はじめまして、かなちゅうです

山と岩と温泉が大好きなかなちゅう。 そんな大好きなコトをたくさん書き綴っていきます。 人生は1回きり。 後悔しないよぉに、happyでspecialな日々を…

温泉

大丸温泉旅館

こんばんは。

旅館のチェックインまで時間があるので、殺生石へと向かう。
この地には「九尾の狐」伝説がある。
まんが「うしおととら」もこの話が関連しているらしい。
先程の那須岳からも行けるけど、距離があるので下からココだけ回ることをオススメします。
各場所に色々説明が書かれていてとても面白かった。
古人は、この場所で人や動物が死亡することを、石に宿る霊の仕業と考え、石を特定して「殺生石」と名付けた。
さらには、その石に、全身を金色の毛で覆い9本の尾をもつという「白面金毛九尾の狐」の物語を添加したことにより、殺生石は、恐怖の石として世に広く伝播するところとなった。
今、うしおととらを半分くらい見たけど今一生懸命白面の者との戦いの最中です。
少しだけでいいから勉強をして行くと、旅って何倍も楽しくなるよね。
温泉神社にそのまま向かいます。
殺生石の駐車場にとめたまま行けますよ。 かなちゅうの全身の痛みが取れますように。

最近はどこへ行ってもこの願い一つ。

もう一度殺生石に戻ります。
散歩していい時間になりましたので、いよいよ大丸温泉旅館へ向かいます。

那須岳の駐車場からとても近いところです。
一度は行って見たかった「日本秘湯を守る会」のお宿ですね。
14:00ぴったりにチェックイン。
受付をすませると嬉しいサービス。
水まんじゅうとお茶でおもてなし。
最高ですね。
夕飯までにお腹減らさないと…

そして部屋へ案内してくださった方。

電話予約するときに、突然明日泊まりたいからと電話入れて、今からそちらへ向かいますのでと言ったら、
岐阜から車で女性一人!?しかも那須岳に登る!?
と、とても心配してくださった優しいスタッフさんが接客してくださいました。
落ち着いたお部屋。
とても素敵。
お食事が18:00からとのこと。
みなさんどぉすごされるか聞いたら散歩と言ってた。
散歩今してきたので、お風呂に行くことにした。
地図まで持ってきてくださった。
優しい。
そしてお風呂へとりあえず行ってみると早速お友達が出来た。

70歳越えたというおばあちゃん。
話しかけてくれた。
そしてそのお友達も合流し一緒に混浴へ行ってみたり、露天風呂回ったりですっかりのぼせてしまいました。

楽しくいろんなお話を聞かせて頂きました。
おばあちゃんが、言ってくれた

「旅は道連れだろ」

かなちゅうは1人で来たけど、みんな巻き込んで楽しく過ごせばいいんだよ。
それであたしらも幸せなんだよって。

お風呂で泣きそうになったよ。

素敵な出会い。

この旅に本当に感謝。

お風呂上がって晩御飯まで少しだけでお昼寝します。

心がすでに満たされまくっている夕方でした。

初、週末立山登山

こんにちわぁ٩( ᐛ )و

朝はあさげ。
夜もあさげ。

どんも、あさげラブかなちゅうです。
ちなみに「朝餉」は朝ご飯という意味です。

毎年恒例、立山へ行って来ました♪
土日に行くのは初めて。
いつも平日に行くのだが行ってみたらやはり人、すごかったー。
5:10からチケット並びました。
始発までウロウロします。
ケーブルカーは揉みくちゃ。
立山、始発狙いの人たち。
すごいー。
バスもこんな後ろに。
土日スゲー。
なんとか補助席を免れ、50分は爆睡。

「降りたくない…」

目覚めの、玉殿の湧水。
がぶ飲みして起きた。
やはりここの水はうまい。
それではゆっくりスタートしましょう。
体力も無いので、いつも通りの
雄山→大汝→富士折立→大走り→室堂です。
てことは、ブログは同じ内容が3つ目に!!

お役に立たずすみませヌ(´∀`*)
写真多めでサラっといきましょう♪
いつもは閉山日頃に行くのでいつもよりも約1ヶ月はやい立山入りです。
なのでいつもの紅い立山というよりは、まだ緑眩しい感じでした。
気温は13度くらいでしたが暑いです。
美しい。
この景色が見たかった。

一乗越でもはや渋滞、と思ったら登山道に凍結した雪道が…
1ヶ月違うと、こんなに雪あるの?
首にバンダナ巻いたグループが立往生&30人程の大渋滞。
人気だ。

登り切ると北アルプス達がぐっどもーにんぐ。
槍ヶ岳しかわからんけど(・_・)
雄山のゴロゴロを登ります。
撮れた写真はこれ一枚…
疲れたよー。
この登りはキツイね。
発狂しながら、9:45雄山に着きました。
背中びたびたです。
参拝したいです。
500円払って、ご祈祷待ち。
一定員だけ入って、交代で雄山山頂にあがる。
時代が変わると、山の入り方も変わって行くのですね。
前は500円必ず払ってってのはなかったから。
安全祈願して頂き、お神酒頂いて清らかになった気がします。
浄化は大切ですね。
すっかり、ピュアですよ。

背中の汗もすっかり乾いた。
さすがアイスブレーカー。
10:05、大汝へ向かいます。
岩稜をアップダウン。
20分くらいで、大汝に到着。
おや?
怪しい雲。
この日は快晴だが、午後からガスると予測されていた。
晴れるでしょう!!
大汝は狭くて混みますので少し離れた所でパンをかじり、のんびり休憩。
景色を楽しむ。
あまりミーハーではないので、ここに来たから劔岳見たい!とかそぅゆぅの無くて…
どちらかと自分、しっかり持ってます。

富士ノ折立へ向かう。
大走りは降りたくない。
でも、別山行く元気ない。
そんなこと考えてたら急登を下り、大走りに到着してしまう。
おや?
飲まれそうだ。
別山へ行く理由がどんどんなくなっていく。
やはり大走りで帰りましょう。
いつも、大走りがどこかわからなかった。
けど、こんな親切な物が立ちました。
ありがたや。
これで迷わない。
大走りは、かなり急でザレてるので疲れやすい。
登ってくる人も土日とくりゃ多いのだがいつも平日にくるので誰ともすれ違わない。
みんな別山へ当たり前に向かう。
なので、いつも途中で不安になり、腰を下ろし
「迷ったかなぁ」
と反省してみる。
決まった岩の上に座り、こーやって悩んでるが、結局信じて降りる。
地図に大走りが載ってないんだ。
急登ザレてて危ない
みたいなのは書いてあるけど…
でも、あの看板でももうわたし迷わない
歩きでは休みを繰り返す
どっちかってと、休みを増やした。
例え雲が迫ってきていようが。
さて、沢近くにおりてきました。
かなちゅう1番好きな場所。
同じ写真に見えます?
見えませんね。
美しい。
いつもは真っ赤にもえている立山だけど、緑もいいね。
秋、きてます
テントも多い。
天気予報は2日とも晴れですもんね。
さて、テン場からが大変。
登りなのです。
ここから呼吸は乱れる。
脈も早くなり頭痛くなるー
地獄谷。

実は立山に来たのは、もう一つ理由がありまして。
立山曼荼羅の絵をみて惹かれてしまい行きたくなりました。
地獄の疑似体験というわけです。
みくりが池も、ガスでまっくら。
室堂帰って来ました。

いつもよりは少ない気がします。
たまったまこのバスに乗れたという。
帰りのバスも爆睡…
そして今回の温泉は、吉峰温泉。
お湯はトロトロでした。
ただ古くて少しだけ、気持ちが、ね。
かなちゅうは、立山駅の千寿荘入りたかったが土曜はやはり人が多かった。


また平日に来て温泉も満喫して帰りたいなぁと思いました٩( ᐛ )و

憧れの薬師岳

こんばんわ٩( 'ω' )و

眠れねー

なのに日中、めっちゃねむー。

どんも、悪循環かなちゅうです。

続きをサクッと。

20:30に多分就寝し、薬もぐっすり効いて朝は目覚ましの30分前に起床。
薬師岳山荘はありがたいことに廊下の電気がずっとついている。
お陰でヘッデンでゴソゴソしなくていい。
身支度、そしてパッキングして朝食はお弁当を頼んであるので貰って山荘を出ます。
雪渓がすぐにあるので、少し空が明るくなってからのスタート。
ありがとうございました!
キレイで素敵な山荘でした!
いってきます。

山頂へご来光を見に行く人もたくさんいた。
そこが例え真っ白な雲の中であろうと…

下山は急な登りの下りなので慎重に歩きます。
目の前に広がる景色は、やっぱり雄大です。
朝日が間も無く上がります。
まずは1番長い雪渓を下ります。
朝でも心配いらないくらいの雪のしまりでした。
凍結なしです。
ただ踏み抜き注意です。
太陽が出てきました。
黒部五郎岳方面を照らしてます。
この日、友人が黒部五郎岳に登っていたそうです。
山の季節ですね。
最初はずっと雪渓歩きなので時間経つのが早く、また足腰にあまり負担なく歩けて稼げた気分♪
お弁当を太郎平小屋で食べる予定ですがそのことで頭がいっぱいだった。
もっと気持ちに余裕が必要だ。
最後の雪渓。
この先に太郎平小屋がある。(その前にテン場通過)
雲海が奥に見えてキレイでした。
最後の雪渓の最後の最後で道が溶けて踏み抜き崩れました。
すれ違いの人がたまたまいて、ここ危ないですよ!と親切に教えて頂いた後の話。
芸人かっ。
少し登って木道へ。
昨日は長い時間歩いた後だったから余裕なかったけど、おだやかな木道だった。
6:19、1h40min程で太郎平小屋に到着。
前日の登りのタイムからは想像できない速さ。
青空見えてきた。
そして待ちに待った女将の弁当。
人が作ってくれるものってうまいなぁ。としみじみ。
しかもボリューム満点で最高の朝ごはんになった。

そしたらすぐに太郎平小屋から人がたくさん出てきた。
ラジオ体操をやるらしい!
全力で参加した。
そんなかなちゅうはラジオ体操の指導者の資格持ってます。
6:46、出発します。 
前日の辛い思い出を振り返りながら歩きます。
えらすぎて気がつかなかったけど、湿原のようなものが所々にもありました。
どんな時でも、冷静でいたいものですね。
改めて美しさ実感。
えらいけど、たくさんの人が虜になる薬師岳。
来てみてよかったと思った。
ここでかなちゅうにアクシデント。
下山中、ゴロゴロの石で滑りやすくとうとう捻挫しました。
激痛に耐え、熱中症対策のために持ってた緊急冷却剤を殴り、即冷やす。

20分程、のんびり休みました。
おかげてのんびりした景色を撮ることが出来ました。

かなちゅうの足首はずっとやっていた陸上で捻挫し過ぎてくしゃくしゃなので、一時的に痛みはあるものの、歩行可能になる。
ゆっくり下山開始です。
たくさんの人が上がって来ました。
かなちゅう達の下山日は土曜。
土日はたくさんの人でにぎわいますね。
1番きつい最初の登りもゆっくりと下り、無事下山完了。
10:00、お疲れさまでした。
2人でダラダラと駐車場に戻り、ダラダラと整頓していたら、1人の男性がかなちゅうの方へ歩いて来た。

かなちゅうのファンかなぁ。
なんて思っていたらやっぱり声かけられた。
「さっき、そこの道路、こぐまが渡ったので気をつけてくださいね」

優しい。
荷物ぶち込んでまずは即座にその場を離れた。
そして有峰林道一気に下りました。

落ち着いて、亀谷温泉へ。
白樺ハイツ。
ここしかない。
でも泉質もよく、温泉に詳しいおばちゃまがずっと私たちに温泉の説明をしてくれました。
おかげで長湯が出来ました。
ありがとうございます。

そしてゆっくり帰路へ。

三年越しの薬師岳。
達成感いっぱいで、どこの山にもいま行けていませんが、9月頃また山へちょこちょこ行って来ます。

素敵な薬師岳。
とてもオススメの山でした。

百名山51座、草津白根山

こんばんわっ(*・ω・)ノ

原因不明の2week3キロ増。

どんも、1weekで5キロ痩せるダイエットサイトを参考にして0.2キロしか痩せてないかなちゅうです。

なぜだ。

よくわからない気持ちのまま日々過ごしております。

さて、かなちゅうのバースデー登山月間はいよいよ本番の前日にずっと行きたかった草津白根山へと足を運びます。
再び関東方面へ。
まじで遠征貧乏・・・

これまた仕事が終わってサクッと家を出発し、駐車場で寝ましたがとっても寒かったです。
それもそのはず、レストハウスは標高が2000m付近。
2017-06-24-05-01-54
実は、マメに地元観光協会へ連絡したおかげだったのですが、噴火警戒レベルが下がったばかりでして近日まではこのレストハウスには近寄れませんでした。
その為か車台数がとっても少ないです。
最短コースな上に、湯釜も見れるのでとっても良い場所ですよ。
トイレを済ませ、5:05湯釜へ向かう。
2017-06-24-05-06-11
まだ数人しか入っていない様子。
入り口にはたくさんのストックが置いてありました。
2017-06-24-05-07-49
もう少し早く出る予定でしたが、眠た過ぎたので少し寝過ぎてしまいました・・・
あるあるですね。
2017-06-24-05-07-54
この程度の台数でした。
湯釜までは20min程で到着します。
2017-06-24-05-18-40
ここでしまったと思ったことが・・・
太陽があがったばかりだったので美しい景色を目に焼き付けることができたのですが、写真に収めようとすると太陽も一緒に入り込んでしまいます。
2017-06-24-05-19-20
そのため、もし行かれる際は、お昼頃をオススメしたいと思います!

少し待ってみたけど諦めて下ります(笑)
2017-06-24-05-28-19
翌日お誕生日を迎えるので自分へ絶景プレゼント。
これは、自分が登山を始めたころ、まだだれも使ってなかった言葉だったけど最近よく耳にする。
もしかして、、、
もしかしてかなちゅう発信かも・・・
2017-06-24-05-41-28
戻ってきました。
湯釜とは反対方向へ向かいます。
5:40駐車場をスタートします。
2017-06-24-05-49-16
警戒レベルが2→1になったのでまだ山頂へは行けませんが、行ってる人も少ない様子。
2017-06-24-06-01-55
ここを通り越して、登山口へ向かいます。
かなちゅうの前にずっとうろうろ行ったり来たりしてる人発見。
かなちゅうは追い越した。
すると、かなちゅうを見つけて道がわかった様子。
ついて来たのち、抜かされた。

迷子あるあるですね。
2017-06-24-06-08-10
なだらかな道を歩きます。
2017-06-24-06-10-21
まだ雪も少しだけ残ってます。
2017-06-24-06-15-31
途中の木道が足に優しくて好きです。
2017-06-24-06-19-27
そして開けてきました。
2017-06-24-06-23-47
噴火を物語る大きな火口ですね。
美しさと危険は常に隣り合わせ。
だからこそ、知りたくなるものです。
2017-06-24-06-30-39
歩いて来た道を振り返ります。
周回コースなので、来た道を戻りません。
2017-06-24-06-31-24
もともとは万座温泉から来る予定だったが警戒レベル引き下げによりレストハウスより来ることができた。
色々と調べたので面白い。
2017-06-24-06-36-16
6:36、山頂は地図で見ても反対側の山みたいだがここが今は山頂のような感じになっている。
2017-06-24-06-42-31
まさしく、展望所です。
本白根山を見ること出来ます。

少しゆっくりして、7:02、下ります。
2017-06-24-07-02-06
ここからは少し細い道を歩きます。
2017-06-24-07-09-59
イワカガミ祭りです。
2017-06-24-07-11-34
鏡池。
噴火によって創り出された自然美です。
そこに亀の甲羅のような形をした構造土で非常に珍しいそうです。
ちなみに近くに行けるのですが、ロープ張られてるので池に入れずなのでここから見てました。
2017-06-24-07-47-03
規制がかかっていたらロープウェイでさえ乗れなかったのですが、この日は乗れます。
終着駅ですね。

8:07、ぐるりと戻ってくることができました。
2017-06-24-08-07-47
車も台数が増えてましてがそれでもまだまだ空きはたくさんありました。
きっと紅葉の時期がくるとまた美しい山に変わるのだろうと思いながらの下山です。

さてまだ朝8:00.
なんせ、かなちゅうさんの朝は早い。
とにかく早い。
でも風呂に入りたい。
そんなわがままを叶えてくれるのが温泉県ですよ。

ここをどこだと思ってるんだい?

2017-06-24-08-57-11
朝9:00からやってる温泉見つけました。
とにかく人気のお風呂らしく、朝から満車でびっくりしました。
2017-06-24-09-42-33
民謡と温泉が大好きなかなちゅう。
草津良いとこ、一度はおいで~と何千回うたったことでしょう。

日本三大名泉もコンプリートでございます。
雑誌に載ってましたので失礼します。
この合わせ湯、とっても気に入りました。
2017-06-24-10-02-49
手前から奥にかけて温度がどんどんあつくなるのですが、徐々に慣らして入るのです。
約40℃→42℃→44℃→約46℃。
46℃は、たしかに10秒入ってられるかな?って感じでしたが、またそれがクセになって、この流れを4回も楽しんでしまいました・・・♡

そして毎月第2・第4土曜は「白濁の湯」となっていて、配管にたまった湯の花を掃除する日なので極上の白濁湯を楽しめるのです♡
なんてすばらしいバースデイ温泉・・・♡

大満足で、体はまっかっかにほぼやけど状態で出ました。
水風呂にも入ったのですが、キンキンで温度差で心臓やられるかと思いました。
入浴の際は気をつけて。

そしてせっかく観光地へきたので観光していくことに。
2017-06-24-10-17-05
雑誌やテレビで何度も見たこの場所。
2017-06-24-10-15-42
夜はライトアップされるらしいのですが、かなちゅうはこっちの源泉がみれたほうがよっぽど嬉しいという乙女力の足りなさ・・・
2017-06-24-10-16-58

2017-06-24-10-20-26
温泉にきたら、温泉たまごチェーック!
2017-06-24-10-25-25
目の前にあるお店で温泉たまご食べてみた。

旅館の朝かとおもた。
硫黄の匂いもほのかにしないフツーのゆるいたまごでした!
おいしかった!
2017-06-24-10-28-06
素敵。
美しい。
自然の雄大さ。
活力を感じます。
2017-06-24-10-29-24
LOVE♡草津♡

そしてこの日もまたお天気にめぐまれまくって暑い。
さっぱりしたものが食べたかったので、蕎麦屋を探して入店。
2017-06-24-11-29-47
三國家。
2017-06-24-11-11-33
名物の三國そばというらしい。
2017-06-24-11-11-48
美味しかったです。
数件しかおそば屋さんは見つけられなかったけど美味しかったですよ。
そして店を出た瞬間びっくりした。
長蛇の列。
あとで調べたらとっても有名なお店でした。
そゆ事多い、かなちゅうです。

観光地も満喫したので帰ります。

帰ろうと思って駐車場に行ったら救急車。
車から熱中症と言われて担架に乗せられた子供が運ばれていた。
確かに外に居れば風は涼しいが、昼間は暑く窓を開けていても熱がこもる。
ニュースなどであれほど注意喚起しているのになぜ減らないのだろう。

心が痛む草津の帰りとなった。

現在夏山、レジャー、そして子供の夏休み。
どうぞ、安全な登山を。
楽しいレジャーを。

気をつけましょう。

祝50座目の男体山

こんにちわぁ

その前に。。。


お久ぶりです。

どんも、かなちゅうです。

バタバタと過ぎていった月日も8月を迎えました。

かなちゅうは、百名山祝50座目を即報告せずそのまま52座登りました。
まずは50座目の男体山を・・・

心配で連絡をいただいたみなさま、感謝です。

そしてかなちゅうの50座はなんと6月のバースデー登山月間中のことでした。

6月10日、仕事が終わってそのまま家を出て二荒山神社を目指しました。
2017-06-10-05-23-08
男体山は、登山期間も登山時間も決まっています。
朝は6:00から、神社で説明を受けてから入山します。
2017-06-10-05-23-11
4:00頃、慣れた感じで数名裏の様なところから登山していくのを見かけました。
ルールとマナーは守ってほしいですね。
2017-06-10-06-03-13
気合いの入る最初の階段です。
急です。
2017-06-10-06-24-31
思い返せば、フラットな場所がなかったかと思います。
夜中に雨が降りましてツルツルとすべりやすかったです。

ところどころにショートカットのような道が作られてましたが、足場もわるかったので普通のルートで。
6:53、4合目に到着です。
ここまでは舗装された道をすこし歩いてきました。
2017-06-10-06-53-38
いよいよな感じもしますが、とにかくこの4合目に来るまでにもヒーヒーと言いながら来ました。

4合目からも道が悪くまた急です。

中禅寺湖が見えました。
2017-06-10-07-01-58
歩いているときの景色はほとんどありません!
かと言って喋れる程の肺活量をもってません!
無言登山です。
2017-06-10-07-11-50
中禅寺湖が少し広く見えただけでテンションがあがるくらいでした。
2017-06-10-07-31-45
とにかく足元が悪い。
2017-06-10-07-52-13
ゴロゴロ・・・

男体山の登山行程は、ピストンで6時間を予定しているが行程が短い登山に急登はつきものですもんね。
2017-06-10-08-01-21
6月とは思えないほどの晴天と、6月らしい湿度に飲んだら出るの繰り返しでした。
2017-06-10-08-08-52
少し休憩をしたら、歩みを止めずにあるきます。
かなちゅう流の登山。
休憩は短いけれど、その代わり止まらないようにのーっそり、のーっそり歩きます。
2017-06-10-08-19-35
少し景色が変わってきました。
岩がなくなった分、雨の降った後は余計に滑りやすく登りにくかったです。
また下山では滑って転ぶ人もいました。
かなちゅうのカバンも、おむすびころりんのように勝手にコロコロ転がって行き焦りました。
2017-06-10-08-29-31
いよいよ開けて、赤土になってきました。
ここからですよ、景色が良くなります。
2017-06-10-08-30-11
道も広がり、すれ違いは可能です。
2017-06-10-08-33-13

2017-06-10-08-33-17
下山注意な道です。
滑ります。
2017-06-10-08-35-03
あれは、いつか登った日光白根山だろうか。
景色最高。
まだ周辺の山は雪をかぶっており、雪をなでた風は冷たかった。
2017-06-10-08-39-24
2017-06-10-08-42-41
ずっとのぼり続けて3時間弱の8:42、いよいよ50座目の男体山山頂へ到着します。
2017-06-10-08-42-53
2017-06-10-08-46-02
あっさりしてます。
景色は、ぐるっと見渡せて最高にいいです。
2017-06-10-08-46-41
背中びっしょびしょなのでとにかく天日干し。
ザックおろして背中を太陽に。
2017-06-10-08-52-43
かなちゅうには、アミノバイタルを。
えらかったー
2017-06-10-08-55-58
そして、あの平和の鐘を鳴らすのは、かなちゅうです。
2017-06-10-08-56-55
これ、みんな首から下げててワンフォーオールでオールフォーワンな感じの登山だった。
2017-06-10-09-16-32
2017-06-10-09-17-27
2017-06-10-09-20-23
男体山は、標高2486mの栃木県の山です。
山岳信仰の対象と知られている山で、山自体が御神体のようです。

9:20、下山開始です。
今から登ってくる人達がたくさんですれ違いが大変でしたよ。
譲りあって登りましょう。
下山コースはピストンなので、写真を省略します。

11:46神社の鳥居手前にあるブラシとたわしで泥をおとします。
2017-06-10-11-46-49
ここでストックがイカれました。
治るまで治療します。。。
とても急だったことをあらわしているのでしょうね。

11:51無事下山完了です。2h30minくらいで下山できました。
2017-06-10-11-51-58
そしてこの二荒山神社は、強力なパワースポットとしても有名だそうです。
2017-06-10-11-54-33
遠征貧乏のかなちゅうは、小吉でした。
小吉で7億円あててやる・・・

汗でベタベタかなちゅうは、風呂探しの旅へ。
色々周辺回りましたがなかなかなく、少し離れた処に温泉が。
2017-06-10-13-01-06

中禅寺金谷ホテル。
インターネットで割引券があるので行く場合は探してみてください。
オープンまで時間があったので少しだけ待って一番風呂です。
2017-06-10-13-05-53
セキュリティがしっかりしてました。
2017-06-10-13-06-54
源泉かけ流しと書いてありました。
確かに硫黄の匂いがすごかったです。
そして露天風呂に入ったら、雨がすごかったのですぐに撤退。
おやおや、下山後の雨なんてなんてタイミングの良さ。

それでは帰宅なのですが、とにかく早い。
そしてご飯を食べたい。
2017-06-10-15-25-38
ご当地らしい。
あの餃子は、健太くんというらしい。

そして健太餃子、スタミナぎょうざ、にんにく餃子を頼んだ。

健太餃子一番おいしかった。
2017-06-10-14-57-40
が、空腹に負けて大食い選手権なみに頼んでしまったのでかなりの大食いをしてしまった。
勢いで頼むのはもうやめよう。

祝50座と、栃木をしっかり満喫して帰れました。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ