利益を授かることができるといわれるようになったそうです。
IMG_6187
2ショット、撮りたかった…
外出たところで「チリンチリンアイス」売ってたので購入。
りんご味でさっぱりのしゃりしゃりしたやつでした。
IMG_5728
続きましては十二湖の青池を目指すのでその道中で寄り道。
IMG_5730
千畳敷?
IMG_5732
そして道の駅 ふうから 。
IMG_6178
ヒラメの漬け丼が有名と聞いたので、まさにそれ、漬け丼を食べた。
FullSizeRender
でも、イカの村で有名なのに食べないなんて…と思い1つ購入。
IMG_5734
おーー、ありがてーよー。
腹一杯やわ。
イカまるまる一杯はいってる。
IMG_5736
甘くて柔らかくて、たしかにうまい!
漬け丼で満腹やったのに、あっとゆうまになくなった。
IMG_5737
なるほど。
これがうまさの秘訣…
十二湖までは距離があるから、のんびり向かう。
そして予定詰めすぎたせいか青池までの道がこんなに渋滞するなんて…
FullSizeRender
ふっつーの池とか通過して、車で残り20分かかるところでびくともうごかなくなった。山道での渋滞。
引き返すこともできない。
周りに路駐もたくさんしてあるからみんな一番上の近いPに行きたいんやろうなぁと思った。
かなちゅうは考え、軽自動車の自分の入れるスペースを見つけ路駐し、走って青池まで向かった。
IMG_5751
ジョギングで15min程度。
FullSizeRender
青池に到着しました!
青い!!
IMG_5776
IMG_6152
たしかに他の池も綺麗だったけど、青さが違う。
アクアリウムみたいに底まで見えてすっごく素敵♡
見れてよかった。
帰りもジョギング15minで、無事忙しい人の為の青池が完了。
まだ13:30頃。
後半戦の旅の様子は、また(*゚∀゚*)
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ