はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

自然

長い越後駒ヶ岳

こんばんわ(*'ω'*)

最近、北川景子に似てるね

っていう夢を見た。

どんも、願望が強過ぎるかなちゅうです。
美人過ぎて見飽きないっていいなぁ。

さて、駒の小屋に荷物デポさせてもらって山頂までは小屋の方曰く20分。
IMG_7185
8:38、歩き始めます。
見た目は20分で着くの?という感じです。
FullSizeRender
コバイケイソウ。
FullSizeRender
ロングトレイルからの階段地獄。
IMG_7192
わしゃわしゃしたとこ、通り。
8:53、山頂に到着です!
IMG_7195
八海山には雲がかかり上の方は見えません。
15分ほどで山頂に着きました。
意外と近くにありました。
IMG_7204
サラッと下山します。
IMG_7206
駒の小屋に戻りご飯休憩。
雲が厚くなり天気が急変しそう。
前日、雷がすごかったみたい。

9:29、下山開始します。
IMG_7211
何度見ても綺麗な稜線。
でも、雲が気になる。
IMG_7212
往復約15キロのアップダウンコースなので、下山で稼げるという感じもほぼなく、暑い中をひたすら暑いと言いながら歩く…
8月の2000mはキツイ。
IMG_7213
歩けど、歩けど来ぬゴールに他の登山客さんも辛いと言ってた。
10:34、やっと小倉山。
IMG_7215
ここからすぐだったような気がしたのは、正に気のせいで長い道のりが続いた。
IMG_7216
うむ。
こんなに天気がいい日を恨んだのは初めてだ。
FullSizeRender
まだまだ先へと続く稜線。
さすがの稜線マニアのかなちゅうも、トキメキが止まった。
これはかなりの暑さのせいだ。
IMG_7219

IMG_7220
IMG_7221
12:30、下山完了です。
しばらく動けませんでした…(´;Д;`)
あちぃ…
IMG_7222
時間に余裕ができたので、一安心。
最近、登山後、靴のハイカット部分が痒くも無いなにか赤くなり腫れる。
汗疹かな?と思いながらも痒くなく、かぶれ?ともまたわからない。
なんだろう。
IMG_7225
予定下山時刻は夕方の予定だったが、とりあえず今夜のお宿の「樹湖里(きこり)」へ向かう。
IMG_7227
お気付きの方も多いかと思うが、翌日は平ヶ岳に登る。
この辺りの民宿に宿泊することにより、日帰り最難関の平ヶ岳がプリンスルートを歩くことにより、難関ではなくしてくれるのである。

だが、やはり早過ぎたため、15:00からの営業だからそれまでお風呂でゆっくりしててとのこと。
IMG_7226
宿泊するとエリア内唯一の温泉、白銀の湯の入浴無料券も付いてくる。
尚且つ登山口までの送迎付きで、一泊二食付きで、1人12500円だったらかなり格安。

夕方下山予定だったので夕飯にすぐありつく予定が真昼間なので、お昼ご飯を探しに奥只見ターミナルまで移動。
IMG_7228
宿の周りには何もありませんとHPには書いてありましたがこの奥只見ターミナルまでは車で20分ほどで着きました。
IMG_7229
田舎セットという、ご当地のけんちん汁と魚沼産こしひかりのセット。550円とリーズナブル。
とても美味しかったけど、けんちん汁に入ってるお肉がジビエな感じがしたけどなんだったんやろう…
IMG_7231
でかいダム。
それこそ岐阜に一番大きなダムが出来るまでは、ここが日本一大きなダムだったそうですよ。
IMG_7232
シルバーラインを通り温泉へ戻る。
IMG_7233
お風呂は内湯と露天の2つだけどとてもいい温泉でした。
IMG_7234
コーラで喉を潤し、晩御飯までここでゆっくりさせてもらう。
IMG_7236
足はどんどん悪化する。
まぁ、気にせず…
夕方16:30頃、今夜のお宿へ戻り案内してもらった。有名な方々も泊まられるお宿みたいです。
IMG_7237
かなちゅうは本館が満室のため相ペンションとなります。一階に老夫婦がご宿泊されかなちゅうは2Fへ。
IMG_7238 
共有スペース。
IMG_7239
IMG_7240
IMG_7241
お部屋。
IMG_7243
晩御飯は18:00からなので、温泉で買ってきたビールを共有スペースでいただく。
ご挨拶も兼ねて…
IMG_7246
そしたらご一緒するご夫婦がいらしたので、ご挨拶したのだが「どぉも」程度で素通りされてしまった(°▽°)
あれ?
変態と思われたかしら。
IMG_7250
夕食の時間になったので本館へ移動。
ほとんどの食材が地のモノで、おかーちゃんが腕によりをかけて作ってくれたと超面白いおとーちゃんが説明。
FullSizeRender
さらには、翌日、越後駒ヶ岳へ行く人か平ヶ岳へ行く人か聞いた上でそのDVDを見せてくれる。
IMG_7252
お料理がとても美味しくてご飯はおかわりさせてもらった。
そしておとーちゃんお手製の地図で翌日の周り方やコースを案内してくれる。
IMG_7253
とても面白くて優しくて気の利く面白いご夫婦の宿に泊まれて既に大満足。。。
19:30頃、本館を出て寝る支度をする。
環境が良すぎて、寝られない…

これが旅の1日目とは思えない程、詰まりに詰まった濃い日を過ごせました。

暑く長い越後駒ヶ岳

こんばんわ٩( ᐛ )و

梅雨みたいなお天気ですね♫
どんも、梅雨生まれのかなちゅうです。
親近感湧いちゃうぞ。

今年の夏、みなさまも長期連休でしたか?
かなちゅうは有休使いまくって長期連休にしました(笑)
8/10に、越後駒ヶ岳へ行ってきました❇︎

あぁ。
こんな時期に越後駒ヶ岳…なんて思わなかったのは去年の東北登山が涼しすぎたため勘違いしてた。
なんなら標高は2003mとまだまだ晩秋にでも行けそうな山…
しかしせっかく連休にしたんだもの、遠くへ行きたいじゃない(*゚▽゚*)
10日の1:48、越後川口SAにて生姜醤油ラーメンを食べてエネルギー補給(美味くない)

FullSizeRender
4:52、枝折峠に到着。
ヘロヘロ…
そしてイキナリ県警さんが近寄ってきた。
IMG_7122
岐阜ナンバーみて舐められるかと思いきや、前日に滑落事故が起きたからと呼び掛け&ついでに直接登山届渡した。
IMG_7123
4:55、暑くなる前に少しでも早く出発٩( ᐛ )و
この寝ず登山が良くないんだけど…
IMG_7124
越後駒ヶ岳は滝雲が噂の山。
かなちゅうもしっかり見れました。
動画でないのが残念だけど、ゆっくりと雲が下に流れて滝でした。
IMG_7130
日の出も見れて、なんだか既に山はクライマックスな感じがしている…
IMG_7139
しかし、目指す山はあちら。
IMG_7626
入り口から見えている上に遠過ぎる!
そぅ、ここはアップダウンを繰り返すロングコース。とはいえ往復約15キロ。
んー、なんとかいけるでしょ。
IMG_7143
小倉山をまずは目指す。
タイムは気にせずとりあえず、歩いてたら
「あ!ここやん目的地!」となりたいのがかなちゅう登山。
IMG_7150
いきなりアップ。
IMG_7153
そしてすごいアップ。
思ってたアップダウンよりアップダウンしていた。
IMG_7157
お天気も恵まれ焼け始めた。
とにかくアップダウンを繰り返すこと2h弱。
6:51、小倉山到着。
IMG_7160
足元にこれ埋まってるから、「あ!」とかなりにくい。
2hで既に足がパンパンになるほどのアップダウン。やんなっちゃった٩( ᐛ )و
IMG_7161
それでも行かねば。
樹林帯は風邪抜けも悪い。
かと言ってあとは丸出しの日陰なしはこの時期きつい。
比較する東北を間違えてたぁぁぁー(´;Д;`)
とはいえ、緑が綺麗で、かなちゅうはなんだかんだ好きですけどね♡
7:34百草ノ池。
生い茂りがすごく、少し高いところへ行かないと見えません。
IMG_7163
通過して、何人かの登山客と追いつけ追い越せ状態なので励ましあって登る。
IMG_7165
口々に皆様、
「暑いね!山頂たどり着けるかなー?」と。
それくらい暑くて遠い…
IMG_7169
稜線マニアにはたまらない稜線。
もっちろん、アップダウンの稜線で気持ちい稜線歩きからは少し離れてる気もしたけど。
IMG_7171
で、もはや岩さえ登る。
駒の小屋の下は結構急登…
IMG_7573
とにかく日差し!
汗!
絞れる!
IMG_7176
でも、山頂までもーちょっと…
IMG_7179
右手側の絶景。
IMG_7180
続く稜線。
FullSizeRender
遠くて見えないけど、咲き誇る花。
といってもニッコウキスゲ。
IMG_7182
最後はもぉ急な階段を登り。
IMG_7183
この水場に着く。
雪解け水のようで、もすうこししたら枯れるそう。出てる時期は掛け流しで飲み放題(水がね。中のビールじゃないですよ)
顔洗ってがぶ飲みした。
キンキンに冷えて美味しい。
IMG_7184
8:32、駒の小屋に到着です。
少し休み、荷物デポもお願いして、山頂を目指す。
続きはまた後編で。

修行の伊吹山

おはよございます。

涼しくなりましたね。
どんも、今が大好きかなちゅうです。

8/3日、劔岳敗退から数週間、かなちゅうは自分を見つめ直し、1000mQの山へ。

先日の隊の方の話で、徐々に標高慣らしていくということで、ご近所の伊吹山へ行くことに。
伊吹山なら家から50分なので、いつでも手軽に行ける。

0:33、エネルギー補給に一蘭のラーメンとライス。
FullSizeRender
伊吹山にしては少々補給し過ぎかしら。

高橋さんちの駐車場には2:00に到着し、2:10には出発。8月の伊吹山は過酷だがトレーニングにはもってこい。
IMG_7047
先日の劔岳敗退の経験を生かすつもりで体力付けにもあえて過酷な伊吹山。
IMG_7048
2:10スタートします。
深夜なので、何を撮ってもこんな感じになる。
IMG_7049
そのため写真はほとんどない。

すごい湿度で1合目でTシャツはびしゃびしゃ。
2:39、1合目で少し休んだらまた歩く。
気持ち悪い程の湿度。
4:06には五合目。
そこからまたもや試練が…
汗でTシャツが濡れ過ぎて、風で冷える。
かなちゅうはタイツを履いてるがタイツに汗が染みて、それがその場で冷え続け腹痛がおこる。

なんで?
こんな思いばかり…
Tシャツは着替えれたとしてもタイツは脱げないし…

そして8合目は4:49。
IMG_7053
ここまでかなりの小走りで上がってきた。
トイレに行きたい。
休まず走り続けた。
5:05山頂に到着し、まずザックを投げ捨てトイレへ…
IMG_7054
5:07、そんなつもりなかったが腹痛ダッシュで日の出に間に合った。
IMG_7055
しかも、すーーーぅんごい人。
IMG_7061 
いやぁ、久々に見た。
やっぱ感動。
腹痛ダッシュ、ナイス٩( 'ω' )b
IMG_7067
タイツは夏用のCWX履いてるが、かなちゅうの汗かきが酷過ぎて川にそのままダイブした並の濡れ方。
着替えてもインナーがびちょびちょ。
次はファイントラックのインナーを試してみよう。
IMG_7070
そしてこれまた久々のカップヌードル。
暑いのに、寒い。
エネルギー補給にまたラーメン。
あったまりました。
IMG_7097
白湯飲んでるところ、日の出と写真撮ってもらったら、目がキュピーンてなった。
いいモザイクとなった(笑)
IMG_7074
少し散策。
こんなに人がいるなんて。
お花もたくさん咲いてるからかな。
IMG_7076
たけちゃん。
IMG_7077
相変わらず人気者でした。
5:55、下山開始です。
IMG_7082
とてもいい天気。
下山でも汗かいちゃうくらい暑い。
IMG_7083
早くシャワーしたい。
この時間は早すぎて近くの温泉施設はまだやってない。

8:01、下山完了です。
IMG_7087
喜びはボヘミアンラプソディーを添えて。
足、プルプルやけど…ね。
てことで、家には9:30頃到着し、シャワーして洗濯してフッツーの日を過ごしました。

友人からは、深夜の一蘭が腹痛の原因では?と言われた。
かなちゅうの修行は続く…

まんだら遊苑@カオス

こんにちは。

病院の診察待ちで執筆が進むが薬が強すぎてつまんないブログしか書けないことをお許し頂きたい。

どんも、冴えない執筆家のかなちゅうです。
温かい心で読んでください。

立山下山が早過ぎて、前から行ってみたかったまんだら遊苑へ行ってみた。
IMG_6881
いつみても駐車場はガラガラ。
IMG_6882
勇気を出して入るも、なぜ受付まで5分もかかるのだ。
IMG_6883
チケット購入するも、すでに入り口からすごい音とすごい匂いが。
IMG_6884
地獄をイメージした匂いだそうで、無香料派のかなちゅうは腹痛問題だ。
はっきり言おう。


渾沌とかいてカオス。

地獄から冥界へ、そして現在へを体験できる施設だそうだ。
IMG_6890
だが、これは美術館としか言えない。
IMG_6893
地獄とは。
など。
そして素足で雲を表現した場所を歩かされたり。
天界の音楽をイメージしたものの楽器を奏でさせられたり。
IMG_6896
とにかく、クスリとくる感じ。
IMG_6897
最後の現在に戻るトンネル。
表現の自由とはまさにここのこと。
IMG_6898
芸術感性のないかなちゅうにとって、カオスとしか思えない。
IMG_6901
そしてカモシカもいる。
飼っているみたいだが、何匹かいるがみんなガリガリ。
可愛そうとしか言いようがない。
そんな立山観光でした。

帰りは空腹につき、ブラックラーメン発祥と言われてる大喜へ。
IMG_6908
普通のブラックラーメンは醤油故障辛いので、たまごを付けるとまろやかになる。
すきやき風につけ麺のようにね。
IMG_6906
で、すっかり食欲旺盛になったかなちゅうは、ライスとたまごを注文し、卵かけご飯も堪能♡
IMG_6907
さらに、ひるがのSAでソフトクリーム食べてすっかり元気に。
IMG_6909
下山から身体の調子も良くなり、こんなに食べれるようになり、とりあえず良かったと実感したかなちゅうでした٩( ᐛ )و

雄大な立山に憧れて

こんにちは。

神さまっていると思いますか?
どんも、最近のテーマは神さまのかなちゅうです。
いまのところ、かなちゅうは50:50のフワフワな気持ちです。

さて、剣山荘の晩御飯は17:00。
それまで何をするかというと、ストレッチ。
そして、仮眠。
がいつもどおり。
だけどいつものかなちゅうはちょっと違う。

吐き気と嘔吐に狂い耐え凌ぐ。

こんなことは初めて。

それは同室の女性にまでご迷惑をおかけするほどで、でもとても優しく心配してくれた。
うめき声をあげ、のたうちまわり、薬を飲んでも効かない。

なんなんだ。
そんな時間を過ごし、ご飯をたべれば元気が出るだろうと思い17:00に食堂へ。
IMG_6801
しかし、ご飯と味噌汁しか食べれずほとんど残してしまい、おまけに吐く。
FullSizeRender
どぉしていいかわからず、小屋の人へ相談。
すると、色々アドバイスを頂き、まずは酸素吸入をすること20分。

体調も変わらず、次は吐き気どめを飲む。
アクエリアスもの飲む。
しかし、だめだ。

そして震えが酷くなり、小屋の方が危険と判断して夏季にいる救急隊へと連絡してくれた。

そこからは写真など撮る暇も余裕もなく、特別にスタッフのお部屋を個室にしてもらい看病室へとしてもらい…
何から何まで本当にお世話になった。
IMG_6803
次に撮れた写真は、隊の方からいただいた砂糖と羊羹だった。
医師との診断で、極度のストレスと疲れ。
夜は無理だが、朝ならヘリを飛ばせるからと最悪ヘリで下山まで計画がたてられた。
隊がおんぶして下山をしても、5h程かかるからしんどいと思うし、自力で下山出来るまで体力が戻ることが望ましいと。
血中酸素濃度は足りていて、呂律もしっかりしていることから高山病ではないと判断。
しかし、アクエリアス等飲むなど高山病同様の対処をしてくださいと言われた。

ここ最近下界での忙しさは尋常じゃなかった。
土日も休むことなくボランティアに2ヶ月通いつめて、仕事も忙しく、医者に通うなどバタバタしてた。
そんなストレスを発散すべく山へ来たら、そのストレスなどが原因により山でとんでもないことになってしまった。

睡眠導入剤が効いたのは0:30頃。
目覚めたのは4:30。
朝、自力で下山出来るのなら、連絡をくれと言われてたので小屋に電話をお借りして自力で下山することにした。
IMG_6804
5:30、下山開始します。
下山ルートは昨日確認した雪渓の少ないルート。
そちらは夏季診療所のあるところで昨日来てくれた隊の方々もいるから挨拶していくといいと言われ寄ることにした。
IMG_6807
秋頃、また身体を治して元気に来てくださいねと言われた。
最後まで温かく優しい、剣山荘のみなさんには感謝でいっぱい。
必ず、恩返し登山に来ます。
IMG_6815
雪渓が1本と言ってたが、やはりかなちゅうには4〜5本あった。
人によって本数は変わる。
IMG_6820
登りたかった。
同室の女性と仲良くなり翌朝一緒に山頂アタックの予定まで立てたのに申し訳ない。

今回は自分の自己管理ができてないばかりにたくさんの人に迷惑をかけた最低な登山だった。
FullSizeRender
隊の方々にご挨拶をし、そしたらようやく食欲が出てきてこのお弁当を完食するまで元気になった。
そしてめちゃくちゃ美味しかった。
IMG_6946
またきます。
必ず。
いろんな意味で心苦しく辛く、そして情けない登山。
登山はかれこれ15年以上。
百名山に足を踏み入れ始めたのは多分6〜7年。
こんなに辛い思いをしたのは初めて。
FullSizeRender 
そんな帰路はお花の群生地。
IMG_6829
輝く地面。
泣けた。
IMG_6848
雷鳥坂を下山するのも一苦労。急登だからね。
IMG_6856
疲れの湿疹もピーク。
痛くヒリヒリしてる。
IMG_6876 
9:35、無事玉殿の湧水まで帰ってきた。
やっぱり立山は美しい。
IMG_6879
ちょうどいいタイミングのバスに乗れて、駐車場へ向かいます。

まずは無事下山出来たことで恩返し。
IMG_6940
そして次は、元気な顔で、劔岳登頂の報告をして、恩返し。
プロフィール

かなちゅう

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ