はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

温泉

百名山51座、草津白根山

こんばんわっ(*・ω・)ノ

原因不明の2week3キロ増。

どんも、1weekで5キロ痩せるダイエットサイトを参考にして0.2キロしか痩せてないかなちゅうです。

なぜだ。

よくわからない気持ちのまま日々過ごしております。

さて、かなちゅうのバースデー登山月間はいよいよ本番の前日にずっと行きたかった草津白根山へと足を運びます。
再び関東方面へ。
まじで遠征貧乏・・・

これまた仕事が終わってサクッと家を出発し、駐車場で寝ましたがとっても寒かったです。
それもそのはず、レストハウスは標高が2000m付近。
2017-06-24-05-01-54
実は、マメに地元観光協会へ連絡したおかげだったのですが、噴火警戒レベルが下がったばかりでして近日まではこのレストハウスには近寄れませんでした。
その為か車台数がとっても少ないです。
最短コースな上に、湯釜も見れるのでとっても良い場所ですよ。
トイレを済ませ、5:05湯釜へ向かう。
2017-06-24-05-06-11
まだ数人しか入っていない様子。
入り口にはたくさんのストックが置いてありました。
2017-06-24-05-07-49
もう少し早く出る予定でしたが、眠た過ぎたので少し寝過ぎてしまいました・・・
あるあるですね。
2017-06-24-05-07-54
この程度の台数でした。
湯釜までは20min程で到着します。
2017-06-24-05-18-40
ここでしまったと思ったことが・・・
太陽があがったばかりだったので美しい景色を目に焼き付けることができたのですが、写真に収めようとすると太陽も一緒に入り込んでしまいます。
2017-06-24-05-19-20
そのため、もし行かれる際は、お昼頃をオススメしたいと思います!

少し待ってみたけど諦めて下ります(笑)
2017-06-24-05-28-19
翌日お誕生日を迎えるので自分へ絶景プレゼント。
これは、自分が登山を始めたころ、まだだれも使ってなかった言葉だったけど最近よく耳にする。
もしかして、、、
もしかしてかなちゅう発信かも・・・
2017-06-24-05-41-28
戻ってきました。
湯釜とは反対方向へ向かいます。
5:40駐車場をスタートします。
2017-06-24-05-49-16
警戒レベルが2→1になったのでまだ山頂へは行けませんが、行ってる人も少ない様子。
2017-06-24-06-01-55
ここを通り越して、登山口へ向かいます。
かなちゅうの前にずっとうろうろ行ったり来たりしてる人発見。
かなちゅうは追い越した。
すると、かなちゅうを見つけて道がわかった様子。
ついて来たのち、抜かされた。

迷子あるあるですね。
2017-06-24-06-08-10
なだらかな道を歩きます。
2017-06-24-06-10-21
まだ雪も少しだけ残ってます。
2017-06-24-06-15-31
途中の木道が足に優しくて好きです。
2017-06-24-06-19-27
そして開けてきました。
2017-06-24-06-23-47
噴火を物語る大きな火口ですね。
美しさと危険は常に隣り合わせ。
だからこそ、知りたくなるものです。
2017-06-24-06-30-39
歩いて来た道を振り返ります。
周回コースなので、来た道を戻りません。
2017-06-24-06-31-24
もともとは万座温泉から来る予定だったが警戒レベル引き下げによりレストハウスより来ることができた。
色々と調べたので面白い。
2017-06-24-06-36-16
6:36、山頂は地図で見ても反対側の山みたいだがここが今は山頂のような感じになっている。
2017-06-24-06-42-31
まさしく、展望所です。
本白根山を見ること出来ます。

少しゆっくりして、7:02、下ります。
2017-06-24-07-02-06
ここからは少し細い道を歩きます。
2017-06-24-07-09-59
イワカガミ祭りです。
2017-06-24-07-11-34
鏡池。
噴火によって創り出された自然美です。
そこに亀の甲羅のような形をした構造土で非常に珍しいそうです。
ちなみに近くに行けるのですが、ロープ張られてるので池に入れずなのでここから見てました。
2017-06-24-07-47-03
規制がかかっていたらロープウェイでさえ乗れなかったのですが、この日は乗れます。
終着駅ですね。

8:07、ぐるりと戻ってくることができました。
2017-06-24-08-07-47
車も台数が増えてましてがそれでもまだまだ空きはたくさんありました。
きっと紅葉の時期がくるとまた美しい山に変わるのだろうと思いながらの下山です。

さてまだ朝8:00.
なんせ、かなちゅうさんの朝は早い。
とにかく早い。
でも風呂に入りたい。
そんなわがままを叶えてくれるのが温泉県ですよ。

ここをどこだと思ってるんだい?

2017-06-24-08-57-11
朝9:00からやってる温泉見つけました。
とにかく人気のお風呂らしく、朝から満車でびっくりしました。
2017-06-24-09-42-33
民謡と温泉が大好きなかなちゅう。
草津良いとこ、一度はおいで~と何千回うたったことでしょう。

日本三大名泉もコンプリートでございます。
雑誌に載ってましたので失礼します。
この合わせ湯、とっても気に入りました。
2017-06-24-10-02-49
手前から奥にかけて温度がどんどんあつくなるのですが、徐々に慣らして入るのです。
約40℃→42℃→44℃→約46℃。
46℃は、たしかに10秒入ってられるかな?って感じでしたが、またそれがクセになって、この流れを4回も楽しんでしまいました・・・♡

そして毎月第2・第4土曜は「白濁の湯」となっていて、配管にたまった湯の花を掃除する日なので極上の白濁湯を楽しめるのです♡
なんてすばらしいバースデイ温泉・・・♡

大満足で、体はまっかっかにほぼやけど状態で出ました。
水風呂にも入ったのですが、キンキンで温度差で心臓やられるかと思いました。
入浴の際は気をつけて。

そしてせっかく観光地へきたので観光していくことに。
2017-06-24-10-17-05
雑誌やテレビで何度も見たこの場所。
2017-06-24-10-15-42
夜はライトアップされるらしいのですが、かなちゅうはこっちの源泉がみれたほうがよっぽど嬉しいという乙女力の足りなさ・・・
2017-06-24-10-16-58

2017-06-24-10-20-26
温泉にきたら、温泉たまごチェーック!
2017-06-24-10-25-25
目の前にあるお店で温泉たまご食べてみた。

旅館の朝かとおもた。
硫黄の匂いもほのかにしないフツーのゆるいたまごでした!
おいしかった!
2017-06-24-10-28-06
素敵。
美しい。
自然の雄大さ。
活力を感じます。
2017-06-24-10-29-24
LOVE♡草津♡

そしてこの日もまたお天気にめぐまれまくって暑い。
さっぱりしたものが食べたかったので、蕎麦屋を探して入店。
2017-06-24-11-29-47
三國家。
2017-06-24-11-11-33
名物の三國そばというらしい。
2017-06-24-11-11-48
美味しかったです。
数件しかおそば屋さんは見つけられなかったけど美味しかったですよ。
そして店を出た瞬間びっくりした。
長蛇の列。
あとで調べたらとっても有名なお店でした。
そゆ事多い、かなちゅうです。

観光地も満喫したので帰ります。

帰ろうと思って駐車場に行ったら救急車。
車から熱中症と言われて担架に乗せられた子供が運ばれていた。
確かに外に居れば風は涼しいが、昼間は暑く窓を開けていても熱がこもる。
ニュースなどであれほど注意喚起しているのになぜ減らないのだろう。

心が痛む草津の帰りとなった。

現在夏山、レジャー、そして子供の夏休み。
どうぞ、安全な登山を。
楽しいレジャーを。

気をつけましょう。

祝50座目の男体山

こんにちわぁ

その前に。。。


お久ぶりです。

どんも、かなちゅうです。

バタバタと過ぎていった月日も8月を迎えました。

かなちゅうは、百名山祝50座目を即報告せずそのまま52座登りました。
まずは50座目の男体山を・・・

心配で連絡をいただいたみなさま、感謝です。

そしてかなちゅうの50座はなんと6月のバースデー登山月間中のことでした。

6月10日、仕事が終わってそのまま家を出て二荒山神社を目指しました。
2017-06-10-05-23-08
男体山は、登山期間も登山時間も決まっています。
朝は6:00から、神社で説明を受けてから入山します。
2017-06-10-05-23-11
4:00頃、慣れた感じで数名裏の様なところから登山していくのを見かけました。
ルールとマナーは守ってほしいですね。
2017-06-10-06-03-13
気合いの入る最初の階段です。
急です。
2017-06-10-06-24-31
思い返せば、フラットな場所がなかったかと思います。
夜中に雨が降りましてツルツルとすべりやすかったです。

ところどころにショートカットのような道が作られてましたが、足場もわるかったので普通のルートで。
6:53、4合目に到着です。
ここまでは舗装された道をすこし歩いてきました。
2017-06-10-06-53-38
いよいよな感じもしますが、とにかくこの4合目に来るまでにもヒーヒーと言いながら来ました。

4合目からも道が悪くまた急です。

中禅寺湖が見えました。
2017-06-10-07-01-58
歩いているときの景色はほとんどありません!
かと言って喋れる程の肺活量をもってません!
無言登山です。
2017-06-10-07-11-50
中禅寺湖が少し広く見えただけでテンションがあがるくらいでした。
2017-06-10-07-31-45
とにかく足元が悪い。
2017-06-10-07-52-13
ゴロゴロ・・・

男体山の登山行程は、ピストンで6時間を予定しているが行程が短い登山に急登はつきものですもんね。
2017-06-10-08-01-21
6月とは思えないほどの晴天と、6月らしい湿度に飲んだら出るの繰り返しでした。
2017-06-10-08-08-52
少し休憩をしたら、歩みを止めずにあるきます。
かなちゅう流の登山。
休憩は短いけれど、その代わり止まらないようにのーっそり、のーっそり歩きます。
2017-06-10-08-19-35
少し景色が変わってきました。
岩がなくなった分、雨の降った後は余計に滑りやすく登りにくかったです。
また下山では滑って転ぶ人もいました。
かなちゅうのカバンも、おむすびころりんのように勝手にコロコロ転がって行き焦りました。
2017-06-10-08-29-31
いよいよ開けて、赤土になってきました。
ここからですよ、景色が良くなります。
2017-06-10-08-30-11
道も広がり、すれ違いは可能です。
2017-06-10-08-33-13

2017-06-10-08-33-17
下山注意な道です。
滑ります。
2017-06-10-08-35-03
あれは、いつか登った日光白根山だろうか。
景色最高。
まだ周辺の山は雪をかぶっており、雪をなでた風は冷たかった。
2017-06-10-08-39-24
2017-06-10-08-42-41
ずっとのぼり続けて3時間弱の8:42、いよいよ50座目の男体山山頂へ到着します。
2017-06-10-08-42-53
2017-06-10-08-46-02
あっさりしてます。
景色は、ぐるっと見渡せて最高にいいです。
2017-06-10-08-46-41
背中びっしょびしょなのでとにかく天日干し。
ザックおろして背中を太陽に。
2017-06-10-08-52-43
かなちゅうには、アミノバイタルを。
えらかったー
2017-06-10-08-55-58
そして、あの平和の鐘を鳴らすのは、かなちゅうです。
2017-06-10-08-56-55
これ、みんな首から下げててワンフォーオールでオールフォーワンな感じの登山だった。
2017-06-10-09-16-32
2017-06-10-09-17-27
2017-06-10-09-20-23
男体山は、標高2486mの栃木県の山です。
山岳信仰の対象と知られている山で、山自体が御神体のようです。

9:20、下山開始です。
今から登ってくる人達がたくさんですれ違いが大変でしたよ。
譲りあって登りましょう。
下山コースはピストンなので、写真を省略します。

11:46神社の鳥居手前にあるブラシとたわしで泥をおとします。
2017-06-10-11-46-49
ここでストックがイカれました。
治るまで治療します。。。
とても急だったことをあらわしているのでしょうね。

11:51無事下山完了です。2h30minくらいで下山できました。
2017-06-10-11-51-58
そしてこの二荒山神社は、強力なパワースポットとしても有名だそうです。
2017-06-10-11-54-33
遠征貧乏のかなちゅうは、小吉でした。
小吉で7億円あててやる・・・

汗でベタベタかなちゅうは、風呂探しの旅へ。
色々周辺回りましたがなかなかなく、少し離れた処に温泉が。
2017-06-10-13-01-06

中禅寺金谷ホテル。
インターネットで割引券があるので行く場合は探してみてください。
オープンまで時間があったので少しだけ待って一番風呂です。
2017-06-10-13-05-53
セキュリティがしっかりしてました。
2017-06-10-13-06-54
源泉かけ流しと書いてありました。
確かに硫黄の匂いがすごかったです。
そして露天風呂に入ったら、雨がすごかったのですぐに撤退。
おやおや、下山後の雨なんてなんてタイミングの良さ。

それでは帰宅なのですが、とにかく早い。
そしてご飯を食べたい。
2017-06-10-15-25-38
ご当地らしい。
あの餃子は、健太くんというらしい。

そして健太餃子、スタミナぎょうざ、にんにく餃子を頼んだ。

健太餃子一番おいしかった。
2017-06-10-14-57-40
が、空腹に負けて大食い選手権なみに頼んでしまったのでかなりの大食いをしてしまった。
勢いで頼むのはもうやめよう。

祝50座と、栃木をしっかり満喫して帰れました。

さようなら九州編

こんばんわぁ

経験の数はご年配の方だけとは限らない

どんも、苦労は買ってでもしますかなちゅうです。
先行投資、いいことあるさ♪

さて、なかなか岐阜に帰ってこれないですね。
SGさんとお会いしてから、法華院温泉までかなりドロドロの道を下りました。
何年か前から膝がおかしいので、エスカレーターでお願いします。
しばらくすると見えてきました、愛する我が家。
9:30には法華院温泉山荘に着いてしまった。
予定より3hくらい早いぞ。
山荘でお知り合いの方に声かけてサクッと帰る旨を伝えた。
とゆうか覚えててくれた。
嬉しかった。

10:00過ぎに法華院温泉山荘とはお別れ。またきます。
なんども振り返り、後ろ髪ひかれまくってます。
目的地に到着してからが長んですよ!
あるけどあるけどまだここかい!ってゆう
坊がつる。
ハルリンドウ?
たっくさん咲いてます。
雨ヶ池越で、雨ヶ池。
前日の雨でドロドロでとっても滑ります。
なんとも怪しい写真ですが、綺麗ですね。自然美ってのは、人間でも言えることですね。
木道もドロドロだけど、ありがたく思えるほど歩きやすかった。
カラッと晴れた時、きもちがいいですね。
11:47、一気にくだってくると膝や足が痛くて痛くて…
なんとか登山口に到着しました…
ここからはタデ原湿原の木道を歩いて長者原ビジターセンターへ戻ります。
登りが2h30minで下りが4h程あった。下りが長いとキツイということが改めてわかった。
やっぱり法華院温泉山荘に泊まりたかったなぁという名残惜しさ。
色々な思いを抱えながら歩く。
一昨年に歩いた時を振り返り、やっぱり雄大な山だと感じた。
12:10、ビジターセンターに到着です。
車に戻ると、ここに車を止めたい人たちがどんどん入ってきて、かなちゅうがどくのを待っている。

反対に、「待ってくれ、まだスパイコを買ってないんだ」というきもちだ。

スパイコとすだちハイボールを購入したらサクッと撤退。
汗ダラダラで、山恵の湯へ。
以前、ガイドさんに教えてもらって入って、とっても気に入ってしまったのだ。

そして前回とは異なり男湯と女湯が入れ替わってたので景色が違った。

すると、天狗ヶ城と少しくじゅう分かれが見える。星生山も見える。
そして、すごい数の登山客も見える…

思い出と温泉に浸り、山を振り返りました。

たくさんの人にお土産購入のため、一度道の駅ゆふいんまで戻り、ついでに昼食を。
最後の九州飯はやっぱりとり天。
だけど、隼で食べたとり天が最高に美味すぎて、忘れられない。

ここは衣が多すぎる。

みなさん、ぜひ隼へとり天食べに行ってみてくださいね٩( ᐛ )و

ついでに風呂上がりなので、こんなの発見。
湯上り専用。
いちごヨーグルト美味しかったです。

さてここから渋滞とのたたかいや!
と、何回も20キロ渋滞にハマりまして…
夜、22:00にやっとSAに止めれて食べた広島ラーメン。
この旅、マイナス1キロは果たしてこんなに食べて成功するのか…

朝方5:00にようやく岐阜に到着しまして、死んだように眠りました。

この旅で思ったこと。
1weekくらいが旅っぽい。
そして
いい加減に買わなきゃいけないアームカバー。
貧乏性なので、なかなか買えない…

あとは大満足♪

そして、体重はというと…


マイナス0.2(笑)

暴飲暴食しなければ、そんなに太らないよ٩( ᐛ )و

以上!!(笑)

九州きたのに何もしない日

こんにちは٩( 'ω' )و

なかなか終わらせないぜ!
どんも、引っ張りまくるかなちゅうです。

道の駅神楽苑、起きてみたら満車でした。
夜20:00に寝ることは予想以上に早いということですね。
さて、寝ただけだが腹が減るわけで…

道の駅阿蘇へ向かうとかろうじて停めれた。
そして、おなじみの場所でおなじみの食事。

赤牛と高菜めしとASOミルク!

すごいボリューム。
ちなみに毎日買い食いで、ベジタリアンなかなちゅうさんはさすがに飽きてきた。
とても美味しかったんですけど…

この日は一昨年お世話になったくじゅうネイチャークラブのガイドさんと会うお約束をしていたので、楽しみでそれだけで頭いっぱい。
14:00にお約束なのに、12:00前には約束の場所の長者原にいた。
長者原レストハウスでお土産見たりしたけど、なかなか時間は潰れず、様子を見てると九州来て1番風が強く悪天候!

ガスでのまれたくじゅう。

明日大丈夫だろうか。
法華院温泉山荘に宿泊予約してあるのだが、不安。
こんな日でも登山者は多い。
日帰りの人か、前日泊まってた人かわからんが、おかえりなさい。
下山したら買いたい物も見つけたし、時間になったのでガイドさんとお話してくじゅう登山の相談もさせてもらった。

1人でモヤモヤ悩んでて、後ろ向きの考え方だったけど話して安心しました。
法華院温泉山荘は今回諦めて、日帰りでくじゅうを楽しむことにした。

ありがとうございます。
大好きなガイドさんに会えてルンルンです。
お昼ごはんもおすすめの場所を教えてもらった。
だが…
どこもご飯がもうありません!とのこと。
5件程回ったかしら…
このままでは、明日の登山が危ない。

1番近いコンビニはローソン九重上野店25min。
向かいました。
その道中にあった民宿水分がなんとやっていた。
食べたかった地獄蒸しセイロ定食は完売でたべれなかったが、ちゃんぽんを頼んだ。
めっちゃ美味しい。
麺好きのかなちゅうはこの旅でまだ二度目の麺。
愛してるぜ、麺。
リンガーハットよりも濃くて、久々に美味しいちゃんぽんを食べました。

そしてやっとコンビニに着いて、翌日のご飯を購入し、安心。

温泉は長者原近くの、花山酔に行きました。
ガスってるー
日帰り入浴500円。
夜19:00までやってて、鉄分を多く含む泉質。
本館が法華院温泉でここは別館なのです٩( 'ω' )و
19:00ギリギリまで休憩室で休んで、レストハウスで車中泊の計画。
無料でマッサージチェアーが使えるという。
そのマッサージチェアにロッキングチェア機能が付いており、途中から前後に揺れ始めた。
気持ち悪くなった…

20:00前には就寝し、翌朝は5:00からアタックできたらと思い眠りました。

つづく…

落ち着きのないレスト日

こんばんわぁ٩( 'ω' )و

野菜干しネットを買ったのに、カラスの襲撃が怖くて干せない

どんも、無駄遣いしてしまったかなちゅうです。いつか必ず何か干すっ!!

GW日記の長いこと!
ただ、ちゃんと九州の良さをお伝えするために、観光大使頑張ります٩( 'ω' )و
5/3はレスト日にした。
なので、早朝散歩で草千里ヶ浜に向かった。
馬を呼んだら近づいて来た。
人慣れしとんなぁて思った。
そしたら、痒かったみたいで柵でゴリゴリ首かいてたわ。

ズコーー_(:3 」∠)_
天国逝ってまったかと思うくらい素敵な景色と時間が流れた。
静かで、ゆったりと。
桜も咲いてた。
この日は風が強く、桜の花びらが舞って綺麗やった。
草千里ヶ浜に着いた。
早すぎてまだ馬にも乗れない。そしてなんと言っても寒い。
風が強すぎてダウン着ても寒い!
3分で撤収。
いい景色でした!

登れたら登りたかった米塚。
昔は登れたけど、登山者が増えゴミも増え、色んなところに踏み荒らしも増えて登山が出来なくなったと聞いた。
登れるという情報もあるけどどちらにしても、登山者のマナーはどこへ行っても困ったもんだ。
道の駅阿蘇へ戻り、朝食としましょう。
乳製品をとるとお腹壊しますが、ご当地となれば話は別ですよ。
赤牛、馬肉と頂きます。
さっき、放牧されたみなさん(牛さん、馬さん)にはご挨拶してきましたからね。


「いただきます」と。

道の駅阿蘇は、食べるとこがあって、レンジもあるので地元の方が作ったご当地弁当などをほかほかで食べれる。
おなかいっぱいです。
が、ソフトクリーム食べんとね!
乳製品推しの県やからね、活性化!
濃厚で練乳みたいな味でした。
美味しかったです٩( 'ω' )و

さてお腹が予定より満たされましたので消費ですね。
なんせ目標1キロ減ですからね。
レストとか言って、この日は産山を周回して道の駅阿蘇へ戻ってくるコースをプランニング♪

まずは大観峰目指します。
景色が良いけど、美人は三日で飽きるの意味がなんとなくわかってきた日でもあった。
みて下さい!
これが有名な涅槃像!
仏様が仰向けで寝てるようでしょ??

しょ( 'ω' )??

ちなみに駐車場は満車を通り越して、進入できない車やバイクが溢れてる。
さすがGWだぜっ!!
涅槃像見れたし、さっさと引き返すぜ。

小国両神社に到着。
盆に墓参り来たくらい暑い。
ここは、パワースポットとして人気の神社だそうです。
詳しくはwebで٩( 'ω' )و

続いては、お豆腐が有名な「喜戸豆腐」へ向かう。
その道中に、ジュラパみたいな…

芸術家の住む街、とでもいうのでしょうかね。
5秒くらいで通過します。
目的の「喜戸豆腐」
芸能人も多く来てたみたい。
昔むかし、夏の晩御飯に豆腐一丁だけ出て来た日があって、食べ続けて気持ち悪くなって以来豆腐はあまり好きじゃなかった。

近年、かなちゅうが進化し、良質なタンパク質摂取のためにも積極的に食べるようにしている。
おばちゃまは、厚揚げ推しでした。
だが買って帰ることは出来ないので、寄せ豆腐をここで食べさせて貰えないか聞いた。

すると、今朝はえらく冷え込んだからニット帽かぶっとるって言われた。

多分、OKのサインだ。
図々しく箸と醤油まで借りた。
この豆腐めっちゃ美味しい。
濃厚でもくせがなく、食べやすい。
豆腐苦手でもぺろっと食べれてまう。
通販やってへーーーん_| ̄|○

残念だが、また食べに来れたら来よう。
次は、池山水源へ。
元々、ここも寝床の一つに考えてたのだが利便性から道の駅阿蘇マイスターとなった。
美しい。

言葉はいらない。
水も何箇所からか湧き出ていて透明度が…(涙)
美しい。
先ほどのお豆腐も、ここの水を使っている。

どおりで…

美しい景色は心を満たし、うまい飯は腹を満たす。


おや( ᐛ )?
もうそんな時間かい??
て事で、喜戸豆腐さん斜め前にある「山の里」さんへおじゃましまーす♪

赤牛専門のお店ですが、もぉお肉食べ過ぎて牛になりそうなので「名水セット」と「赤牛のたたき」を注文。

赤牛の専門の店って言っとんのに、赤牛頼まんてなんか、悪いやん…
小鉢二つとおはぎ!
と、味噌汁とご飯と、漬物12種類!
全て手作りの漬物。
そしてご飯はお代わり自由♡
ご飯で、ご飯が食べれる。
それくらい美味しいご飯なので、感謝して3杯頂きました。
目標はマイナス1キロです!
赤牛のたたきはさっぱりしてて、この瞬間までに食べた赤牛たちよりダントツあっさりで1番好き♡
こーゆーの待ってました♡

どちらも800円です。お値打ち♪

いかん。
ご飯3杯は、やり過ぎた。
晩ご飯食べれん…
これはお風呂で消費せねば。
で、山の里さんのさらに斜め前にある、奥阿蘇やまなみさんへお邪魔しまぁーす٩( ᐛ )و
こちらはちなみに日本秘湯を守る会♡
愛してます。

500円で、効能は以下の通り。
本日、女性は四季の湯を楽しみます♪
キレイな脱衣所。
そしてここも家族風呂が人気のようで、かなちゅうまたもや貸切風呂になりましたぜ。
これ1人て…♡
大満足♡
源泉掛け流しなので、惜しげも無く浴びました。
洗い場が外にあるので、最初は凍えながら体を洗わなきゃいかんけど、それを耐えてのお風呂は格別です♡

スッキリしたので、道の駅阿蘇へ戻ります。

が、ここでトラブル発生。
道の駅阿蘇、入り口から大渋滞で、入ることすら出来ず!

困った時の先のリサーチ。
20min程もう一度産山方面に行くと、神楽苑という道の駅あるんですよ。
試しに行ってみたら、車は1台もありませんでした。

そこで、トイレ行こうとしたらお兄さんが突然声かけてくれた。

炭焼き地鶏を持ってきて試食させてくれた。

人間の心理的に…

断れる??ww

ニッポンの人ヤサシイ…
気に入らなかったら全額返金キャンペーンも絶対に返品しない優しさ…

わたし、買います
ついでに、乳製品も♪
柔らかくて美味しかったぁ♡
えびの高原で食べた時より柔らかくて、焦げ臭くなくて、とっても美味しかったです。
おにいさん、ありがとう♡

かなちゅうのデカすぎる胃袋に驚きながらも、絶対痩せてやる精神で眠りにつきました。


つづく…٩( 'ω' )و
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ